スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

King Crimson / The Elements Tour Box 2015

The Elements Tour Box 2015
The Elements Tour Box 2015
posted with amazlet at 16.01.11
King Crimson
PANEGYRIC (2015-11-06)
売り上げランキング: 2,992


2015年後半のツアーに向けて製作されたレア音源集、2014年の『The Elements Tour Box 2014』に続く第2段。

1 : Wind extract
  from In The Court Of The Crimson King 40th Anniversary CD/DVD-A
2 : Epitaph (2015 instrumental)
  previously unreleased
3 : Catfood
  previously unreleased on disc
4 : Bolero(1989 Tony Levin bass overdub)
  From Frame by Frame boxed set & 40th anniversary CD/DVD-A Lizard
5 : Islands (extract with oboe)
  From 40th anniversary CD/DVD-A Islands
6 : A Peacemaking Stint Unrolls
  From 40th anniversary CD/DVD-A Islands
7 : Larks' Tongues In Aspic Part II (extract - 2014 Band rehearsals)
  previously unreleased
8 : Larks' Tongues In Aspic Part II (1974 Asbury Park)
  From 40th anniversary CD/DVD-A USA & Road to Red boxed set
9 : Fracture (1974 Gottingen)
  From Starless boxed set
10 : One More Red Nightmare (guitars extract)
  previously unreleased on disc
11 : One More Red Nightmare (2014 Los Angeles)
  From CD/DVD-A Live at The Orpheum
12 : Elephant Talk (12" mix)
  dubbed from vinyl.From 40th Anniversary CD/DVD-A Discipline, previously unreleased on CD
13 : Absent Lovers (Beat studio session)
  From forthcoming release, Beat 40th anniversary CD/DVD-A
14 : S.F. soundcheck (extract - 2014 San Francisco)
  Previously unreleased
15 : Larks' Tongues In Aspic Part: III into Sleepless
  From forthcoming release, Three Of A Perfect Pair 40th anniversary CD/DVD-A

CD 2:
1 : JurassiKc THRAK (edit)
  From forthcoming release, THRAK boxed set
2 : The Hell Hounds of Krim
  From 2015 12” Picture Disc.Previously unreleased on CD.
3 : VROOOM (Live in London 1995)
  From forthcoming release, THRAK boxed set
4 : Coda Marine 475 (Live in London 1995)
  From forthcoming release, THRAK boxed set
5 : ProjeKction (ProjeKct Four)
  Previously available only via mail order CD The Roar of P4
6 : Larks' Tongues In Aspic Part: IV / The ConstruKction Of Light
  Previously unreleased on CD
7 : Sus-Tayn-Z (ProjeKct Three)
  Previously unreleased on CD
8 : The Power To Believe II (demo)
  Previously unreleased on CD
9 : The Power To Believe II
  From Live in Milan CD
10 : Ex Uno Patres (Fripp, Belew, Levin, Mastelotto)
  Previously unreleased on CD
11 : The Light of Day (Jakszyk, Fripp, Collins)
  Alternate take, A Scarcity Of Miracles CD/DVD-A, Previously unreleased on CD
12 : Ba Ba Boom Boom (Harrison, Mastelotto)
  Previously unreleased on CD
13 : ATTAKcATHRAK (end edit)
  From forthcoming release, THRAK boxed set
14 : 21st Century Schizoid Man - 2014 San Francisco:
  From 2015 12” Picture Disc. Previously unreleased on CD.

『The Elements Tour Box 2014(以下”〜2014”』)もそうでしたが、こちらもやはり未発表曲てんこ盛りなファン・オタの皆様には嬉しい限りの音源集となっております。『〜2014』と同様にDisc-1と2で収録されている楽曲は大まかに前期(1st〜Sleepless)・後期(THRAK〜現在)とにまとめられた形となっています。

ただしDisc-1 M-1を聴くと、ミックスはほとんど同じ(?)と思われる「Wind (extract)」から始まる為、「ゲ、ダブりが届いちゃったか!?」となりかねない作り。それよりも先にジャケ自体も誤認しかねない程まんまと言っちゃえば、まんまですし。前作を踏襲する統一感を持たせた作りって取るのか、そこはかとない意地の悪さを感じ取るのかは、おのおのの鏡と思って良いと思います、私はまず始めに後者だと感じました(笑)。

Disc-1 M-6「A Peacemaking Stint Unrolls」は『Islands』のセッション時にすでに「Larks' Tongues In Aspic Part I(以下「LTIA 〜」)」のギターが奏でられていた事を示す貴重な音源ですし、続くM-7はLTIA Part IIを2014年のメンバー(Jakko、と思う)に演奏を指導するR.Frippの声が聞こえ、そしてM-7は時代がさかのぼって1974年のアズベリー・パークにおけるLTIA IIへ。音楽がビルドアップされていく様を過去と現在を行きつ戻りつしながら隙間から覗いているような、マニア心をくすぐる流れとなっております。

M-15「LTIA Part: III into Sleepless」やDisc-2 M-6「LTIA Part: IV / The ConstruKction Of Light」、そしてM-8〜9への流れなどetc.,etc.も楽曲達が形作られ、分解されリビルドされ…、そしてまた形作られる過程をかいま見るようで興味深い楽曲達。

Disk-2 M-10「Ex Uno Patres」はTrey Gunnが脱退しT.Levinが復帰した頃の未発表曲。ヌーヴォー・メタルの印象は全くなく、スタジオ・セッションを切り取ったかのような楽曲。魅力的では無いのですが、この時すでにヌーヴォー・メタルの次を模索していた事を伺わせる音となっております。ダブル・トリオLine-up 5や、特にヌーヴォー・メタルなLine-up 6の要はやはりT.Gunnだったんだろうなとあらためて感じました。

そういえば公式なLine-up 7はこのメンバーにGavin Harrisonが加わったものとなる為、この時期はいわゆる”Transitional 7”となるのかしら、どうなのかしら。

Disc-2 M-14「21st Century Schizoid Man」は2014年サンフランシスコでのライブが収められたもの、『〜2014』のブックレットでPeter Shinfieldの歌詞だけが記載されていましたが、ここでやっと曲を聴く事が出来た、それだけでもうグッと来ます。Jakkoのヴォーカル、M.Collinsのサックス、トリプル・ドラムという「同じではあるけれども、変化し続ける」King Crimsonによる2014年版の「21st Century Schizoid Man」を聴く事が出来ます。この曲が最後に持ってこられているせいで、2015年12月に行われる来日公演への期待は否が応にも盛り上がってましたっけ。

この曲は未発表曲ではあるけれども、そのすぐ後ぐらいに発表された『Live EP 2014 (vinyl picture disc)』と今後発表される予定のライブ・アルバム『USA II』に収められるものとの事。レコード・プレーヤーは持っていない為、『Live EP 2014 (vinyl picture disc)』の購入は見送りましたが、この手のレコードだけの発売ってのは止めて、CDでも出してくれてたらなぁ、といつも思ってしまいます。

まぁ、何はともあれ個人的には来日公演の露払いとしてこれでもかと期待を盛り上げてくれたレア音源集でしたが、あの弩級の来日公演が終わってからもKing Crimsonの過去とこれからの絡まりまくった繋がりを解きほぐせるのでは無いかとニヤニヤしながら聴く事が出来る二枚組。…いや、解きほぐせる訳は無いのですが、そんな妄想にふけるに最適なアルバム。『〜2014』と共に愛聴盤であります。



関連URL:
Shop DGM Live
 King Crimson - Live EP 2014 (vinyl picture disc)

ブログ内リンク
 King Crimson / The Elements Tour Box 2014
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

King Crimson / The Elements Tour Box 2014

キング・クリムゾン エレメンツ~2014オフィシャル・ツアー・マーチャンダイズ
キング・クリムゾン
WOWOWエンタテインメント (2014-12-24)
売り上げランキング: 8,988


2014年のアメリカツアーを行った際にツアー会場にて限定販売され、現在は一般販売もされているレア音源集。

Disc-1
1 : Wind (extract)
  From In The Court Of The Crimson King 40th anniversary CD/DVD-A & In The Court Of The Crimson King boxed set
2 : I Talk To The Wind
  Previously unreleased on CD
3 : Cadence and Cascade [Greg Lake vocal]
  From 40th anniversary CD/DVD-A In The Wake Of Poseidon
4 : Cirkus (guitar extract)
  Previously unreleased on CD
5 : Cirkus
  Forthcoming release, Collectable King Crimson Vol. 7
6 : Hoodoo (extract)
  Previously unreleased
7 : Sailor's Tale
  Previously unreleased on CD
8 : The Talking Drum (Steven Wilson alternate mix)
  From 40th anniversary CD/DVD-A & Larks’ Tongues In Aspic boxed set
9 : Larks' Tongues In Aspic (Part I) (extract)
  Previously unreleased
10 : Larks' Tongues In Aspic (Part I) (extract) [David/Jamie]
  Edit from Larks’ Tongues In Aspic boxed set
11 : Fracture (Steven Wilson 2014 mix)
  Forthcoming release, Starless boxed set
12 : Fallen Angel (extract) [RF harmonics]
  Previously unreleased on CD
13 : Fallen Angel (Steven Wilson instrumental mix)
  From Red 40th Anniversary CD/DVD-A & The Road To Red boxed set
14 : 21st Century Schizoid Man
  From USA 40th Anniversary CD/DVD-A & The Road To Red boxed set
15 : Starless (extract) [Mark]
  Previously unreleased on CD

Disc-2
1 : Discipline (Alternate take)
  From 40th Anniversary CD/DVD-A Discipline
2 : Three Headed Doom (Part 1)
  Previously unreleased
3 : Neurotica (Manhattan) (live 1981)
  Forthcoming release, Beat 40th Anniversary CD/DVD-A
4 : Neal and Jack and Me
  Previously unreleased on CD
5 : Sleepless (Steven Wilson mix)
  Forthcoming release, Three Of A Perfect Pair 40th Anniversary CD/DVD-A
6 : Sex Sleep Eat Drink Dream (recording session)
  Forthcoming release, THRAKBOXX
7 : THRAK (live 1996)
  Previously unreleased on CD
8 : Venturing Unto Joy (edit)
  Previously unreleased
9 : The Deception Of The Thrush (extract) (ProjeKct Four)
  From West Coast Live, The ProjeKcts box.
10 : Heaven & Earth (early edit)
  Previously unreleased on CD
11 : Level Five (live 2008)
  Previously unreleased on CD
12 : The Hell Hounds Of Krim
  Previously unreleased
13 : Separation (edit) / Jakszyk Fripp & Collins
  Previously unreleased
14 : A Scarcity Of Miracles (Alternate take) / Jakszyk Fripp & Collins
  From A Scarcity Of Miracles CD/DVD-A.

”Previously unreleased(未発表)”やら”Previously unreleased on CD(CDでは未発表 ≒ DGMでのMr.Stormy's Monday Selection(以下「Mr.Stormy」)などで発表済み)”、”Forthcoming release(今後のリリース)”やらが舞い踊る2枚組CD、全29曲。

King Crimsonにおいてはオリジナル・アルバムが30周年リマスターアルバムや40周年記念アルバムなどと気が付くと次々と再発売されておりまして、その都度「また出しやがった」などと文句を言いつつも買ってしまうのが習性となっているのですが、これまでオリジナル・アルバムのリマスター盤などへは未発表曲や当時のアルバム製作過程のスケッチ、スナップショットなどといったものは余り収録されてこなかったように思います。そういったものはMr.Stormyで都度放出、まとまったら『Mr.Stormy's Monday Selection Vol.xx』としてDGMからダウンロード販売されております。Disk-1 M-3「Cadence and Cascade [Greg Lake vocal]」だったり、M-12「Fallen Angel (extract) [RF harmonics]」だったり、etc., etc. それらは当然ダウンロードして聴いていながらも、この2枚組にはまだまだ未発表曲が収録されている為買わざるを得ません、えぇ。

7人体制・3人ドラマーな編成のLine-up 8の音源を期待される方もいるかもしれませんが、Disc-1 M-6、M-9、Disc-2 M-2、M-8、M-12、どれも新曲といった体では無くあくまでもスケッチや曲の極く一部のチラ見せなどといったもの、そんな現在進行形のKing Crimsonの音をチラ見させられ、渇いた咽喉の渇きが全く癒えずもっと水が欲しいとなっている状況を間に挟みながら、過去の蔵出し音源を悶えながら聴くのが正しい聴き方かと思います(←?)。

そんな未発表曲の中でも調った形を成している楽曲なのがDisc-2 M-13「Separation (edit)」、キープしながらも手数が多く暴れる一歩手前なG.Harrisonのドラムの上で、M.Collinsのサックスがあちこちに光り輝き、その横にR.Frippのギターが飛び回るかのように弾き倒されているこの楽曲、何とは無しに没個性気味だった曲群が並ぶアルバム『A Scarcity Of Miracles』に入っていたら異彩を放ったであろう一曲、勿体なかったかも?

現在のLine-up 8から過去のLine-up 3へ、M.Collinsのサックス・ソロからDavid crossのヴァイオリンへと見事にブリッジさせたDisc-1 M-9〜10「Larks' Tongues In Aspic (Part I)」やスタジオ・セッション時のギターからLine-up 2のライブへとリンクさせたM4〜5「Cirkus」などもグッと来る流れでしたり、まだ仮タイトル「Manhattan」と呼ばれていた頃のインストゥルメンタルだったDisc-2 M-3「Neurotica」や初期段階のセッション時の楽曲を編集したのであろうM-10「Heaven & Earth (early edit)」等々、マニア的には聞き所が満載。

また資料性の高いブックレットも付いておりまして、最後のページには2014年以降のツアーで作詞家Peter Sinfield本人の手によってリライトされた「21st Century Schizoid Man」の歌詞が記載されております。これが発売された当時ではまだリライトされた新たな歌詞の「21st Century Schizoid Man」を聴く事が出来なかった為、このブックレットを見ながらどんな曲になっているのかとボケッと考えていましたっけ。

あくまでもわざわざコンサートへ足を運ぶファン向け、もしくはそれに準ずるファン、マニアさん向けの音源集ではありますが、今後のLine-up 8を音楽の方向性を妄想するにはなかなかに味わい深い選曲と楽曲群。これからも時折聞き入っちゃうであろうアルバムであります。

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

「King Crimson Line-Up」の巻

King Crimsonの編成も今2015年現在の時点でLine-Up 8となっておりまして、増え過ぎちゃってファンとしてはあるまじきなんですが、「あれ、あのアルバムはいつだっけ?」なんて混乱する事もしばしば。そんな訳で個人的備忘録としてこれまでのLine-upをアルバムと共にまとめました。

【↓OPEN】

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

King Crimson / Live at the Orpheum

Live at the Orpheum
Live at the Orpheum
posted with amazlet at 15.12.30
King Crimson
Discipline Global (2015-01-20)
売り上げランキング: 1,930


2008年に頓挫したLine-up 7から6年、トリプルドラム編成、Mel Collinsの復帰となったLine-up 8による2014年9月30日、10月1日のライブからからピックアップ・編集されたライブ・アルバム。

King Crimson line-up 8
第8期クリムゾン

Live at the Orpheum (2015)
ライブ・アット・ザ・オルフェウム (2015)

Album
1 : Walk On: Monk Morph Chamber Music
2 : One More Red Nightmare
3 : Banshee Legs Bell Hassle
4 : The ConstruKction of Light
5 : The Letters
6 : Sailor’s Tale
7 : Starless

Personal :
Pat Mastelotto : Drums
Bill Rieflin : Drums
Gavin Harrison : Drums
Jakko Jakszyk : Guitar & Voice
Robert Fripp : Guitar
Mel Collins : Saxes & Flute
Tony Levin : Basses & Stick



誰もが感じるところではありますが、とにかく収録曲・時間が短い!2014年9月当時のライブでは通しで18曲前後演奏しており、いつも通りライブを発表するだけであればDGMでダウンロード販売すれば事足りますし、ファンの皆様も懐かしの楽曲達を聴く事が出来てものすごく笑顔になってお終い。となるはずですが、何らかの意図が強烈に感じさせる曲目、曲数。

ちなみに2014年9月30日のセットリストをSetlist.fmから検索してみましたところ、

Setlist.fm
King Crimson Setlist Sep 30 2014

1 : Larks' Tongues in Aspic, Part One
2 : One More Red Nightmare
3 : VROOOM
4 : Coda: Marine 475
5 : A Scarcity of Miracles
6 : Pictures of a City
7 : Level Five
8 : Banshee Legs Bell Hassle
9 : The ConstruKction of Light
10 : Red
11 : The Letters
12 : Sailor's Tale
13 : Interlude
14 : The Talking Drum
15 : Larks' Tongues in Aspic, Part Two
16 : Starless
Encore:
17 : Hell Hounds of Krim
18 : 21st Century Schizoid Man

まぁ、パッと見たところトリプルドラムによる間奏曲的な新曲が2曲(「Banshee Legs Bell Hassle」、「Hell Hounds of Krim」)とまさに間奏曲の「Interlude」があるのみで、他は1stから『The ConstruKction Of Light』までの楽曲がオールタイム・ベスト的に並べられています。これを通しでライブ・アルバムとして発表した場合にはやはり懐古的な楽曲群、よくある集金用ライブ&ライブ・アルバムと思われる懸念がある事は重々承知でしたでしょうし、R.Fripp御大の中ではKing Crimsonが後ろ向きな回顧バンドではなく未だに前に進んでいる存在である、その事を誤解して欲しくないという気持ちがこのライブ・アルバムの選曲・曲数だったのかも?なんて邪推してみたり。

観客の歓声からT.Levinのアップライトベースの弓弾きとM.Collinsのフルートによる即興的な演奏からアルバム『Islands』のラストのリハ風景をなぞったかのような演奏に移行するM-1「Walk On: Monk Morph Chamber Music」、『Islands』ラストをそのままテープで流しているのかと思ってました。

M-2「One More Red Nightmare」はKing Crimsonとしてライブ・アルバムに収録されるのは初となる楽曲。この編成の肝となるトリプル・ドラムが前面に出され、かつM.Collinsのサックスが全編でブリバリと吹き散らかされている(←もちろん褒め言葉)などといった編曲が為されている為、だいぶ原曲とは手触りが違うものとなっています。中間部のM.Collinsのソロもひどくカッチョ良い。

M-3「Banshee Legs Bell Hassle」はG.Harrisonの手によるドラム/パーカッションによる次曲への橋渡し的な一曲。『THRAK』の「B’Boom」のようにR.FrippのSoundscapeが絡んでくるともっとらしくなるんじゃないかな、なんて思ったり。

M-4「The ConstruKction of Light」はもともと2部構成だった原曲を前半インストゥルメンタル部のみにしヴォーカル部をバッサリと切り取ったもの。原曲には無かったM.Collinsのフルートが入っている事も含め、初めて聴いた時には何かの間違いなんじゃないかと思ったぐらい違和感を覚えましたっけ。ポリリズムなギターによる螺旋を描くような掛け合いに多層的なアタックで絡んでくるドラム陣、そこへ切り込まれるフルート、サックスなど過去となる時期の楽曲に新鮮な味わいを持たせた楽曲だと思います。

Line-up 2の楽曲M-5「The Letters」やM-6「Sailor’s Tale」が40年以上の時を隔ててここで演奏されるのは、Line-up 3やLine-up 5などでも演奏された「21st Century Schizoid Man」以上にグッと来る感慨深いものでした。Jakkoのヴォーカルは「The Letters」のようなKing Crimsonの女性的な繊細なヴォーカル曲には合っているように感じましたが、反面多くの男性的・暴力的な側面を持つような力強さにを持つ楽曲ではちょっと物足りない感が合ったり。続く「Sailor’s Tale」ではシンバルの音から特徴的なベースとドッタンバッタンするドラムへと続き、そこから展開されてゆくギターとサックスの掛け合いの応酬、これはやっぱり格好良い!

そしてラストにはやはりこの曲を持ってくるのであろうM-7「Starless」、この曲だけは演奏してくれるだけで痺れます。頭の特徴的なR.Frippのロングトーンなギターの音色からラストの滑走へはあっという間に過ぎていく体感時間の短さ。ラストの盛り上がりの時のR.Frippのギターソロの音が小さめ?とかちょっとした事はあるのですが、たいした事ないです、そんな事なんか。

ファンとしてはこんなチラ味でしかないアルバムであっても出されちゃえば嬉しいには違いないんですが、やはりフル・ライブ・アルバム、もしくは望みは少なそうですがこの編成による将来のスタジオ・アルバムへの過渡的なライブ・アルバムでしかないとは思います。ここから2014年後半のツアーから2015年の日本も含むツアーへと至り、2016年も9月からヨーロッパ・ツアーがあるようですが、以前の発言からスタジオ・アルバムは作らず、ライブのみ行うと言っていたようです。が、しかし。このトリプル・ドラムを取り入れた編成やこのアルバムで出されたなぞ掛け、云々etc.., etc..を新作オリジナル・アルバムでバシッと回答して〆てもらわないと締まるものも締まらんってもんです。

…って事で、新作を是非ともよしなに(祈)。

関連URL
オフィシャル・サイト DGM Live!

以下ブログ内リンク
頓挫したLine-up 7の(現在のところ)唯一のライブ・アルバム
August 07, 2008 Park West Chicago, Illinois

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

King Crimson / Red - 40周年記念エディション (DVD-A & HQCD)

[King_Crimson]Red_40th_Anniversary

レッド デビュー40周年記念エディション(紙ジャケット仕様)
キング・クリムゾン
WHDエンタテインメント (2009-10-28)
売り上げランキング: 1288


Steven Wilson (Porcupine tree)によって5.1chミックスを施されたDVDオーディオ盤とHQCDが同梱され、ボーナス・トラック、ボーナス映像もついたた40周年記念エディション盤。

収録内容は以下の通り。

CD

1:Red : レッド
2:Fallen Angel : 堕落天使
3:One More Red Nightmare : 再び赤い悪夢
4:Providence : 神の導き
5:Starless : スターレス

Bonus tracks
6:Red - Trio version : レッド(トリオ・ヴァージョン)
7:Fallen Angel - Trio version (instrumental) : 堕落天使(トリオ・ヴァージョン / インスト版)
8:Providence Full version - taken from "The Great Deceiver" : 神の導き(「グレート・ディシーヴァー」より)


DVD-Audio

MLP Lossless Stereo (24/96)
PCM Stereo 2.0 (24/48)

1:Red : レッド
2:Fallen Angel : 堕落天使
3:One More Red Nightmare : 再び赤い悪夢
4:Providence : 神の導き
5:Starless : スターレス

Bonus tracks
6:Red - Trio version : レッド(トリオ・ヴァージョン)
7:Fallen Angel - Trio version (instrumental) : 堕落天使(トリオ・ヴァージョン / インスト版)
8:Providence Full version - taken from "The Great Deceiver" : 神の導き(「グレート・ディシーヴァー」より)
9:A Voyage to the Centre of the Cosmos - taken from "The Great Deceiver" : ア・ヴォヤージ・トゥ・ザ・センター・オブ・コスモス(「グレート・ディシーヴァー」より)

MLP Lossless 5.1 Surround
DTS 5.1 Digital Surround

1:Red : レッド
2:Fallen Angel : 堕落天使
3:One More Red Nightmare : 再び赤い悪夢
4:Providence : 神の導き
5:Starless : スターレス

Bonus tracks
6:Fallen Angel - Trio version (instrumental) : 堕落天使(トリオ・ヴァージョン / インスト版)
7:Providence Full version - taken from "The Great Deceiver" : 神の導き(「グレート・ディシーヴァー」より)
8:A Voyage to the Centre of the Cosmos - taken from "The Great Deceiver" : ア・ヴォヤージ・トゥ・ザ・センター・オブ・コスモス(「グレート・ディシーヴァー」より)

Video Content
Audio::mono

1:Larks' Tongues in Aspic: Part II : 太陽と戦慄 パート2
2:Lament : 人々の嘆き
3:The Night Watch : 夜を支配する人々
4:Starless : スターレス




今回の売りは3つ。
1)DVD-A 5.1chミックス
2)初出を含むボーナス・トラック
3)フランスのテレビ局からのレア映像

日本盤のみHQCD仕様、ツイン紙ジャケット仕様、英文ライナー訳付なんてのもあるのですが、それらは別に上の3つに比べたら大した意味があるものでも無いでしょう。

まず、この40周年記念エディションの一番の売りは何といってもS. WisonによるDVD-Audio 5.1chでしょう。...とは言いつつも今の家の状況では5.1chホームシアターなどを組む訳にもいかず、まずは現状ウチで使っている2.1chというらしいんですが、BOSEのスピーカーセットで聴いてみました。

残念ながら周りを取り囲まれるような音場は実感出来なかったのですが、音は当然の事ながら間違いなく際立って良くなっております。10年前(!!)に発売された『Red - 30th Anniversary Edition』の時も音が良くなった事を感じましたが、今回のDVD-A盤はさらに軽くそれを上回る音になっているように感じます。例えるならば、通常の解像度の画像と高解像度の画像を見比べた時のように、パッと見、パッと聴きで判る、そんな音の解像度がグンと上がり、細やかな音達の輪郭、立ち上がり、量感が感じられるような仕上がり。

恥ずかしながら最近はAACでエンコードされた音楽をiPodでしか聴いておらず、「音楽を聴くならこれでイーんじゃない?」なんて思ってましたが、こういうのを聴いちゃうと、昔金が無かった頃に金を貯めてようやっと買った一枚のレコードを正座して、イヤ、正座はウソですけども、ジックリ聴いていた事を思い出しちゃいました。最近はアルバムと相対してジックリと聞き込むなんて時間も取れないし、そういう姿勢すらなっていなかったよなぁ、なんて思ったり。2.1chのオーディオなんてもので聴いただけですら、なんて言うかこう、ピリッと背筋が伸びる感じの音づくり、素晴らしい。うぅ、この時ほどウチにもグラマラスな音空間を作りだせるステキな5.1chホームシアターシステムが欲しいと思った事はありません。

「そうだ、実家が使っているDellのパソコンにはDELL特製の5.1chスピーカーが付いていたっけ」てな事を思いだし、何かの用のついでを装い(実際にはRed視聴がメイン)実家へ行って聴いてみました。パソコン付属のスピーカーですので音は貧弱なものではありましたが、フロントchにドラムとベースがどっかりと居座り、フロントとリアchからそれぞれギターが、リアchからは管楽器とヴァイオリン、と大雑把に分けてそんな風に聴こえてきました。M-5『Starless』で強く感じたのは、それぞれの音色に周囲から取り囲まれ、こちらの身が絞り上げられ、圧縮され、それがラストで一気に天へと昇りつめていく/地へと堕ちてゆく様が音楽の表現と音場のまさに立体感により、これまで聴いていたものとはレベルの違うカタルシスを味わえる事間違いなしだと思いました。DELLのスピーカーセットで聴いてこれなのだから、本式のオーディオセットで聴いたらどうなっちゃうんだろう。素晴らしい。

これまでのKing Crimsonのアルバムの世界を一歩も二歩も先へと推し進めた感すらあるこの5.1ch化、S.Wilsonの手による所が大であろうことからも彼に感謝の意を表しなければいけないでしょう。King Crimsonのアルバム5.1chについてのレビューはサラウンドな音楽生活さんのサイトで詳しく解説されておりますので、是非そちらを参考にされると、なお一層の事ホームシアターセットが欲しくなる事間違いなしです(笑)。

サラウンドな音楽生活
 King Crimson「Red」を聴く
 King Crimson「宮殿」DVD-Audio 届く
 King Crimson『Lizard』DVD-Audio



次にボーナス・トラック。M-6「Red - Trio version」はオーヴァー・ダブ前のトリオによる演奏。この曲は第4期以降のツイン・ギター体制でなく、第3期のトリオ、もしくはポシャりましたがIan McDnaldが加入した場合のカルテット体制でのライブではどのようにやるつもりだったのだろう?あくまでもスタジオ・バージョンが完成形と考えていたのか、その後の事はノー・プランだったのか?生々しい音源ではありますが、あくまでも過程の音源。

M-7「Fallen Angel Trio version (instrumental)」はJohn Wettonのヴォーカルが差し込まれる前のインストゥルメンタル・ヴァージョン。J.Wettonのヴォーカルが与えていた叙情性が取り払われて、思っていた以上に荒々しい演奏だった事に気付かされました。これは面白い一品。

M-8「Providence Full version」とDVD-A にのみ収められているM-9「A Voyage to the Centre of the Cosmos」は既出のライブ・アルバムBOXセット『The Great Deceiver Live 1973-1974』からのもの。



最後にフランスのテレビ局向けに演奏されたライブ映像。あの当時格好良いとされていたのであろう、サイケデリックといったら聞こえは良いですが、過剰過ぎる画面エフェクトがイラッとくる程に強烈にウザい。でもそれを抜きにしても第3期までの映像マテリアルがオフィシャルで観る事が出来るようになったっていうのは大きな意義なのでは無かろうかと。

どの曲も必見、としか言いようが無いのですが中でも見どころ(?)なのが「Larks' Tongues in Aspic: Part II 」で多発するR.Fripp御大のカメラ目線。カメラが寄ってくると手元も見ずにカメラ目線で真っ直ぐにじっと見つめ返してくるので、何だか知らないけれども「ゴメンナサイ」or「こっちみんな」って言いたくなる風情。

ボーナス・トラックやライブ映像もファンには堪らないものになっていますが、やはり今回の再発盤はDVD-A。対応機器が無いと無意味なものではあるのですが、ここは一つホームシアターを持っていやがる友人の家へお菓子とこのDVD-Aを持って転がり込むとか、高級オーディオのショップへ行き「ホームシアターを視聴したいんですが?」とこのDVD-Aを持ち込むとかして、何とか聴いて頂きたい素ン晴らしい一品だと思います。

...とか言っている自分もちゃんとしたホームシアターセットで聞いた訳では無いので、コレを機にどうにかして5.1chを導入出来ないか画策しようとしましたが、それはハッキリキッパリ無理なので、何十年後になるか判りませんがホームシアターセットが揃えられるようになったらこの感動をもう一度、って事で今は我慢しときます、ギャフン。



関連URL:
オフィシャル・サイト:DGM Live!
オフィシャル通販サイト:DGM Shop
King Crimson5.1ch化特設サイト King Crimson
通販サイト:Burning Shed
 Burning Shed内のKing Crimsonページ 

サラウンドな音楽生活
 King Crimson「Red」を聴く
 King Crimson「宮殿」DVD-Audio 届く
 King Crimson『Lizard』DVD-Audio

(以下ブログ内リンク)
King Crimson / Red
「キング・クリムゾンの「HQCD」+紙ジャケ再発、発売日変更 part2」と5.1ch化の巻。
「King Crimson 40th Anniversary Editions」の巻。

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

King Crimson / The Collectors` King Crimson Volume Six

ザ・コレクターズ・キング・クリムゾン Vol.6
キング・クリムゾン
ポニーキャニオン (2002-07-17)
売り上げランキング: 329441

ProjeKct Two / Live In Northampton,MA 1998 

Live In Detroit,MI 1971

King Crimson / Live In Nashville, TN 2001

日本国内だけの話になっちゃいますが、The Collectors' King Crimson(以下TCKC)はKCCCで発売された順にボックスとしてまとめて売っていた為、年代がバラバラで、それこそこのBox 6で言えば第2期クリムゾン(Live In Detroit,MI 1971)と第6期クリムゾン(Live In Nashville, TN 2001)、そしてProjeKct Twoが混在してボックスになっていたりしました。Islands期が好きでProjeKctものは嫌いといった人にとっては難儀なボックスだったんだろうと思います。

それも今は年代別に再構成されたボックスセットが再発されていますので、これから買う人はちょっと羨ましいなんて思っちゃったり。でも、以前のTCKCの年代バラバラのカオスっぷりも面白かったりもしますね(笑)。

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

King Crimson / Live In Nashville, TN 2001

[King_Crimson]2001_Live_In_Nashville_TN
第6期クリムゾンのナッシュビルでのライブを収めたアルバム。

先駆けて、『The ConstruKction Of Light』からの楽曲や来たるべきスタジオ・アルバムに収録されるであろう新曲を収録し、ニューアルバムの露払い的な役割を持って発売された『Level Five』とは異なり、こちらは純然たるライブ・アルバムとなります。とは言いつつも、下にも書きました通り、2001年11月9日と10日にナッシュビルにて行われたライブの良いトコ取りをしたライブ・アルバムでもあります。

とにもかくにも、Warr GuitarやV-Drum等と思われるかそけき効果音から徐々に盛り上がりを見せるM-1「Dangerous Curves」から重い爆音のM-2「Level Five」へと雪崩れ込む流れは、アルバムの最初っから盛り上がらざるを得ない仕様、ここはとてもステキな聞き所かと思います。でも結局のところ、「The Talking Drum」から「Larks` Tongues In Aspic Part II」への流れの自己模倣でしかないって言ったらそれまでなんですが、あの流れをLineup 6でフルスクラッチ&再構築させたかのようなこの流れは大好きであります。

それとやはりM-9「Larks` Tongues In Aspic Part IV」、この楽曲はLineup 6の素晴らしい成果が出た楽曲だと思います。

このアルバムでもやはりKing Crimson Collectors' Club(以下KCCC)と日本で発売されたThe Collectors' King Crimson では収録曲に差異があり、このアルバムではKCCC版ではM-11「Red」がTCKCでは未収録となっております。ProjeKctシリーズから様々なライブ・アルバムにも収録され私的にはちょっと辟易としているM-10「The Deception Of The Thrush 」を入れるくらいならば「Red」を入れて頂いた方がどれほど良かったか、なんてコトは言っちゃイケないんでしょう、きっと(笑)。



The 19th Collectors' Club release (February, 2002). King Crimson, Live in Nashville, TN, November 9 & 10 2001.
(DGMのサイトより)

2002年2月にDiscipline Global Mail Orderより発売されたClib 19。2001年11月9,10日、アメリカ・ナッシュビルで行われた第6期クリムゾンのライブ。

関連URL・同時期のライブ・アルバム:(以下ブログ内リンク)
King Crimson / Level Five

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

King Crimson / Live In Detroit,MI 1971

[King_Crimson]1971_Live_in_Detroit
第二期クリムゾンのアメリカ・ツアーの模様を収めたライブ・アルバム。

KIng Crimson Collectors' Club(以下KCCC)からの第18弾としてリリースされたこのアルバムですが、KCCCからのものは2枚組でリリースされていたのに比べ、The Collectors' King Crimson Volume 6(以下TCKC))として日本で発売されたものは1枚にまとめられております。

差異は以下の通り。
KCCC版
Disc 1
1: Pictures Of A City
2:Formentera Lady
3:Sailor's Tale
4:Cirkus
5:Ladies Of The Road
6:Groon (Part I)
7:Groon (Part II)

Disc 2
1:21st Century Schizoid Man
2:Mars
3:In The Court of The Crimson King
4:Lady Of The Dancing Water (incomplete)

TCKC版
1: Pictures Of A City
2:Formentera Lady
3:Sailor's Tale
4:Cirkus
5:Ladies Of The Road
6:Groon (Part I)
7:21st Century Schizoid Man
8:Mars
9:In The Court of The Crimson King

KCCC Disk 2のM-4「Lady Of The Dancing Water (incomplete) 」が丸々カットされている他、King Crimson Data Baseさんによりますと、「Groon」と「Mars」が大幅に短縮されているとの事。

その「Groon」ですが、曲の後半部分にRobert Frippが「Larks' Tongues In Aspic」で使われているギター・リフを演奏しているところなどは、なかなかに興味深いところで聞き所なのでは無いでしょうか。

しっかし良い意味でBoz Baのヴォーカルが全体的に下世話で下品なところがステキ(笑)

KCCC版にのみ入っている「Lady Of The Dancing Water (incomplete) 」はちょっと聴いてみたかったなぁ。なんて思いながらも、よくよく調べてみましたら最近年代別に再構成され再発されたCollectors King CrimsonのBox 2 1971-1972にはKCCC版と同じく2枚組で収録されているらしいです。...でも未収録曲の為だけにBoxセットを丸ごと買い替えられるほど裕福じゃないぞ、コンチクショウ。

このアルバムの聞き所としてはやっぱりブルースにアレンジされまくっちゃったM-9「In The Court of The Crimson King」でしょうか。Robert Frippの暴走というよりも自暴自棄的な演奏を聴くにつれ、他の3人とのKing Crimsonに対する意識のすれ違いをまざまざと感じられます。

ちなみにジャケットにはDecember 13,1971と書かれておりますが、この日にライブを行った記録は無く、現在のDiscipline Global Mail Orderでの記載もNovember 1971と書かれているところから、1971年11月13日のライブを録音されたものとされております。



The 18th Collectors' Club release (October, 2001). King Crimson, Live in Detroit, MI, November 1971.
(DGMのサイトより)

2001年10月に発売されたClub 18。1971年11月13日、アメリカ・デトロイトで行われた第2期クリムゾンのライブ。

関連URL・同時期のライブ・アルバム:(以下ブログ内リンク)
King Crimson / Earth Bound
King Crimson / Live at Summit Studios 1972
King Crimson / Live At Jacksonville 1972

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

ProjeKct Two / Live In Northampton,MA 1998

[ProjeKct_Two]1998_Live_in_Northampton_MA
King Crimsonのフラクタル分裂、ProjeKct Twoによる1998年のライブ。

Projekct Twoでのライブ・アルバムは『Live Groove』としてオフィシャルの経路で販売されておりましたが、この『Live Groove』が1998年2月から7月にかけての様々なライブから楽曲を編集・構成されたアルバムになっているのに対して、この『Live In Northampton,MA 1998』では一日のライブを収めたものとなっております。

まあ、「次世代のクリムゾンの調査・開発部門」としての役割だったProjeKctシリーズのライブは『The ConstruKction Of Light』が出た時点で終了となるはずであり、そのライブは種明かしになりこそすれ、完成形とはなり得ないのではないかなとも思います。まぁ、だからこそのCollectors' Clubからの発売なんでしょうが、ファン(マニア・オタク、どれでも良いですが(笑))からすれば、発売されたらやっぱり買わざるを得なくなってしまうのが悲しき習性。



The 17th Collectors' Club release (August, 2001). ProjeKct Two, Live in Northampton, MA, July 1st 1998.
(DGMのサイトより)

2001年8月ににDiscipline Global Mail Orderより発売されたClub 17。1998年7月1日、アメリカ・ノーザンプトンでのprojeKct Twoのライブ。

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

King Crimson / The Collectors` King Crimson Volume Five

ザ・コレクターズ・キング・クリムゾン Vol.5
キング・クリムゾン
ポニーキャニオン (2001-09-19)
売り上げランキング: 288224

(以下全てブログ内リンク)
King Crimson / Live at Plymouth 1971

King Crimson / Live in Mainz 1974

King Crimson / Live in Berkeley,CA 1982

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。