スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加入すればよかった(BlogPet)

きょう、加入すればよかった?

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。
スポンサーサイト

Mani Neumeier & Peter Hollinger / Meet The Demons Of Bali

ミート・ザ・デモンズ・オブ・バリ(紙ジャケット仕様)(MEET THE DEMONS OF BALI)(PAPER SLEEVE)
MEET THE DEMONS OF BALI
posted with amazlet at 08.11.29
マニ・ノイマイヤー&ピーター・ホリンガー
CAPTAIN TRIP RECORDS(2007-03-20)
売り上げランキング: 167153

Guru Guruのドラマー兼中心人物Mani Neumeier(以下マニさん)ともう一人のドラマーPeter Hollingerがバリで行った一大ガムラン・セッションの模様を収めたアルバム。超強力。

マニさんと言えば、Guru Guruやソロ活動はもちろんの事、Moebius 、Conny Plankらと作りげた人力テクノの代傑作『Zero Set』、Conni Malyとのデュオによるアルバム『Lover303』やLUIGI ARCHETTIとのユニット「TIERE DER NACHT(夜の野獣)」、はたまた日本のギャーテーズとのライブ活動をしたりと、とにかく幅広く(←でもなぜか極北の地で手広くやっている感じ(笑))活動を行っているドラムの超人さんであります。

そんなマニさんのこのアルバム、やっぱりいつも通りにDisk Union新宿プログレ館で手に取り、何の気なしに購入してしまったは良いんですが、ここのところ何故かCDやら音楽を聴こうにも、やたらめったらに時間が取れなくなってしまっていまして、その間にも聴きたい新譜やら再発アルバムもジャカジャカ購入してしまって、このアルバムは机の片隅に積みっぱなしにしてしまっておりました。

で、「あぁ、そろそろ聴いてみようかな」とiTunesでリッピング、車の中で聴いてみたのですが...、あぁ、俺のバカ。もっと早くに聴かなきゃダメだよ、このアルバムは。もうとにかくカッチョ良過ぎで鼻血が出そう、いやもうマジで。

バリの竹ガムランの第一人者と呼ばれるI Ketut Suwentraが率いるSuar Agung楽団と行われたこのセッション、曲目はどうも現地のトラディショナルな楽曲、との事なのですがその原曲を知らないため比較などといった事は出来ませんが、竹ガムランから紡ぎ出される重低音の共鳴、そして無数にある竹ガムランの音色が十重二十重に幾重にも折り重なり編み出される響きのタペストリー。そしてそこへあの『Zero Set』を作り上げた人力テクノの立役者たるマニさんのドラミングが切り込んでゆき、刀を合わせ鍔迫り合いをし、しかしながら彼らに取り込まれ溶解してゆき、最後にはともに創り上げた一大音響共鳴空間に迷い込んでゆくようなその様は聞き手すらもトリップさせられてしまう、誠に危険な音楽となっております。

ボーナス・トラックであるM?13「Drumbody」はガムラン楽器などは使わずに、ハンド・クラッピングや口やその他体全体の部位を使ったであろう、その名の通り体を打楽器に見立て演奏された楽曲。全体の流れからはちと逸れますが、毛色が変わっていて面白い一曲です。

このアルバムはマニさんというよりもバリのI Ketut Suwentra率いるSuar Agung楽団の力なしにはあり得ないアルバムなのではありますが、それでもやはりそこへ切り込んでいったマニさんとP.Hollingerらによるバリの民族音楽に対するイイ感じの湯加減な翻訳と濾過・濃縮還元作業、そして何はともあれ超絶ドラミングによる味付けがなければこのアルバムはアルバムとして結実しなかったでありましょう。

このアルバムから発せられる熱量も相当なものでありますし、聴いているこちらも相当にエネルギーを消耗させられている感じがするくらいの、ごっつい音塊。下手な時に聴いちゃうと体の調子が悪くなり寝込んじゃうんじゃないか?(苦笑)。

発売元でありますCaptain Trip Recordsによりますと

「大地をゆるがし精霊たちを呼び起こす野外録音人力トランスの大傑作アルバムが2006年最新デジタル・リマスター&未発表曲追加でついに再発!完全限定1000枚プレス、特製紙ジャケット+幸せで楽しい人生を送れる(かもしれない?)黄色いオーラ・フィルム付き。」

との事ですが、きっとこんなアルバムは売れていないでしょうし(←オイ)、きっと1000枚限定プレストか言いながら実は(以下自粛)ですので、民族音楽好きな方はもちろんの事、トランス・テクノやハウス好きな方も聴いてみるとぶっ飛べる事請け合いな一枚、大推薦かつ只今大絶賛リピート中。

関連URL:(以下全てブログ内リンク)
Moebius-Plank-Neumeier / Zero Set
Moebius & Neumeier / Zero Set II
Guru Guru / In The GURU Lounge

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

デイヴ・ボール(ソフト・セル)のユニット グリッド、13年ぶりの復活作をリリース!

テクノ・ユニットであるThe Gridの13年ぶりとなるニュー・アルバムがリリースされるとの事、おぉ?待ってたよー!!

CDJournal.comデイヴ・ボール(ソフト・セル)のユニット グリッド、13年ぶりの復活作をリリース!

ザ・グリッドは、ソフト・セル解散後のデイヴ・ボールが、スロッビング・グリッスル/サイキックTVのジェネシス・P-オリッジに引き合わされた元ジャーナリストのリチャード・ノリスと組んでいたユニット。キャッチーな曲作りで定評を得たテクノ系ユニットとして活躍し、「スワンプ・シング」といったヒット曲や、ロバート・フリップ(キング・クリムゾン)の参加などで話題を呼んだ95年の『イヴォルヴァー(Evolver)』(写真)のほか、3枚のオリジナル・アルバムなどを発表しています。



私の場合は何の気なしに手に取った2ndアルバム「456(Four Five Six)」がツボに嵌まってしまい、洋盤だったそのアルバムのジャケットをよくよく読んでみますとゲストにはPp Arnold(Vo)、Sun Ra(vo)、Andy Mackay(ex.Roxy Music:Sax、oboe)、そしてやっぱりと言いましょうかなんと申しましょうかRobert Fripp(G、Frippertronics)の名も。お釈迦様の手のひらで調子に乗っている孫悟空の気分でした、ハイ(笑)。

その後に発売された3rdアルバム、テクノ・ミーツ・マリンバがステキ過ぎる「Swamp Thing」やR.Frippのリフ・ギターの格好良さが炸裂している「Throb」を含む『Evolver』も愉快なテクノ・アルバムでお気に入りの一枚だったのですが、その後いくら探しても4thアルバムが見つからず、CD屋さんに行くたびに「G」のコーナーを探していたんですが、そっか、解散していたのね。

そんなThe Gridのニュー・アルバム『Doppelganger』が2008年3月24日に発売されるそうです。まだ来年の事だけれども、自分への覚書って事でエントリーしちゃいました。楽しみ楽しみ。

関連URL:
CDJournal.com - ニュース - デイヴ・ボール(ソフト・セル)のユニット グリッド、13年ぶりの復活作をリリース! 
Amazon.co.jp: Doppelganger: 音楽: Grid


テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

Kevin Ayers / The Unfairground

Unfairground
Unfairground
posted with amazlet at 08.11.29
Kevin Ayers
Tuition (2007-10-02)
売り上げランキング: 33188

Kevin Ayersの15年ぶりとなるソロ・アルバム。

オリジナル・スタジオ・アルバムとしては前作となる『Still Life with Guitar』が1992年の発売ですから、本当にもう15年も経つのね。この『Still Life with Guitar』も当時速効でレコード屋(もうその当時ではCDが主流だった筈ですがまだ“レコード屋さん”と言っていたような気がします)に予約を入れ、発売されたものをウハウハしながら聴いていた記憶があります。

「ま、2?3年待ってりゃ次のアルバムでも出るでしょ」なんて気楽に構えてはいたものの、しばらくしても次作の噂はとんと出ず、いつの間にかにDisk Union等の洋盤を取り扱っているショップにヒョッコリと売りに出されているアルバムは過去のライブ音源ばかり。「あれ?」なんて思っているところで久々に雑誌のインタビューが出てる事を発見、流し読みをしてみると

「次に作るアルバムを最後に引退して、魚料理のレストランをやろうかなと考えているんだ(←記憶による意訳)」

なんて事を言っているし、「どーなってるの??」等とやきもきしていたもんです。そんなこんなな15年。15年、長かったような短かったような。

こちらとしては15年ぶりとなるK.Ayersのアルバムですが、このアルバムから匂いとれるK.Ayersの印象はやっぱり過去の作品 ?特に後期のアルバム? 通りに、長年待たせたなんて事を感じさせない、肩肘張らず気負いの感じ取れないものに仕上がっておりました。とくに『Falling Up』に通ずる、そんな空気感を感じ取ったりしました。

アルバムにはTeenage Fanclubや元Gorky's Zygotic Mynciのメンバー達などのK.Ayersにとっては子供ともいえるような世代のミュージシャン達から、Phil Manzanera(ex.Roxy Music)、Bridget St. John、そしてSoft Machineの前身バンドとも言えるWild Flowersで時代からの盟友Hugh Hopper等といったベテラン勢まで、幅の広いミュージシャン達でバックが固められております。

アルバムを掛けて聴こえてくるのは、ゆるやかなホーンセクション達や角の立っていないストリングスらを奏でるバックのミュージシャンはいつもと違えどもにじみ出てくるダルーな空気感、K.Ayersのヴォーカルはいつものあの低音のバリトンの効いた渋く、そして気だるい歌声。

M-7『Baby Come Home』ではBridget St. Johnとのデュエットを聴く事ができます。...なのですが、日本盤のライナー中のインタビューによるとニューヨークに住むBridget St. Johnの元にテープが届けられ、それに被せるように歌入れをし再びK.Ayersの元に送り返したとの事、デュエットしてないやん(笑)。まー、そんな事ぁ良いんですが。

K.Ayersと言えばやっぱり初期の5作である『Joy of a toy』『Shooting at the moon』『Whatevershebringswesing』『Bananamour』『The confessions of Dr.Dream』なのでしょうが、中期における、例えばコンパクトにポップさを凝縮しバラードも充実した『Sweet deceiver』や、トロピカーナで何故か溢れ滲み出る多幸感満載な佳作『Yes we have no mananas』、湿り気のあるポップさとトロピカル路線が何の気なしにピッタリと嵌まっている『Rainbow takeaway』、ニューウェーブに接近したかにも思えてその実やっぱりK.Ayersな『That's what you get babe』などなどもどれもこれもがK.Ayersらしさ溢れる素晴らしいアルバム達です。

わたし個人的な絶頂期であるそれらのアルバムと比較しちゃえば、そりゃ...ムニャムニャってなっちゃいますが、それでもやっぱりK.Ayersの低く震えるような、そしてダルいヴォーカルが聴けるだけで結構満足しちゃったりしてます。「Only Heaven Knows」から始まり「Run Run Run」で終わる、渋味と諧謔さ(fairground(遊園地)に対する対語として“ Unfairground”なんて云うアルバム・タイトル付ける辺りなんざ(笑))、そして飄々とした空気感で満たされた33分56秒のこのアルバム、大傑作なんて口が裂けても言えないけれどそんな物差しとかじゃなくってしみじみと良いよねぇ。

あ、そうそう、いまだにCD化されずにいる『Diamond Jack and the queen of pain』、新作も出た事だしそろそろCD化してください。この機を逃すと(このアルバム自体、テクノ・ポップらしく評判も悪いらしいですし)ずっと聴く事が出来なさそうなのでドサクサ紛れのついでに一つよろしくお願いしたい次第であります。>ビクターエンターテイメント様

関連URL:
@Victor Entertainment 作品詳細 ケヴィン・エアーズ アンフェアグラウンド 
以下ブログ内リンク
Kevin Ayers / Joy Of A Toy
Kevin Ayersの新作『The Unfairground』が出ます!!の巻。

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

すずしろ(BlogPet)

きょうすずしろはkazz12000で改定すればよかった?

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。

ビートたけしの『北野ファンクラブ』がDVD化の巻。

kitano-FanClub.jpg

もうタイトルそのまんま、あの『北野ファンクラブ』がDVDがなります!、っていうかもうなってるんか、情報遅すぎ>俺。

ビートたけしの『北野ファンクラブ』がDVD化


この『北野ファンクラブ』は、ビートたけしと高田文夫によるトークのほか、たけし軍団によるコントなどをちりばめたお笑い番組。時事問題から下ネタまで、さまざまな話題を独自の観点と笑いを交えて喋りまくるトークは、好評を博しました。また、コントは数々のパロディをはじめ、お約束のブリーフ&海パン一丁、全裸キャラまで登場する濃い内容。たけしファンの間でも人気の高い番組です。

ハガキ職人達のネタが冴え渡り、なおかつフリートークにも夜中ながらに爆笑させられちゃっていたオールナイトニッポンが終わってしまい、つまらんなぁ等と思っていたところに始まったこの番組、相も変わらず高田文男と二人でバカ話をしている様をこれまた夜中に見ておりました。

こんなのがDVDになるなんて、なんてステキなのかしら。即効Amazonさんに注文しました。いやもうね、どーせ下らねぇ(←もちろん褒め言葉だ)ってのは分かっているんですが楽しみで仕方がありません。早く届け!

テーマ : お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル : テレビ・ラジオ

Gavin Harrison が King Crimson に参加

Taknomさんのブログ「Tak’s Weblog」経由DGM Newsより、Porcupine TreeのドラマーGavin HarrisonがKing Crimsonに加入するとの事!

The Return of King Crimson

Ending weeks of speculation in various online communities, Robert Fripp has revealed in his latest online diary that drummer Gavin Harrison (of Porcupine Tree) will be joining King Crimson.


↓いつも通りエキサイト翻訳コンニャク

様々なオンライン共同体への何週間もの思惑を終わらせて、ロバートFrippは、彼の最新のオンライン日誌でドラム奏者のギャヴィン・ハリソン(Porcupine Treeの)がキング・クリムゾンに合流するのを明らかにしました。


DGM Newsでも言及されておりますが、Pat MastelottoとGavin Harrisonのツイン・ドラムは第3期のJamie Muir&Bill Bruford、第5期ダブル・トリオ時のPat Mastelotto&Bill Brufordらに続く3番目の構成となります。第4期におけるAdrian Belew&Bill Brufordという変則的なツイン・ドラムもありましたが、それは3番目(4番目)とは数えないそう。

そんな訳で第7期King Crimsonは

Robert Fripp(Guitar)
Adrian Belew(Guitar and Vocal)
Tony Levin(Bass,Stick)
Pat Mastelotto(Drum)
Gavin Harrison(Drum)

といった5人のメンバーで構成されるようです。これまでのツイン・ドラム編成の時とどのような差異が出すのか出さないのか、第4期Discipline CrimsonマイナスBill BrufordプラスPat Mastelotto & Gavin Harrisonがどのような音造りをしてくるのか非常に楽しみではあるのですが、それよりもPorcupine TreeとKing Crimsonの二足のわらじを履く事になる(んだよね?Porcupine Treeを脱退して...なんて情報も無いし)G.Harrisonさん、体持つんかいな?どちらも中途半端になりませんよーに(祈り)

テーマ : 洋楽 - ジャンル : 音楽

すずしろ(BlogPet)

きょうすずしろはkazz12000と関連する?
それでデュオPapermoonを再始動する?

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。

鬼束ちひろ / Las Vegas

LAS VEGAS(初回盤)(DVD付)
LAS VEGAS(初回盤)(DVD付)
posted with amazlet at 08.11.29
鬼束ちひろ
UNIVERSAL SIGMA(P)(M) (2007-10-31)
売り上げランキング: 25488

鬼束ちひろの実に4年10ヶ月ぶりになるニュー・アルバム。

もうとにかく何も言うよりも先に「めでたい!!」という言葉を言わねばなりません。一時は音楽シーンからは全く消え去り、そしてこのまま彼女の歌が聴けなくなってしまうんだろうなと諦めていた時もあっただけに、このアルバムが今手元にありそれを聴き続けられるという、それだけで喜びとなり得ます。

ただ、言いたい事は結構あって、ドラムレスにしろとは言いませんがそれにしてもドラムが不快なほどにスットコドコドコ言って(これはプロデューサーである小林武志のせいもあるのかな?それとも本人の意向なのかね?)いるのが鬼束ちひろの声に合わずに不快だったり。

声の幅、高音から低音に掛けての幅って事もあるのだけれどもなんて言うか、横方向の幅みたいな、音楽用語には詳しくないから感覚っぽい事でしか言えないのではありますがそんな幅がちょっと狭くなっているのかな?なんて思ったり。

これぞっていうキラー・チューンになりうる楽曲がなかったり、今までの路線からかなりシフトしているのでそれを懐かしく思うのと同時に、今の路線が少しまだ馴染めない私がいたり。云々かんぬん。

だがしかし、だ。

上に挙げたような事などは私にはやっぱり二の次三の次でありまして、とにもかくにもシーンから消え去っていた鬼束ちひろの曲がまた再び聴けるという事、そのことの方が重要であったりします。

「私は今死んでいる」と歌ったシングル曲でもあった「育つ雑草」をこのアルバムには収録せずに(カップリング曲である「Rainman」は収録されている)、“私はまだ死んではいない”と歌う「Angelina」が収録した事から、単純に停滞からの脱却と先へ進む意思のようなものを感じ取りました。日頃歌詞の意味などはほぼ無視している、なんて事をこのブログにも書いている私ですが、鬼束ちひろの長かった活動休止期間からの復活といったこれまでの経緯と、それにリンクするようなその歌詞の変遷などを振り返ると感慨深いものに感じ取れました。

100%本調子でないのかもしれないけれども、それでも現在の鬼束ちひろが聴ける事に感謝。しばらくはヘヴィー・ローテーションになりそうです。お気に入りは「MAGICAL WORLD」、「Angelina」。

Papermoon / Verzaubert

Verzaubert.jpg

オーストリーのポップ・デュオPapermoonの全編ドイツ語によるセルフ・カヴァー・アルバム。

そんなわけで行ってきました、オーストリー!ツアーで行った為、物凄く駆け足だった今回の旅行だったのですが、そんな駆け足の中でもツアーのガイドの方に「オーストリアの現地のCDを買えるCDショップはありませんか?」なんて事を聞く事だけは忘れませんでした。今回のオーストリー・ツアーの目的の一つでもあったし(笑)。

いや、最大最高の目的はオーストリー現地でグスタフ・クリムトの絵画を堪能する事だったんですが、いやもう満喫しまくりました、ムハァ(笑顔)。

閑話休題。

そもそもこのアルバム、オーストリー現地では9月28日には発売されていて、よほど以前も使った事のあるCD通販サイトDiabolo records様から取り寄せちゃおうかとも思ったのですが、オーストリーに行く事も決定していた為じっと我慢の子、実際に現地に行って買えばいいや、もしツアーで時間が無くて買えずともその時は改めて通販で取り寄せれば良いし、等と高を括っていたのですが、ま、実際に買えたので良かった良かった。

このアルバムは以前のアルバム等に収録されていた英語による楽曲達をオーストリーの現地語であるドイツ語に歌詞をリライトしバックの演奏も含めて再録音したものとなっています。当然ながら上述した通り原曲では英語による歌詞だったものからドイツ語に歌詞をリライトしている為、その語感やイントネーション、メロディに乗る言葉の乗り心地などといったものが大きく違うためバッキングも以前のものに比べよりアレンジは変えられ、アコースティックに重心を移したような演奏に再録音されております。そのため一聴しただけではしばらくの間過去のあの曲だというのがピンと来なかった曲もあったりしましたが、いつもの耳に馴染んだ英語の歌詞では無くドイツ語による歌詞が耳に新鮮という事や、新録されたバッキングにより曲がまた新鮮に聞こえたりと新たな一面が見れた気がします。。

ただ実際のところ、過去のオリジナル・アルバムを聴いてからじゃないとこの面白さは分からないとは思うのですが、そのオリジナル・アルバムが日本では非常に手に入れづらいと云うところが残念で仕方がありません。良いアルバムが揃っていると思うんだけどなぁ。



ところで、だ。

何の気なしにDiabolo recordsでこのアルバムの値段を確認してみたところ14.99ユーロ...、あれ、俺が現地のCDショップで買ったのは21.7ユーロだったぞ?

IMG_1456.jpg

差額は6.71ユーロだから日本円に換算すると1,115.81円か(2007年11月7日現在)...。え???!?通販サイトの方が街のCD屋さんよりも多少は安いっていうのは分かるけど、何でこんなに差額があるんだよ、もー。

以前『Christmas Unplugged』を買った時の明細を見直してみると、

CD PAPERMOON CHRISTMAS UNPLUGGED 1
14,99 14,99
Enthaltene MwSt. (20%): 3,83
Verkaufspreis: 14,99
Porto: 8,00
Gesamtsumme: incl. 20% MwSt. 22,99

※オーストリーなどでは小数点を“.(ピリオド)”では無く“,(カンマ)”と表記してましたっけ。

livedoorのドイツ語翻訳コンニャク

CD PAPERMOON CHRISTMAS UNPLUGGED of 1 14,99 14,99
containing VAT, 20 percent): 3,83
resale prices: 14,99
postal rates: 8,00
grand totals: incl. 20 percent of VAT 22,99

livedoor翻訳にて再変換

1のCD PAPERMOON「プラグを抜かれたクリスマス」14.99 14.99
VATを20パーセント含んでいること:3.83
再販価格:14.99
郵便料金:8.00
総数:VAT 22.99の20パーセントを含めて

たまたま買ったCDショップがボッてたのかなぁ?見た目、普通のCD屋さんだったんだけどなぁ??ま、そんな訳で現地で買ってもわざわざオーストリーから通販で日本まで取り寄せても2€程度しか変わらんって事になっちゃいました、何やってんだ、俺は(苦笑)。

関連URL(全てブログ内リンク)
1stアルバムPapermoon / Tell Me A Poem
4thアルバムPapermoon / Come Closer
5thアルバムPapermoon / True Love
6thアルバムPapermoon / Christmas Unplugged


テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

表記(BlogPet)

きのう、kazz12000は表記したの?

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。