スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニンニクの芽がニョキニョキの巻。

Garlic-me.jpg

冷蔵庫の中に入れといたニンニクから芽が出てきたので栽培中。

通販で購入したニンニク、芽止めとかはしていないらしく冷蔵庫の中でも地味に地味に芽を生やらかせちゃっておりました。ニンニク買ったは良いけど、やっぱり日常的にタップリなんて毎日使えないしなぁ。口から魔闘気が出ちゃうしね。

このまま捨てるのもなぁ?と思っていた所、以前漫画「美味しんぼ」でニンニクの芽を栽培して麻婆豆腐に入れると美味いって話を読んだ記憶が思い出した為、それをやってみる事にしました。

上の画像でもう一週間近くなるかな、始めは台所の小皿に水を張ったのに入れといたんですが、葉の色が黄色い為、光合成が足らんのかな?って事でベランダにおいて日が浴びれるようにした所、葉の成長も活き活きとニョキニョキ伸び始めやがりまして、光合成も十分、緑に満ちあふれてやがります。

小皿から一つ取り出してみると根っこの方もこれまた活発にのびてきております。
Garlic_ne.jpg

生命ってば偉大だわ。

ここまで育てると可愛さも出てきちゃうのではありますが、それとこれとは別という事でもうちょっとしたら食べちゃおうと思います。

もうちょっと暖かくなってきたら、まずは手軽なハーブとかベランダで出来るような葉物を育ててみようかと画策中であります。観賞用やら花には興味がまーったく無いので、もちろん食べられるもの限定ではありますが(笑)。

スポンサーサイト

テーマ : お勧め食材 - ジャンル : グルメ

エントリとかアップされた(BlogPet)

きょうは、エントリとかアップされた!
でも、kazz12000はエントリーするつもりだった?

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。

Leichtmetall / s/t

s_t.jpg

ドイツのKaraoke Kalkレーベルの女性二人によるユニットLeichtmetallのファースト・アルバム。

このユニットによるセカンド・アルバム『Wir Sind Blumen』は先に買っておりまして、そのユルさと素っ頓狂さ加減に心をグイグイと引っこ抜かれてしまいついつい聞き込んでしまって、揚げ句の果てには去年の愛聴盤にもなってしまったほど。

渋谷だかどこだかの大型CD店でこのセカンド・アルバムを購入した時にファースト・アルバムも一緒の棚にあったのですが、その当時ではこのユニットのトボけた良さなど分かる訳もないジャケ買いであったため購入を見送る事に。それがついこないだまで後悔する羽目になるとは。

このユニットの良さに目覚めた後はCD屋さんに行くたびに探してみたり、AmazonやHMVのネット通販やらその他小さめの輸入CD通販のサイトでも色々検索しては見たのですが、全く見当たらず。ヴィニール(レコード盤)だったらあったんですが、当然レコード・プレイヤーなどといったものは持っておらず、口惜しい思いは増幅されてましたっけ。

そんなこんなでついこの間、別の探し物をiTunes storeでしていた所、何の気なしにこのユニットも検索してみた所、もうごく普通にありやがんの。何だったんだ、これまでの探索の日々は?ってくらいにあっけなく見つかりました。何はともあれiTunes Store、グッジョブ!!

早速ダウンロードして聞いてみたところ、わはは、鉄琴鳴りっぱなしだ!(笑)、ヤバい素敵過ぎる。キラキラと鳴り響き輝く鉄琴の上を時折四方八方を向きながら鳴らしていそうなチューバやフルート、打ち込み音たちが重なり、そして二人の牧歌的かつヘタウマチックなツイン・ボーカルが不思議な浮遊感をもってそっとちりばめられていくような感じ。

セカンドで感じられたおもちゃ箱をひっくり返したような雑多な手触りはいくぶん控えめで人力ドローンに似た手触り(←?よく分かりませんが言葉にするとこんな感じ、か?)やドイツのクラウト・ミュージックを咀嚼しちゃったトイ・ポップな感じ、実験的な音楽の匂いも強めなきもしますが聴きにくさは全く感じられず、むしろ笑顔で脱力しながら聴けるチャーミングな一枚。

キュートでポップで不思議ちゃんな味わいも見せつつやっぱりベリー・チャーミング!絶賛リピート中。

関連URL:(以下ブログ内リンク)
Leichtmetall / Wir Sind Blumen

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

PB G4の電源アダプターから煙が出ましたの巻。 (BlogPet)

kazz12000の「 PB G4の電源アダプターから煙が出ましたの巻。 」のまねしてかいてみるね

久々に立ち上げた♪

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。

PB G4の電源アダプターから煙が出ましたの巻。

adapter.jpg

久々に立ち上げたPowerBook G4の電源アダプターから煙が出やがりました。

もう数年前から姉の家に貸し出していたPowerBook G4/667MHzでしたが、私がMacBook Proに買い替えた為、それまで使っていたPowerBook G4 17inchを姉の家へ→里子に出ていたPB G4/667MHzが再び帰ってきたという訳です。

2001年発売の機種ですが自宅でネットするぐらいなら結構使えるだろうという事で、まずはOSの入れ替えでもしましょっかと思い、電源アダプターをコンセントに差し込んだところ、何やら変な匂いが。電源アダプターの本体側、コードの根元から煙が出てやがりました。ギャフン。

よくよく見るとコードの被覆が禿げて中の線が見えている状態。すぐにコンセントからは抜いたので大事には至りませんでしたが。アップルストアのこのタイプの電源アダプターのページにあるレビューを見てみますと断線の話ばかり。有名な話だったんですな。

別に純正品にこだわる事はないんですが、DCコネクタ先端部(PowerBookとの接続部)が充電中にオレンジに/充電完了でグリーンに光ったりするのが結構便利なのでまた同じタイプを買おっかな?でもまた根元がやられるんだろうなぁ...

テーマ : Mac - ジャンル : コンピュータ

EX-wise Heads / Time And Emotion Study

Time_And_Emotion_Study.jpg

ex.Henry CowでありマルチプレイヤーであるGeoff Leighとex.Porcupine TreeのベーシストであるColin Edwinらによる即興ユニットの2ndアルバム。

このアルバムはもうずいぶん前に購入したもので、何故購入したのかは覚えていないのですが、何でこんな難儀なジャケットのアルバムを買ったのか?多分勢いだったんだろうとは思いますが(笑)。

Soprano SaxやFlutes、Keyboardsなどを操るマルチプレイヤーであるG.Leighとベース・プレイヤーたるC.Edwinが中心となる即興ユニットではあるのですが、このアルバムではゲスト参加扱いになっているのかな、さまざまなパーカッションを操るVincent Salzfaasの存在が際立ち、より濃いエスニック/ワールド・ミュージックな風合いの音になっております。

またスペシャル・ゲストのヴァイオリニストPeter Knightの音色が加わる事による響きの幅が広がる事によりなかなか面白い、ワールド・ミュージックっぽいのだけれどもどこかに匂い立つフェイクっぽさっていうか、民族音楽が洗練されたものではなく、逆に出自が違うものが民族音楽/ワ?ルド・ミュージックに近づいていっているような、距離感の面白さが感じ取れたり。

なかなかに面白い、けれどももうちょっと何か違う味があったら大好物になりそうな、そんな感じです。

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

Palmy / THE ACOUSTIC ALBUM (BlogPet) (BlogPet)

kazz12000の「 Palmy / THE ACOUSTIC ALBUM (BlogPet) 」のまねしてかいてみるね

kazz12000の「すずしろ」が書きましたライブを収めた♪

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。

Palmy / THE ACOUSTIC ALBUM (BlogPet)

kazz12000の「 Palmy / THE ACOUSTIC ALBUM 」のまねしてかいてみるね

タイのスカ・バンドT-Boneと共に行ったライブを収めたライブを収めたライブを収めたライブを収めたライブ・バンドT-Boneと共に行ったライブを収めたライブを収めたライブ・アルバム。

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。

Palmy / THE ACOUSTIC ALBUM

The_Acoustic_Album.jpg

タイのポップの歌姫Palmyさんがタイのスカ・バンドT-Boneと共に行ったライブを収めたライブ・アルバム。

前回タイへ行った時にたまたまCD屋さんで見つけたものを即ゲット。以前発表されたPalmyさんの復活コンサートを収めたライブVCD『The Rhythm Of The Times』で途中ゲストとして数曲を披露しPalmyさんともコラボしていたT-Bone。

そうそう、VCDっていえば日本ではあまり目にもしなければ一般的でもありませんが、タイでは最近になってライブが収められたDVDが普及してまいりましたが、まだまだVCDの方が一般的なのかな、レコード屋さんなどでも幅を利かせております。でもVCDって扱い難いんだよな、曲飛ばしも出来ない(マックのVLCで見ているせいなのかな?)し、画質も悪いし。

閑話休題。

今度はゲストとしてではなく、“フューチャリング T-Bone”のような形で全面的に参加、バックでの演奏を固めております。タイでは有名なスカ/レゲエ・バンド、らしいのですが私自身はこのバンドの事は全く知りませんでした。全編今までのアルバムからの曲がスカ/レゲエ・バージョンとして再構築され、Palmyさんの歌声が聞こえるまで何の曲が流れているのか全く分からなかったり(←ファン失格ですな)と大胆にアレンジされている曲もありました。

途中はスローな曲が続き「んん?」なんて思いもしましたが、デビュー曲でもあり大ヒット・ナンバーでもあるラストのM-12『Yhark Rong Dung Dung(大声で歌いたい)』はさすがに大盛り上がり。どの曲もPalmyさんの歌声が響くと「あっ、あの曲だったんか?!?」なんて思いながら聴いておりました。

Palmyさん自身はスカ/レゲエ系の音やバンドなどとも相性が良いのだろうなぁ、なんては思いますが、私個人的にはスカ/レゲエ系の音楽にはあまり魅力を感じず今回のアレンジもpalmyさんのポップな魅力を減速させちゃってるんじゃないかな??なんて思ったり。演奏は上手いんだろうけれども、私にとってはちょっと...なアルバムでした。

Palmyさんの歌声はやっぱり個性的で力強いものですし、T-BoneはT-Boneでスカ/レゲエなこれまた個性的なリズムを繰り出してくる為、変な例えですが

「本場イタリアのこってり重めなとしたミートソースが敷き詰められたラザニアをおかずに赤唐辛子と花椒がタップリと効いた麻婆豆腐が載った麻婆丼を食べる昼飯なんてどう?」
重いよ!!

って感じであります。個人的な嗜好の違いですね。

そんな訳で気を取り直して、Palmyさんの次なるオリジナル・アルバムに大期待な今日この頃であります。

関連URL:(以下全てブログ内リンク)
Palmy / Palmy
Palmy / Stay
Palmy / Beautiful Ride
Palmy / SHOWCASE
Palmy / sleeping eating thinking & SINGING (VCD)
Palmy _ The Rhythm Of The Times (VCD)
Palmy _ The Rhythm Of The Times (DVD)

テーマ : タイ・ポップス - ジャンル : 音楽

カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。