スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Fripp + Wetton + Bruford + Eddie jobson = League of Gentlemen??」の巻。

何の事やらなエントリー名になっちゃっていますが。

いつものCDjournalより。
【プレゼント】 エディ・ジョブソンが語る、“U.K.誕生前夜” そしてトレイ・ガンらと組んだ新生U.K.=“UKZ”とは!? - CDJournal.com インタビュー

このEddie Jobsonへのインタビューでは、今回来日した新バンドUKZの成り立ちや今の時代に即した音楽を作るといった姿勢が読み取れるナイスなインタビューであると思うのですが、ここで取り上げたいのが後半にあるこの文言。

(前略)
もともと、U.K.というバンドは、キング・クリムゾンの延長線上から派生したバンドで、77年にロバート・フリップ、ジョン・ウェットン、ビル・ブラッフォードそして僕の4人で当初はリーグ・オブ・ジェントルメンという名前で活動し始めたんだ。だが、すぐにフリップが抜けちゃって、代わりにアラン・ホールズワースが入り、それがU.K.になったというわけ。だから、キング・クリムゾンのメンバーだったと言っても間違いではないよね(笑)。フリップは、後でリーグ・オブ・ジェントルメンというバンド名を使ったけどね」



77年頃にRobert FrippがJohn WettonとBill BrufordとともにKing Crimsonの再結成に動いていたという事はいくつかのインタビューや記事で読んだ事があったのですが、そこにE.Jobsonが加わってカルテット体制、まさに『Starless And Bible Black』の頃のラインナップ3-Bからヴァイオリン奏者David Crossを引いてE.Jobsonが加入させるといった、変則的なラインナップ3-Bを造り上げようとしていたってのは、UK周辺の話も細かくは追っていなかったため、寡聞にして知りませんでした。しかもバンド名が「League of Gentlemen」とは。

King Crimsonのラインナップ4の前段階としてDisciplineというバンド名で活動していましたが、この77年の(仮)再結成の段階でも同じようなこだわりがあったんでしょうか?

R.Frippはこのラインナップで本気でやろうとしていたのかしら?このラインナップが実現したとしても、その音楽は第3期クリムゾンに似たものになったのか、それともBarry Andrewsらと組んだThe League of Gentlemenの音に近いものになったのか?(←B.Brufordはともかく、J.Wettonがいたからこれは無いとは思いますが)、そして後の名作『Discipline』達は生まれ得たのかしら?歴史にifは無いとはよく言いますが、なかなかに興味深い史実だったりします。

スポンサーサイト

テーマ : 最新音楽ニュース - ジャンル : 音楽

iPhone 3GSが我が家にやってきました!の巻。

IMG_3061.jpg
以前から欲しい欲しいと思っていたiPhone、新機種が出てしまったからには買わなきゃイカンと思い、ついつい発売日当日にゲットしてしまいました。

iPod Touchは以前から持っておりまして、そのタッチとの比較がこれ。
IMG_3059.jpg

タッチに慣れていたせいか、最初は「厚ッ!」なんて思いましたが背中のカーブが良い具合に手にフィットして持ち易い厚さなんじゃないかな。でも女性だと大きい+厚いって事で扱い難いのかも。

そのtouchに電話機能+カメラ+etc、etcと云った物だけのはずですが、それらがあるだけでまるで自由度が違いますな。ネットに繋げられるホットスポットが無くても、町中で行きたいお店を検索出来ますし、カメラも気軽に撮る事が出来る、今度の3GSからは動画もオーケーって事なので気軽にムービーも撮れる、その場で大きな画面で確認が出来る。

iPhoneで無くってもそんなこたぁそこいらのケータイでも出来る事ですが、なんつーのかね、細かい設定は出来なかったり元々出来ない事も多い製品ではありますが、階層を幾重にも掘り下げていってようやく到達するなんてのはまるで無く、やりたい事を直感的にすぐに誰でも出来るという、マックで培われてきたアップルらしさがにじみ溢れた製品なんだと思います。

せっかく買ったiPhone、傷付けたくはないのですが売っているiPhone用ジャケットをいろいろ見て触って検討はしたのですが、どれもこれもイマイチ。ならばいっその事、以前iPod Touch用に購入していたアップル製靴下でカヴァーにしちゃえばイイじゃんって感じで日頃持ち歩いております。
IMG_3062.jpg

iPod Touchで使えるアプリは先んじてダウンロードして楽しんでいたのですが、カメラ用のアプリや電話と連携したアプリはまだ未開拓なのでそれらを探索していくのも楽しみ楽しみ。まずはiPhoneを使いこなせるように毎日弄くり嬲り倒すつもり。

うふふのふ。

あ、そうそう、iPhone OS3.0からなのかな、バッテリーの残量の%表示が出来るようになってたんですね。おなじくOS3.0にアップデートしたiPod Touchでは出来無いッぽいので、これはそのうちのアップデートでiPod Touchでも出来るようにして欲しいな。
IMG_3060.jpg

テーマ : iPhone - ジャンル : 携帯電話・PHS

それで理由とか記載(BlogPet)

きょうすずしろは、kazz12000とkazz12000は容量モデルは電話したかもー。
それで理由とか記載ー!
だけど、kazz12000はロック調は終了するはずだったみたい。
でも、すずしろは、参加する?

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。

ALL CDs(BlogPet)

kazz12000の「ALL CDs」のまねしてかいてみるね

これまでアップするたびにしたエントリーをABC順(The??は「T」の項)に並べ替えていきます?
2006/21このエントリーは常に一番上に並べ替えていきます!!

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。

Au Revoir Simone / Verses of Comfort, Assurance & Salvation

Verses of Comfort, Assurance & Salvation
Au Revoir Simone
Moshi Moshi (2006-10-31)
売り上げランキング: 69472

ニューヨークを拠点に活動する女性トリオAu Revoir Simoneによる1stアルバム。

Amazonを見ていた時にパーン!とした2色使いのジャケが気になったので御購入、ネット通販でもジャケ買い。この時点では音の想像は全くつかず。

ジャンルで言いますとエレクトロニカになるんでしょうか、味付け程度のシンセの音色とオーガニックさを感じさせる鉄琴や笛などの音をバックに、ちょっと甘めでウィスパーなヴォーカル&コーラスが鳴り響くというよりは佇むといった風情がピッタリくる、なんともキュートな楽曲達。

パッと聴きはLeichtmetallに近いものを感じたのですが、あの突き抜けたトイ・ポップさ加減は微量でして、何よりもLeichtmetallのあの素っ頓狂な風合いはあまり無く、こちらはもっとしっとりと女性、というよりかは女の子成分が多めかもしれません。

とは言え、カラフルなロリ・ポップでは無く、もう少しトーンを抑え陰影を濃いめにした、穏やかな楽曲達に仕上がっております。家でのんびりする時に、もしくは寝入りばなに聴くととても有効かも。派手さは無いけれども最近のお気に入りであります。

そうそう、Amazonに乗っているジャケ画像と私が手元に持っているジャケ写がちょっと違うんですよね。デザインは一緒なのですが、ウチにあるのは白地にもっと明るい藍色の単色刷りでパリッとカッチョ良いジャケ写なんですが、国によってジャケが違ったりするのかな?

関連URL:
オフィシャル・サイト Au Revoir Simone
MySpace Au Revoir Simone

(以下ブログ内関連(?)リンク)
Leichtmetall / Wir Sind Blumen
Leichtmetall / s/t

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

No-Man / Wherever There Is Light

[No-Man]Wherever_There_Is_Light_mini
No-Manによる5年ぶりとなるフル・アルバム『Schoolyard Ghosts』から、「Wherever There Is Light」を中心としたEP盤。

私にとっては『Flowermouth』と同じくらい、今ではそれ以上に愛聴盤となっている『Schoolyard Ghosts』ですので、当然の事ながらこのEPも買わなきゃイカンでしょって事でBurning Shedより購入してみました。

そうそう、もうこれは最初に言っておかないとイケないのですが、ジャケット画像が美しい!!スコーンと抜けるような青空に桜の花の淡いピンク色、そして画面を引き締め凛とした美しさを持つ枝々、それらとNo-Manのいつもながらの細めのフォントが組み合わさる事でアルバム・ジャケットとしての美しさを作り出しております。こんなに良いジャケ写はなかなか無いと思います。

EPといってもただのEPではなく、「Wherever There Is Light」は当然の事ながら他に「Death Was California」と「Counting」の2曲の新曲、2008年秋に行われたNo-Manのミニ・ツアーからのライブ2曲、特典映像の方は「Wherever There Is Light」のプロモーション・ビデオ or イメージ・ビデオ、そして来たるべきライブDVD『Mixtaped』から「All The Blue Changes (Live at the Bush Hall)」のライブ映像と、EPらしからぬサービスっぷり、流石であります。で、収録曲は以下の通り。

Audio:
1:Wherever There Is Light
2:Death Was California
3:Counting
4:Carolina Skeletons (Live)
5:All the Blue Changes (Live)

Visual:
1:Wherever There Is Light (Grant Wakefield video)
2:All The Blue Changes (Live at the Bush Hall)

ペダル・スティール・ギターの調べが印象的な「Wherever There Is Light」を含むアルバム『Schoolyard Ghosts』については以前のブログ内リンク「No-man / Schoolyard Ghosts」を参照してみて下さいませ。やっぱしここで注目しなきゃいけないのはこのEPの為に造られたなんていう2曲の新曲でしょう。

M-2「Death Was California」はあまりにもスロウで煙が掛かったかのようなアンビエントな味わいの濃いバラード作品。アルバム『Schoolyard Ghosts』に収録されるにはちょっとモノトーン過ぎる気もしますが、こうやってあうアウトテイク的な作品として聴くとこれはこれで有りかな、なんて思ったり。

リズミカルというよりは一定の波長のように鳴り響く、パイプ(?)を叩くような音色のパーカッションが印象的なM-3「Counting」。Electoric Violin演者としてSteve Binghamがゲスト参加しております。

また、ライブ・ヴァージョンとなるM-4「Carolina Skeletons (Live)」とM-5「All the Blue Changes (Live)」ですが、んっとですね、個人的には何かちょっと拍子抜けしちゃったかな?スタジオ・アルバムにおける楽曲の中の空間の濃密さと相反しながらも存在する隙間、そんなNo-Manらしさがこのライブ・ヴァージョンではどこか隙間やうつろな部分が勝ってしまっているような、厚みがどこか欠けてしまっているかのような?。

そんな感想を持ってしまいながら「All The Blue Changes (Live at the Bush Hall)」の映像作品の方を見たのですが、映像で見る・聴く方がNo-Manのライブは遥かに良いのでは無いかと。普通ライブといえば躍動感だったり汗まみれな盛り上がりなどを連想しちゃいますが、ライブ映像からはそんな熱狂からは二歩三歩引いた、何滴かの狂的な味わいも含まれた静かながらも強い熱量が感じられます。これは良い。2009年8月に発売予定とされているNo-Man初のDVD『MIxtaped』がひっじょうに楽しみであります。swjpboさんトコの情報(news : DVD "Mixtaped" 詳細 - No-Man)によりますと、現在・過去のメンバーへのインタビューやら過去作品のビデオ映像、他マニアさん垂涎なレア映像満載なDVDとなっているようですので、早く手に入れたいものです。

ま、個人的には全く理由は無いけれども今から発売日が延びそうな予感満載な訳ですが(笑)、気長に待つ事にします、楽しみ楽しみ。

関連URL:
オンライン通販サイト:Burningshed 内
 no-man - a confession
 No-Man 通販ページ
Schoolyards Ghostsのマイクロサイト No-Man's 'Schoolyard Ghosts'

Steven Wilson JPBOさんのサイト内
 news : 限定 EP 予約開始 - No-Man
 news : DVD "Mixtaped" 詳細 - No-Man

(以下ブログ内リンク)
No-man / Schoolyard Ghosts
No-Man / Flowermouth

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

動作(BlogPet)

きょうは、模倣されたみたい…
だけど、情報みたいなサポートしなかった。
だけど、kazz12000は披露すればよかった?
だけど、kazz12000はkazz12000で機能するはずだった。
でも、kazz12000と動作したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。

新型「iPhone 3G S」が発表になりましたの巻。

iPod 3G S
もうどなたも知っている事柄だとは思いますが、自分の為の備忘録としてエントリー。

iPhone 3G Sの価格について | SoftBank

GIGAZINE
 ついにAppleが新型の「iPhone 3G S」を正式発表、動作速度が従来の2倍になった上に大容量モデルも
 ソフトバンクモバイルが「iPhone 3G S」の発売を正式発表、気になる価格は?

iPhone・iPod touch ラボ
 ソフトバンクが「iPhone 3G S」の価格を発表?16GBモデルが月額480円から

上記記事より、6月26日(金)から日本全国で発売されるとの事。またパケット定額フルの上限が4,410円になるiPhone for everybodyが新機種でも適応されるので

キャンペーン適用価格
iPhone 3G S 16GB 480円/月 (11,520円)
iPhone 3G S 32GB 960円/月 (23,040円)


になるとの事。

で、これは本体価格だけなのでそこに月々の基本料やら何やら

ホワイトプラン   980円
S!ベーシック    315円
パケット定額フル 4,410円(上限)

が必ず掛かるらしいので、

16GB
480 + 980 + 315 + 4,410 = 6,185円

32GB
960 + 980 + 315 + 4,410 = 6,665円

となると思われます。パケット定額フルは上限で4,410円なので使わなきゃ最低で1,029円から4,410円の間らしいのですが、せっかくiPhone使うなら上限突破しなきゃ意味無いでしょ。でここに固定電話やら他社への通話料がプラスされてくると。なるほど。毎月480円しか変わらないのなら32GBの方がお得感が強いかも。ま、それがなくとも当然32GB狙いな訳ですが。

iPhoneに関しては、“おサイフケータイが使えない”やら“ワンセグが見れない”、“赤外線通信が使えない”やら日本のケータイで出来て当たり前の事が出来ないという評判も聞きますが、ワンセグもおサイフケータイも赤外線もいらない私にとってはあっても無くても関係ない機能であります。今のケータイに赤外線通信機能が付いてるのかさえ知りませんし。

所々の話や噂、イメージなどでSoftBankに対してはあまり良いイメージがなかった訳ですが、もうそれはイイや、脇に置いておこう。あぁ、早く欲しいったら早く欲しい。

テーマ : iPhone - ジャンル : 携帯電話・PHS

The Crimson Jazz Trio / King Crimson Songbook, Vol. 2

King Crimson Songbook, Vol. 2
King Crimson Songbook, Vol. 2
posted with amazlet at 09.06.08
The Crimson Jazz Trio
Inner Knot (2009-04-07)
売り上げランキング: 4421

元King Crimsonのドラマーであり、2007年2月に食道癌で亡くなられたIan Wallaceを中心としたユニットThe Crimson Jazz Trio(以下CJ3)によるクリムゾン・カヴァー集の第2作。

前作『King Crimson Songbook』と同時期に収録されていたようで、ネット上でもVolume Twoのレコーディングも終了していたという情報もあったのですが、I.Wallaceが亡くなった事によりアルバム自体の完成もどこかに消えてしまったのでは無いかと心配していたのですが、2年の時を経て無事にリリースされる事となりました。

Amazonさんで予約注文していたのですが、発売日を過ぎても待てど暮せど届かずヤキモキしていたのですが、この度無事に到着。しかし、発送予定日に2週間くらいの幅があるのは止めて欲しいです。レア・アルバムなどでは無く、一応新品なんですから(笑)。

メンバーは前作『King Crimson Song Book』と同じく、

Ian Wallace : Drumset
Tim Landers : Fretless Bass Guitar
Jody Nardone : Acoustic Grand Piano & Vocals

とトリオ編成、しかも今回のこのアルバムでは元King Crimson同期生であるMel Collinsが“Soprano And Alto Saxophone ”として自らが在籍時にも演奏していた「Islands Suite」と、何と第4期Discipline Crimsonの名曲M-4「Frame By Frame」等の楽曲でゲスト参加しております。

前作をここのブログにエントリーした際には

一聴して、ちょっと姿勢を正しましたよ、マジで。

「ジャズになった??」
by 映画「スイング・ガールズ」より


なんて事を書きましたが、この2ndアルバムではより原曲の解体が進んだように感じられ、曲の途中からパッと聴きでは「これ何の曲だ、コリャ?」となる事がママあります。1stアルバムよりもややもすると原曲を解体するというよりも、ジャズを演奏する中でのいちエッセンスとして取り上げているようにも感じられたり。

ただし、それが原曲を壊す方向のものでは無く、卓越した演奏者がクリムゾンのイディオムを解釈しながらも自由闊達に演ずるモダーンなジャズに仕上がっており、嫌味は無いと思います。むしろカッチョ良いですよ。

また今回のアルバムではM-7からM-10までが「Islands Suite(アイランズ組曲)」としてクリムゾンの楽曲である「Formentera Lady」や「Sailor’s Tale 」がCJ3のオリジナル曲「Press Gang」、「Zero Dark Thirty」等と組み合わされ再構成されております。ここいらへンは聞き所なのでは無いでしょうか。

M-5「Inner Garden」ではこれまでのCJ3のアルバムには無かったピアノ担当J.Nardoneによるヴォーカルも聴く事が出来ます。特に美声とか上手いなどといったヴォーカル・スタイルでは無いと思いますが、押し付け過ぎず訥々と歌い上げるヴォーカルはアルバムの中のアクセントになっているのでは無いでしょうか。取り上げる楽曲も第5期クリムゾンの『THRAK』中のインタールード的な楽曲「Inner Garden」ってトコロが妙にシブい。

もしI.Wallaceが存命であれば、The Crimson Jazz Trioというバンド名ではありますがクリムゾンの楽曲中心のアルバムはこれで打ち止めにして、オリジナル曲を中心にたまにカヴァーを取り上げるなどといった展開も面白そうかなとも思ったのではありますが、i.Wallaceの死によりそれも望めなくなりました。J.Nardoneによるセルフ・ライナーによれば、もしVol.3用にカヴァーするのであれば「Indiscipline」や「Neurotica」、「Larks'Tongues in Aspic」、「The Great Deceiver、「Dig Me」、そして「The Power To Believe」等といった楽曲を取り上げたかったとの事。「Neurotica」や「The Power To Believe」がどのように解体されるのかは聴いてみたかったなぁ。

I.Wallaceの遺作(になってしまうのかな?)である今作、前作『King Crimson Songbook, Vol. 1』が気に入った方はゼヒゼヒ聴いてみて欲しいアルバムであります。もし聴いた事のない方は「21st Century Schizoid Man 」や「Starless」、「I Talk to the Wind 」などといったクリムゾンの有名どころの楽曲が収録されているVol.1を先に聴いた方が良いのではないかと思います。Vol.1のみではありますがiTunes storeにて販売もされておりますのでそこで視聴してみるのも良いかもしれません。

iTunesのへThe Crimson Jazz Trio / King Crimson Songbook, Volume Oneのリンク(↓)
The Crimson Jazz Trio / King Crimson Songbook, Volume One
(クリックするとiTunesが立ち上がります)

関連URL:
オフィシャル・サイト Crimson Jazz trio : Home
オフィシャル・サイト Ian Wallace's Official Website: Home

(以下ブログ内リンク)
The Crimson Jazz Trio / King Crimson Song Book
Ian Wallace Has Died
Crimson Jazz Trioのセカンドが出るようですの巻。

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

ALL CDs(BlogPet)

kazz12000の「ALL CDs」のまねしてかいてみるね

これまでアップするたびに並べ替えてみました。
記事をABC順(The??は常に一番上にした。

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。

Laura Pausini / Escucha

Escucha
Escucha
posted with amazlet at 09.05.26
Laura Pausini
Warner Music Italia (2004-10-26)
売り上げランキング: 119851

イタリアのシンガーソングライターLaura Pausiniによる、ベスト・アルバムなども含めると8枚目となるスタジオ・アルバム。

とは言いつつもいつもながらにジャケ買いをしてしまったアルバムの為、詳細についてはWikipediaを参照いたしました。上のジャケ写を見ても分かる通りに、あまりにオットコ前なその表情とパリッ!キリッ!!っとした切れのある視線にやられてジャケ買いしたものであります。

iTunesに取り込んだ際に「CDDBに二つのアルバム名があるけれどもどちらにする?」なんて聞かれまして、当然アルバム・ジャケットに記載のある『Escucha』というアルバム名を選択しました。Wikipediaで確認してみますと、私が購入した『Escucha』というアルバムは、もともとはイタリア語で歌われた『Resta in ascolto』というアルバムをスペイン語で収録し直したもの、らしいのであります。一聴して「イタリア人っぽい名前だけれども、どう聞いてもラテン系の歌詞だよなぁ?」なんて思っていましたが、やはりそうであったようです。

ジャケからも容易に想像出来るような、擦れた味わいのあるヴォーカル・スタイル、ミドル/スロー・テンポのバラード曲やロック調の楽曲、ポップな楽曲等々、バラエティ豊かなアルバムに仕上がっていると思います。また、M-11「Mi abbandono a te」はMadonnaの曲のカヴァー。それぞれがスペイン語に翻訳され歌われているので、ラテン系の言葉の抑揚が加わっているのでイタリア・ヴァージョンとはまた違ったものになっているのでは無かろうかと思われます。

このように同じアルバムでそれぞれの言語で歌い直してアルバムを作るといったものは、広東語と北京語ヴァージョンのあるFaye Wongなどで見知ってはいたのですが、日本に住んでいる身としてはなかなかに不思議な感覚であります。

関連URL:
オフィシャル・サイト Laura Pausini - Official Website - Sito Ufficiale 
Wikipedia Laura Pausini
Wikipedia ラウラ・パウジーニ

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。