スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩化(BlogPet)

きのうは塩化すればよかった?

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。
スポンサーサイト

「日よけ:「フラクタル」共同開発 京大や京都八幡高など」の巻。

sier2.jpg
上記画像は公式サイトから

Slashdot経由毎日jp(毎日新聞)の記事から。

Slashdot:「フラクタル日よけ」、京大の研究者らが開発
毎日jp:日よけ:「フラクタル」共同開発 京大や京都八幡高など

京都大大学院人間・環境学研究科の酒井敏教授(51)と京都府立京都八幡高校、積水化学工業が、木陰並みに涼しい日よけの共同開発に成功した。塩化 ビニール製の三角形の素材を組み合わせたもので、その幾何学的な形から「フラクタル日よけ」と命名。京都八幡高の屋上などに設置し、実用化に向けて研究を 重ねている。

 さまざまな形の日よけを作り地表温度の測定を繰り返した結果、「フラクタル」が一番効果的と分かった。屋根で完全に覆うより温度が下がり、冬は逆に放射冷却を防いで寒さを和らげるという。

(毎日jpより引用)

つまりは屋根を1枚板では無く、フラクタル上に組み合わせた板にする事により、日差しも遮ながら風も通してしまおうと。こういう風にフラクタル形状をまんま現実世界に応用しちゃおうってのが大胆で面白いかも。フラクタルって何ぞや?という方はフラクタル日よけの公式サイト中のこのページを参照してみて下さい。

フラクタル日よけ:フラクタルとは?

上のページ中にも解説されているシェルピンスキー四面体を組み合わせたものが屋根になっているようです。

ただ、「雨風はどうすんの?」とか「それだったら板を『ー_ー_ー_ー_』と組み合わせりゃ同じじゃないの?」とかは言っちゃダメなんだろうなぁ、研究をした結果なんでしょうし。
フラクタルっていうとしち面倒臭いイメージはありますが、こうやって現実世界に色々と応用されているんですな。面白いものも考えられそうな気も。

公式サイトは以下のアドレス。

関連URL:
フラクタル日よけ

テーマ : 科学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

ALL CDs(BlogPet)

kazz12000の「ALL CDs」のまねしてかいてみるね

これまでアップしましたエントリーは「T」の項)にした。
記事をABC順(The??は常に一番上にしましたエントリーをABC順(The??は常に一番上に並べ替えていきます。

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。

ブルーベリーラガーを買ってみましたの巻。

IMG_3078.jpg
先日のお盆休みの時に那須ガーデンアウトレットなる所へ出掛けてきました。流石お盆休みという事もあって道は混み混み、帰りに時間で帰ってこられた距離が行きは4時間も掛かりやんの、ギャフン。

ま、それは良いんですが、那須ガーデンアウトレット内のブルーベリー商品の専門店、那須ロイヤルベリーズ ファームに寄った際に、ブルーベリーラガーなるものを発見。ビール好きな私からすれば買わなきゃイケない代物と思い、即購入してみました。ビンをよく見てみると発泡酒になってるんですね。てっきり第3のビール系のリキュールとかかと思ってました。

IMG_3077.jpg

家に帰ってきて早速コップに注いでみたのですが、おぉ、泡までピンク紫な色!

IMG_3080.jpg

飲んでみた所、....ん??、ベリー系の酸味がありますな。ベリー系の酸味と香りが際立っていてビール(この場合は発泡酒か)の苦味やら味わいは薄いかも。ビールの苦味がちょっと苦手、なんていう女性の方には飲みやすいかもしれません。

ショップにはこのブルーベリーラガー以外にもブルーベリーの酒や焼酎なんていうのも並んでいましたので、今度行ったら行ったでやっぱり買っちゃって、「....んん??、酸っぱめかな」なんて同じ感想を持つんでしょう、私は。学習しない私(苦笑)。

あ、そうそう、発泡酒や酒ばかりでなく、普通にジャムやらゼリー、黒酢やら何やらといった普通の(笑)ブルーベリー商品も並んでいましたよ。

関連URL:
那須ロイヤルブルーベリー


テーマ : ビール - ジャンル : グルメ

「King Crimson / In Concert Tokyo 1995 [Import] [from US]」とはなんぞ??の巻。

Amazonで何の気なしに“King Crimson”で検索をかけていた所、以下のようなアルバムが引っ掛かりました。

In Concert Tokyo 1995
In Concert Tokyo 1995
posted with amazlet at 09.08.19
King Crimson
(2009-08-18)
売り上げランキング: 3243


最初「...んん!?」と思ったのですが、KCCC(King Crimson Collectors' Club)のアルバムでも無さそうですし、かといって正規アルバムでも無いようですし、本家DGM Shopへ行ってもこのアルバムの販売は行われておりません。

...これってブートじゃね?

そう思いググってみました所、ぷろぐれ者がゆく!さんのブログがヒットいたしました。

In Concert Tokyo 1995 の続報

Nakano Sun Plaza, Tokyo, Japan
October 5-6 1995


とのこと。日付からもDVD『Deja VROOOM』のものと一緒ですし、どこからかマスターテープが流出したか、まさかDVD起こしって事は無いよね?どちらにせよ、あからさまに権利関係を吹き飛ばした海賊版に限りなく近いシロモノ臭いので、当然の事ながら購入は見送り。

実は昨日(8月18日)発見した際には「1点の在庫あり」になっていたのですが、今日になって再確認した所、「一時的に在庫切れですが、商品が入荷次第配送します。」になっておりました。しかしAmazonさんもこういうアルバムを売るのね。

テーマ : 最新音楽ニュース - ジャンル : 音楽

Lacrosse / Bandages For The Heart

Bandages For The Heart
Bandages For The Heart
posted with amazlet at 09.08.18
LACROSSE
Tapete Records (2009-05-01)
売り上げランキング: 197125

スウェーデンはストックホルムの6人組バンドlacrosseの2ndアルバム。

多くの方が同じ感想を持たれると思うのですが、ジャケが可愛えぇ。山の麓にある湖(?)・海の上で涙をポロポロと流しながらボートに佇む熊さんの絵柄、これだけで「買わなきゃッ!!」となり、即購入。その状況設定はよく解りませんが、良いジャケットだなぁ。

で、聴いてみたのですが、私が聴くにはキラキラと眩し過ぎるくらいに眩しいギターポップ、洋盤を買った為歌詞の内容までは詳しく確認しておりませんが、全体的にちょっぴり甘酸っぱめで、だけれどもオール・ハッピー!でもたまに薄いブルーもあるよ、な勢い満々。ヴォーカルは男女混成で特に女声ヴォーカルはロリでは無い子供声でバリ・ヘタウマな感じ。好みが分かれる声質、ヴォーカル・スタイルじゃないかな。

なんだか日頃聴いている音楽とはまるで方向性の違う音楽な為、日陰で大人しくしていた所を無理やりピーカンの青空の元に連れ出されちゃったような感じで眩し過ぎて直視出来ませんってな感じ(笑)。でも今風で若い世代の為のスウェディッシュなポップ・アルバム、面白いと思います。

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

購入(BlogPet)

きょうはkazz12000で購入ー!
だけど、きょうすずしろは電波っぽい関連♪

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。

エントリー(BlogPet)

すずしろがぶりみたいな断定した?
それでkazz12000はA版っぽいエントリーした?
それでkazz12000とエントリーに決定♪

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。

Judy Dyble / Talking With Strangers

Talking with Strangers
Talking with Strangers
posted with amazlet at 09.08.04
Judy Dyble
Ais (2009-06-09)
売り上げランキング: 45741

ex.Fairport ConventionでKing Crimsonの前身でもあるGiles, Giles and Frippにも合流していた事もあるJudy Dybleの3年ぶりとなる4thアルバム。

今作の話題としてはNo-manの片翼Tim Bownessがほぼ全ての楽曲で作詞/作曲を務め、ボーカルやコーラスでも全面的に参加&Co-Producerとしても関わっております。共同プロデュース作となっており、もう1人のCo-ProducerはAlistair Murphy(Cromer Museum)。

ゲスト陣も(ある方向性で)豪華な顔ぶれとなっておりまして、King Crimson組からはIan McDnald(ex. King Crimson、Foreigner)、Robert Fripp、Pat Mastelotto(King Crimson、KTU、TU)、他にもJacqui McShee (ex. Pentangle)、Simon Nicol(ex. Fairport Convention)、Celia Humphris(ex. Trees)それにしてもex. All About EveなJulianne Reganの名前は久々に見ました。

私の持っている前作、前々作と同じようにフォーク、トラッド色の強い作品が並んでおりますが、Co-Producerとしても名を連ねているT.Bownessのコーラスが要所要所で挿入されており、それがアクセントとなり面白い響きとなっております。ただ、私がNo-Manなどで聞き慣れ過ぎてしまっているせいか、T.Bownessのコーラスが聴こえてくるとJ. Dybleのヴォーカルを喰ってしまうというほどでは決して無いのではありますが、耳がそちらに引き寄せられてしまい何だか変な感じ。なんて言いましょうか、合わない事は無い、むしろ美味しいんですがミスマッチな代表「いちご大福」みたいな感じでしょうか?(←??)

ほとんどの楽曲でJ.DybleとT.Bowness、A. Murphyによる楽曲となっていますが、M-3「C'est La Vie」は“Lake / Sinfield”になっていますが、これはEmerson Lake & Palmer『Works, Vol. 1』からのカヴァーかしら?『Works, Vol. 1』は聴いた事が無いため、原曲は知らないんですよね。

このサイト的に注目しなきゃイケないのがRobert Frippがゲスト参加しているM-7「Harpsong」、4?6分程度の楽曲が並ぶ中19分を超える大作となっています。トラッド色の強いメロディとJ.Dybleのフォーキーで輝度の低く震えるようなヴォーカルがメインとなっているのですが、曲の途中でガラッと曲調が変わり各ソリスト達のソロが挟まり、再びヴォーカル・パートへと戻っていくという形式、メイン・テーマとインストゥルメンタル部分に有機的な繋がりが少ないように感じられ、それぞれがパーツ、パーツに聴こえてしまうのがちと残念かも。でも、まぁ何だか久々に古な“プログレッシブ”な曲を聴いた気がします。Robert Frippは「Gutar and Soundscape」となっていますが、Soundscapeはもちろん分かりますが、ギター・パートは地味にそれっぽくもあるのですが断定出来るほど記名性のある音色でも無いような?

全7曲、42分強と今日では短めのアルバムではありますが、古き良きトラッド/フォークにスパイスとしてのプログレ風味が合わさった好盤なんじゃないかと思います。



ところで。

このアルバムはまぁどこから買っても良かったのですが他にも買うものがあったのでそのついでにBurning Shedから購入しました。Porcupine Tree、No-Man関連でいつもいつもお世話になっているSteven Wilson JPBOさんトコのエントリー「news : Tim Bowness 関連情報 - No-Man」を見てみますと、

最初のプレス1,000枚にはナンバーを打ち、さらにその500枚には Dyble / Bowness / Murphy のサインを入れるそうです (サイン入りの盤は Burning Shed に250枚割り当て) 。


との事。気になって自分の盤も見てみたのですが、これの事なのかな?

[Judy_Dyble]Talking_With_Strangers_02
全体図(左上:Judy Dyble 左上2:Tim Bowness 右下:Alistair Murphy)

[Judy_Dyble]Talking_With_Strangers_03
拡大図(見にくいですが、中央上左寄り:Judy Dyble 中央の中央左寄り:Tim Bowness ...だと思います)

と、もう一つ。
Burning Shedから無事届き、いつものようにiTunesでリッピング→iPodに転送して聴いていたのですが、ふとアーティスト名の所を見てみますと

「Judy Dyble and Judy Dyble and Judy Dyble and Judy Dyble and Judy Dyble and Judy Dyble and Judy Dyble」

となっちゃっております。なんだコレ?。何回も言わなくっても分かるよ!

iTunesに取り込む際にはCDDBに自動接続してアルバム名やらアーティスト名やらが自動的に入力されるのですが、最初にそれを入力した人が何だかおかしな事をやっちゃったのか?どんな意図でやったのかがまるで謎であります。



関連URL:
オフィシャル・サイト Judy Dyble 
MySpace Judy Dyble

(以下ブログ内リンク)
Judy Dyble / The Whorl

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

ALL CDs(BlogPet)

kazz12000の「ALL CDs」のまねしてかいてみるね

これまでアップしました。
記事をABC順(The??は「T」の項)にするたびに並べ替えていきます。
2006/12/12/12/12/21このエントリーをアップするたびに順次改定しましたエントリーをABC順(The??は「T」の項)に並べ替えていきます?
2006/21このエントリーは「T」の項)に順次改定した。
記事をアップするたびに順次改定してみましたエントリーをABC順(The??は「T」の項)にする事にしました!!
2006/21このエントリーは「T」の項)にするたびに並べ替えていきます。
2006/21このエントリーは「T」の項)にしてみましたエントリーは「T」の項)に順次改定しましたエントリーをアップするたびにする事に順次改定しました♪
記事をアップした?
記事をアップしたエントリーは「T」の項)にする事に並べ替えてみましたエントリーをアップしてみました?
2006/21このエントリーをABC順(The??は常に一番上に並べ替えていきます!!

*このエントリは、ブログペットの「すずしろ」が書きました。
カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。