スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「King Crimson Line-Up」の巻

King Crimsonの編成も今2015年現在の時点でLine-Up 8となっておりまして、増え過ぎちゃってファンとしてはあるまじきなんですが、「あれ、あのアルバムはいつだっけ?」なんて混乱する事もしばしば。そんな訳で個人的備忘録としてこれまでのLine-upをアルバムと共にまとめました。

【↓OPEN】
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

King Crimson / Live at the Orpheum

Live at the Orpheum
Live at the Orpheum
posted with amazlet at 15.12.30
King Crimson
Discipline Global (2015-01-20)
売り上げランキング: 1,930


2008年に頓挫したLine-up 7から6年、トリプルドラム編成、Mel Collinsの復帰となったLine-up 8による2014年9月30日、10月1日のライブからからピックアップ・編集されたライブ・アルバム。

King Crimson line-up 8
第8期クリムゾン

Live at the Orpheum (2015)
ライブ・アット・ザ・オルフェウム (2015)

Album
1 : Walk On: Monk Morph Chamber Music
2 : One More Red Nightmare
3 : Banshee Legs Bell Hassle
4 : The ConstruKction of Light
5 : The Letters
6 : Sailor’s Tale
7 : Starless

Personal :
Pat Mastelotto : Drums
Bill Rieflin : Drums
Gavin Harrison : Drums
Jakko Jakszyk : Guitar & Voice
Robert Fripp : Guitar
Mel Collins : Saxes & Flute
Tony Levin : Basses & Stick



誰もが感じるところではありますが、とにかく収録曲・時間が短い!2014年9月当時のライブでは通しで18曲前後演奏しており、いつも通りライブを発表するだけであればDGMでダウンロード販売すれば事足りますし、ファンの皆様も懐かしの楽曲達を聴く事が出来てものすごく笑顔になってお終い。となるはずですが、何らかの意図が強烈に感じさせる曲目、曲数。

ちなみに2014年9月30日のセットリストをSetlist.fmから検索してみましたところ、

Setlist.fm
King Crimson Setlist Sep 30 2014

1 : Larks' Tongues in Aspic, Part One
2 : One More Red Nightmare
3 : VROOOM
4 : Coda: Marine 475
5 : A Scarcity of Miracles
6 : Pictures of a City
7 : Level Five
8 : Banshee Legs Bell Hassle
9 : The ConstruKction of Light
10 : Red
11 : The Letters
12 : Sailor's Tale
13 : Interlude
14 : The Talking Drum
15 : Larks' Tongues in Aspic, Part Two
16 : Starless
Encore:
17 : Hell Hounds of Krim
18 : 21st Century Schizoid Man

まぁ、パッと見たところトリプルドラムによる間奏曲的な新曲が2曲(「Banshee Legs Bell Hassle」、「Hell Hounds of Krim」)とまさに間奏曲の「Interlude」があるのみで、他は1stから『The ConstruKction Of Light』までの楽曲がオールタイム・ベスト的に並べられています。これを通しでライブ・アルバムとして発表した場合にはやはり懐古的な楽曲群、よくある集金用ライブ&ライブ・アルバムと思われる懸念がある事は重々承知でしたでしょうし、R.Fripp御大の中ではKing Crimsonが後ろ向きな回顧バンドではなく未だに前に進んでいる存在である、その事を誤解して欲しくないという気持ちがこのライブ・アルバムの選曲・曲数だったのかも?なんて邪推してみたり。

観客の歓声からT.Levinのアップライトベースの弓弾きとM.Collinsのフルートによる即興的な演奏からアルバム『Islands』のラストのリハ風景をなぞったかのような演奏に移行するM-1「Walk On: Monk Morph Chamber Music」、『Islands』ラストをそのままテープで流しているのかと思ってました。

M-2「One More Red Nightmare」はKing Crimsonとしてライブ・アルバムに収録されるのは初となる楽曲。この編成の肝となるトリプル・ドラムが前面に出され、かつM.Collinsのサックスが全編でブリバリと吹き散らかされている(←もちろん褒め言葉)などといった編曲が為されている為、だいぶ原曲とは手触りが違うものとなっています。中間部のM.Collinsのソロもひどくカッチョ良い。

M-3「Banshee Legs Bell Hassle」はG.Harrisonの手によるドラム/パーカッションによる次曲への橋渡し的な一曲。『THRAK』の「B’Boom」のようにR.FrippのSoundscapeが絡んでくるともっとらしくなるんじゃないかな、なんて思ったり。

M-4「The ConstruKction of Light」はもともと2部構成だった原曲を前半インストゥルメンタル部のみにしヴォーカル部をバッサリと切り取ったもの。原曲には無かったM.Collinsのフルートが入っている事も含め、初めて聴いた時には何かの間違いなんじゃないかと思ったぐらい違和感を覚えましたっけ。ポリリズムなギターによる螺旋を描くような掛け合いに多層的なアタックで絡んでくるドラム陣、そこへ切り込まれるフルート、サックスなど過去となる時期の楽曲に新鮮な味わいを持たせた楽曲だと思います。

Line-up 2の楽曲M-5「The Letters」やM-6「Sailor’s Tale」が40年以上の時を隔ててここで演奏されるのは、Line-up 3やLine-up 5などでも演奏された「21st Century Schizoid Man」以上にグッと来る感慨深いものでした。Jakkoのヴォーカルは「The Letters」のようなKing Crimsonの女性的な繊細なヴォーカル曲には合っているように感じましたが、反面多くの男性的・暴力的な側面を持つような力強さにを持つ楽曲ではちょっと物足りない感が合ったり。続く「Sailor’s Tale」ではシンバルの音から特徴的なベースとドッタンバッタンするドラムへと続き、そこから展開されてゆくギターとサックスの掛け合いの応酬、これはやっぱり格好良い!

そしてラストにはやはりこの曲を持ってくるのであろうM-7「Starless」、この曲だけは演奏してくれるだけで痺れます。頭の特徴的なR.Frippのロングトーンなギターの音色からラストの滑走へはあっという間に過ぎていく体感時間の短さ。ラストの盛り上がりの時のR.Frippのギターソロの音が小さめ?とかちょっとした事はあるのですが、たいした事ないです、そんな事なんか。

ファンとしてはこんなチラ味でしかないアルバムであっても出されちゃえば嬉しいには違いないんですが、やはりフル・ライブ・アルバム、もしくは望みは少なそうですがこの編成による将来のスタジオ・アルバムへの過渡的なライブ・アルバムでしかないとは思います。ここから2014年後半のツアーから2015年の日本も含むツアーへと至り、2016年も9月からヨーロッパ・ツアーがあるようですが、以前の発言からスタジオ・アルバムは作らず、ライブのみ行うと言っていたようです。が、しかし。このトリプル・ドラムを取り入れた編成やこのアルバムで出されたなぞ掛け、云々etc.., etc..を新作オリジナル・アルバムでバシッと回答して〆てもらわないと締まるものも締まらんってもんです。

…って事で、新作を是非ともよしなに(祈)。

関連URL
オフィシャル・サイト DGM Live!

以下ブログ内リンク
頓挫したLine-up 7の(現在のところ)唯一のライブ・アルバム
August 07, 2008 Park West Chicago, Illinois

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

King Crimson The Elements tour 2015 12/10に行ってきましたの巻。

151210_The _Elements_of_King_Crimson_Tour_in_JAPAN_2015_チケット

そんな訳で今度は10日のライブへに行ってまいりました。初日では久々の来日公演+M.Collinsの参加でリブートされた過去曲満載なライブ+それに加えてトリプル・ドラム?!なんていう、情報量がオーバーロードし過ぎる中での観覧だった為、興奮し過ぎてまさに「何が何やら??、でも良かったーー!!」ってな感じでしたが、中二日空けた10日のライブは割とじっくり観る事が出来ました。…、いや、やっぱり興奮してたな(笑)

渋谷オーチャ−ドホール1階席の13列目右ブロックだったのですが、Fripp御大仰るところのフロントラインたるトリプル・ドラム、向かって右側のG.Harrisonも左側に位置するP. Mastelottoも見たいし、当然中央のB. Rieflinもだし、バックラインの4人も見たいしだった為、首を振る振る、落ち着かない事この上なし。実は最前列だったり一桁列目などよりも、1階席でも後ろ側のブロックや2階席の方が俯瞰的に見る事が出来て良席だったのでは?なんて思いました。贅沢な話ではありますが。

Jakkoの独唱+ギターが爪弾かれるPeaceから始まり、いきなりの新曲3連発Radical〜からMeltdown、世界初お披露目なRadical 〜IIへの流れ、ここでもうね、痺れますた。会場には聞こえないうちから小刻みに奏でられるR.Frippのギターリフから始まりトリプル・ドラムやM.Collinsらが絡みあうRadical〜はヌーヴォー・メタル6期からの進歩系でしょうし、良メロなMeltdownもしかり、『The Power to Believe 』の「Fact of Life」が現行フォーマットでいったんバラされて展開されたようなRadical IIなど、A.Belewが在籍していた6期からの地続きな部分も多々ありながらもさらにその先へ進もうとしている意欲作なのではないでしょうか。当初このラインナップではライブのみを行いアルバムは作らないなんて話もありましたが、これだけの強者のメンバーが揃い意欲もあり新曲もありなところで、ニュー・アルバムを作らないなんて、ホントダメです、お願いします。

来日前後でDGMからは日本初お披露目の曲があるよなんてニュースも流れましたし、もっと新曲が披露されるのでは?って期待もしていたので、新曲が4曲+ドラム・トリオな楽曲だけだったのはホンの少しだけガッカリしたところでした。でも新曲が増えれば往年の名曲たちがライブのセットリストから削られていく訳でそこら辺は痛し痒しなところでもありました。

R.FrippやT.Levinらは明らかに初日よりも調子が良さそうで、手数も多く弾きまくってましたし、トリプル・ドラム隊の勢いも相変わらずスゲェ。演奏はもちろんの事なんですが、それよりも初日も四日目もアンコール終了時に客席にサックスを投げ入れる真似をするM.Collinsのお茶目さんなトコとかね、良い良い。自分のパートが無い時はただのおじいちゃんが佇んでいるように見えるのに、演奏が始まるとアルト・サックスやバリトン・サックス、フルートなどを取っ替え引っ替えバリバリブリブリ演奏しちゃうっていうまさに現役な一線級ってのもスゴい。久々の来日公演だった初日と慣れた頃の四日目を観られて興味深い事しきりでした。

初日では聴けなかったSailor’s Taleが来た時にはテンション上がりまくりましたし、M.Collinsの君が代には嬉しくなりました。初日には聞けなかった新曲Suitable Grounds For The Blues、One More Red NightmareやVrooomなどを演奏されたのにはかなりグッと来ましたが、公演の度にセットリストを変えファン・マニア達が何度も通う、通いたくなるようになっていたところには、あぁ、ちくしょう手のひらで踊らされてる気がする!!、って感想です(笑)。実際に初日では「〜〜ベースのトニーレビンがカメラを構えたら写真撮影オッケー」なあくまでもT.Levinの為に設けられたかのような謎ルール全開なアナウンスが流れた際は会場からはドドッと笑い+歓声が上がったのですが、10日にはかなり少なかった気がしました。ネット情報も当然合ったのでしょうが、リピート客もかなり多かったのでは?

151227_151210_KC_Pict.jpg


そうそう、アンコールからのLarks’ Tongues In Aspic Part 1のM.Collinsのソロ・パートでは君が代を差し込んでいましたね、気づいた時には盛大にニヤけちゃいました。Setlisr.fmなどで見ますと他の国の公演時にもその国の国歌、フランスでは"La Marseillaise"でしたり、をソロ・パートに入れているようです。こういう地元に対するファン・サービスって嬉しくなっちゃいますね。

細かい事を言い始めたら山ほどありますが、そんなことはすっ飛ばしてもう本当に見る事が出来て良かった、感謝しかありません。この編成、特にトリプル・ドラムはライブ・アルバム「Live at the Orpheum」ではその意義は伝えきれておらず、ライブでようやくその片鱗に触れる事が出来たと感じました。

その後の東京の追加公演16・17日はあいにく異国の地に行かなければいけない事が決定済みだった為、泣く泣く断念。もし仕事がなければどちらか一日、いや連チャンでも行きたくなる内容でしたね。

今回のワールド・ツアー、ライブ・アルバムもしくはDGMからのダウンロード販売は必ずあるでしょうけれども、願わくば来日全10公演ボックスセットとか、もしくは世界ツアー全xx公演ボックスセットとかを出来れば映像付きで早く出して欲しいです、ここまで来たら最後までお付き合いいたしますので(笑)。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

King Crimson The Elements tour 2015 12/7に行ってきましたの巻。

151207_The _Elements_of_King_Crimson_Tour_in_JAPAN_2015_チケット


そんなこんなでチケットをゲットしてから時はあっという間に過ぎ、とうとうKing Crimson来日公演初日12月7日と四日目12月10日、二日間行ってきました。

初日のライブはほぼオリジナル通りに細やかな音色のさざめきから轟音の騒乱へと至る「Larks’ Tongues In Aspic Part I」から始まり、「Pictures Of A City」へと雪崩れ込みます。開始早々トリプル・ドラムの威力が炸裂しておりまして、そこへR.Frippのギター、M.Collinsの下品なまでに(←褒め言葉ですよ)ブリブリいわせるサックスが絡み、初っぱなからテンションが上がりまくりました、いやはやスゲェ。

ライブの何発目かのハイライトだと思うのですが、Radical Action〜I から Meltdown、日本でリハーサルを行い世界初お披露目となったRadical Action〜IIの新曲の流れはカッチョ良い!そこからLevel Fiveへの流れは極く自然でまるで一体の連作かのよう。

息も吐かせないまま突っ走るかのように次々と繰り出される過去から現在までを横断する楽曲群が続き、ライブも後半も後半、Easy Money - The Talking Drum - Larks’ Tongues In Aspic Part II、アルバム『Larks’ Tongues In Aspic』B面!!グハァ、ここで何度目かのヤラれましたって感じ。そこからのスターレス、言葉もありません。

アンコールのラスト21st Century Schizoid Manは最高過ぎるし、G.Harrisonのドラム・ソロは格好良過ぎるし。

文句が無い訳ではないんですよ、R.FrippとJakkoでダブル・ギターという場面もありましたが、ツインというよりは交代制のようにR.Frippが休んでいる場面も多々あったような?とかT.Levinのベースが特に過去曲では安全運転に徹していて、もっとDiscipline期のように暴れ回っちゃえば良いのに、とかドラムの生音が強過ぎてギターの音色が小さ過ぎたのかな、ギターが聞き取りにくい、とか特に1stアルバムの曲にはトリプル・ドラムはちょっとヤサイ増し増し過ぎ?(二郎風)とか、ね、まぁあるにはあるんですが、やっぱり思い返してみますとトリプル・ドラムにやられ過去作の新曲化にやられ、ここに来て未だに新曲をやっちゃう現役感にやられ、出てくる答えはやっぱり「オール・オッケーー、素ン晴らしい!!」だけです。

アメリカ・ツアーの模様が納められた『Live at the Orpheum』ではトリプル・ドラムの意味とか意義とかサッパリ分からなかったのですが、ライブを観てその凄さに圧倒されました、ホントに。この編成でスタジオ・アルバムを作るにしてもむしろこの凄さをどれほど活かせるのか、逆に心配になるほど圧倒的。この編成でのライブはCDなどのライブ・アルバムでは感じきれないのではないか、DVDで映像として観たとしても半分も感じ取れるのかな?と思います。そんな意味でこのライブを生で観た事が後世に自慢出来るライブだったと本気で思います。あぁ、観れて良かったわ〜。

12年ぶりのライブという事もあり、初日という事もあり興奮しっぱなし、とは言え三日後には再びライブを観られるとか、本人でもよく分からないテンションでした、この一週間は(笑)。

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

King Crimson The Elements tour 2015 2015/12/10 セットリスト

The Elements of King Crimson Tour in Japan 2015
2015年12月10日

12年以上ぶりの来日公演に初日12月7日と10日の二日間観覧してまいりました。

個人的備忘録として12月10日(木)のセットリストをアップしておきます。
DGMのサイトから引っ張ってきたものです。DGMの該当ページへのリンクはここ→
Tokyo Tonight (including Setlist)

King Crimson setlist
Bunkamura Orchard, Tokyo
December 10th 2015



Peace
Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind) I
Meltdown
Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind) II
Level Five
Epitaph
Banshee Legs Bell Hassle
One More Red Nightmare
Vrooom
Easy Money
Hell Hounds Of Krim
Suitable Grounds For The Blues
The Letters
Sailor’s Tale
In The Court of The Crimson King
Starless

Larks’ Tongues In Aspic Part 1
21st Century Schizoid Man



この日の感想などはまた後日にでも。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

King Crimson The Elements tour 2015 2015/12/07セットリスト

The Elements of King Crimson Tour in Japan 2015
2015年12月7日

12年以上ぶりの来日公演に初日12月7日と10日の二日間観覧してまいりました。

個人的備忘録としてまずは12月7日のセットリストをアップしておきます。
DGMのサイトから引っ張ってきたものです。DGMへの該当ページへのリンクはここ→
Tokyo Setlist

King Crimson setlist
Bunkamura Orchard Hall, Tokyo
December 7th 2015



Larks’ Tongues In Aspic Part I
Pictures Of A City
Epitaph
Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind) I
Meltdown
Radical Action (To Unseat The Hold Of Monkey Mind) II
Level Five
Peace - An Ending
Hell Hounds Of Krim
The ConstruKction Of Light
The Letters
Banshee Legs Bell Hassle
Easy Money
The Talking Drum
Larks’ Tongues In Aspic Part II
Starless

Devil Dogs Of Tessellation Row
In The Court Of The Crimson King
21st Century Schizoid Man



この日の感想などはまた後日にでも。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

「ザ・キンクス復活、デイヴ・デイヴィスとレイ・デイヴィスが約20年ぶりにライヴで共演」の巻

amassさんからのニュース
ザ・キンクス復活、デイヴ・デイヴィスとレイ・デイヴィスが約20年ぶりにライヴで共演

ニュース・タイトルを読んで、「おぉっ!!??」と声に出して驚いちゃいました。
まぁ、タイトルのザ・キンクス復活ってのはちと誇大広告かも。弟であるDave DaviesのライブにRay Daviesが飛び入りし「You Really Got Me」を1曲歌ったとの事です。歌い終えるとR.Daviesはすぐにステージから引っ込んじゃったところも、らしいっちゃらしいかも。

髪は薄いわ、容姿は二人ともおじいちゃんだわだし、でもやっぱり二人揃うとステージへの引力が違いそうですな。以前は仲違いしちゃって云々、なんて噂も合ったようですが、キンクス名義で活動してくれると嬉しいなぁ。元気で頑張って欲しいです。ホント。

テーマ : 洋楽ロック - ジャンル : 音楽

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。