スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「New Drummer For KC」の巻。

昨日寝しなにTwitterをつらつらと眺めてましたら驚きのニュースが。

New Drummer For KC

トリプル・ドラムの一角を担うBill Rieflinが長期休暇を取り、代わりにボーンマス出身のドラマーJeremy Stacyが加わるとの事。

Bill Rieflin recently decided to take a sabbatical, a decision supported by all the Crimson Brothers. So, what to do with September performances already sold out?

Both Gavin and Jakko’s first thought was: call Jeremy Stacy. Jeremy grew up in the Bournemouth Scene, where I went to see both Stacy Brothers at Bumbles (a Bournemouth club) in 1981. Jeremy worked with Paul Holman in Wimborne, next door to the former Fripp World HQ. Bournemouth features large in the Crimson world of players: Michael Giles, Greg Lake, Robert Fripp, Gordon Haskell, Andy McCullough, John Wetton and now - Jeremy Stacey.



B.RieflinはSabbaticalって事は「研究[充電]休暇」との事なので脱退では無く、他のメンバー承認の元の長期休暇って事かな。
B.Rieflinはインテリやくざっぽい少々鋭さのある強面(こわおもて)な風貌で、他の二人が暴れるドラミングなのに対して要所要所をキリッと締めるようなスクエアなドラミングが非常に印象的な格好良さで、2015年12月の日本公演では一番注目して見ていました。実はライブではトリプル・ドラムな場面ばかりでは無く、B.Rieflinはドラムから体を背けて横のシンセを操っていたり、それこそ「Admirable Restraint (賞賛に値する抑制)」(←『Starless And Bible Black』中の「Trio」において演奏に直接参加していないBill Brufordを評した言葉)な場面もありましたし。彼がいないと演奏に支障をきたす場面も多々ありそうなので、代わりのドラマー(兼キーボーディスト)っつってもなかなか軽々とは代役って訳にもいかんでしょうし、J.Stacyさんも荷が重そうではあります。

J.Stacyっていうドラマーさんは寡聞にも存じ上げなかったのではありますが、Aztec CameraやEric Clapton、Sheryl Crowらのツアーにも参加したドラマーとの事。DGM Live!の記事の書き方ですと、あくまでも長期休暇中のB.Rieflinの代役のツアー・メンバー的な役割って感じですかね。

B.Rieflinが脱退では無く長期休暇・研究休暇って事ですが、何を行うのかな、病気とかそんなのでなければ良いのだけれど。2015年のライブ・アルバムがでる事は決定しておりますが、私も含めファンが熱望しているであろうオリジナル・スタジオ・アルバムの製作がもしあるとしたら、それも少し遠のいてしまったような?元々Robert Fripp御大も作らないとは言ってましたが、やっぱりあの強烈なライブを観れば期待しちゃいますもの。

B.Rieflinが早く長期休暇を切り上げて、オリジナルなトリプル・ドラム体制になる事を祈っておきます。

そうそう、簡単な記事ではありますが、日本語の記事がamassにアップされておりましたので興味ある方は下記リンクより飛んでみて下さい。



関連URL
DGM Live!
 New Drummer For KC

amass
 キング・クリムゾン 9月欧州ツアーにはビル・リーフリンは不参加、ジェレミー・ステイシーが代役 

Wikipedia
 Jeremy Stacey

スポンサーサイト

テーマ : 最新音楽ニュース - ジャンル : 音楽

「King Crimson 2015 Gig Now Available」の巻。

DGM Liveを日課的に見てみましたら、唐突に現編成クリムゾンの2015年のライブがダウンロード可能になっておりました、ヤッホーー!

DGM Live!
 King Crimson 2015 Gig Now Available

If you don’t want or can’t wait until March or September, you can download King Crimson’s performance at Toronto’s Queen Elizabeth Theatre on November 20th, 2015 today.



とのことで、2015年11月20日カナダ・トロントでのライブ音源、ダウンロード版は2月29日当日からダウンロード可、2枚組CDは3月17日発売との事、即効ダウンロードしました。ま、ホントの事言うとちょっとばかし興奮しちゃって勢いあまってCDの予約販売のボタンは即効ポチっちゃった後にダウンロード版の文字を見つけ、ダウンロード版も購入という、丸被り購入をしちゃったところです。良いんです、実物も欲しかったし、手元に置きたかったし、良いんです(くっそー)

あぁ、早く聞き込みたい!

また記事中では

This autumn, they will be releasing their long-awaited and much anticipated first major album – a comprehensive live release, taking the best performances of each song from the extensive set list (which changes nightly) & also including footage of selected performances. It will be released to coincide with the band’s 2016 European tour, which begins in the UK with two concerts at the Waterside Theatre in Aylesbury on September 4th & 5th, the band’s only UK dates for 2016.



との事ですので、2016年秋のヨーロッパ・ツアーに合わせて、映像も含めたライブ音源を発売するとの事、日本の公演も含まれるのか、はたまたまさか2015年の全公演?を一気に放出するのか、色々気になる(もしくは不安になる)情報ですが、秋を楽しみにしたいと思います。



関連URL
amass
 キング・クリムゾンが現ラインナップ初のフル・ライヴ作品『Live in Toronto - November 20th 2015』をリリース

テーマ : 最新音楽ニュース - ジャンル : 音楽

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。