スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Donald Fagen / Morph The Cat

Morpf_The_Cat.jpg


あのSteely Danの片割れ(ホントはGary Katzも含めて「トリオの一人」って言いたい所)であり中心でもあるDonald Fagenの13年ぶりのソロ・アルバム。

ここんトコロ連続してアルバムを製作してきたSteely Danなんですが、って、ここんトコロって言ってもSteely Dan・スパンで年月を眺めちゃうと短く感じちゃうんですが、93年「Kamakiriad」95年「Alive In America」00年「Two Against Nature」03年「Everything Must Go」と約3年おきぐらいにSteely Dan/Donald Fagen関連のアルバムがでるなんてそれ以前の隠遁状態を知っている身としては、もう「最近良くアルバム出すよねぇ、ダンってば」って感じですよ、えぇ、もう。

で、06年にまたかっていう感じで届けられたニュー・アルバムなんですが、イヤ、「またかっ」って云うのはホントは大間違いなんだけれども。でも「もう出るんだ!ニュー・アルバム!!」って云うのが正直な所。なんだかDan年歴が身体に染みついているようでヤなんですが(笑)。

一聴して「アレッ?音薄くない?」ってのが率直な感想かも。いつも通りな「Steely DanとD.Fagenのソロの区分けはどこ?そもそもこの人が作る音楽は全てが、ジャンルそのものが"Steely Dan"ってジャンルなんじゃないの?」って云うほどのDan節はもちろんあるし、豪華(とかライナーに書いてありますが、スマン一人も知りませんでした)なバック陣による手堅過ぎる演奏もいつものDan/S.Fagenを感じさせるんですが、何だか音が綺麗過ぎるというか抜けが良過ぎて見渡しがいつもに比べて良過ぎるっていうか。

Steely Dan/D.Fagen関連のアルバムだったら全て全肯定しかねない私ですので、耳がおかしくなったのか頭が古臭くなっちゃったのかっていう風に自分のせいにして、このアルバムはもっともっと聴き込んでみるつもりであります。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。