スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kathryn Williams _ Relations

Relations.jpg


何でこのアルバムを買ったかといえば、ちょっとした勘違いからでした。

我が偉大なる天使Kate St.john様のHP「Kate St.John」に

Kate has recently been working with Kathryn Williams doing arrangements for Kathryn's next album due to be released in 2006.

ケイトは最近キャスリン・ウィリアムズが2006年にリリースされることになっているキャスリンの次のアルバムの取り決めをするという状態で、働いていました。

という記事を見て、「これは!!!」って事でAmazonに買いに走った所、2006年のアルバムはまだ出来上がっておらず、売られていたのは過去の過去の作品だけでしたって所から、「ま、これも縁だろ」って事で縁起買いとでも言うのでしょうか、購入してみました。

そんな購入の経緯でしたので、Amazonから届いてからもしばらく放っておいた程の期待値だったのですが、その低い期待値が逆に作用したのか、一聴して「これイイよ?、きっと」と云う意外な印象に。

M-1から聴く事の出来るアコースティックとほんの少しのストリングスをバックに従えK.Williamsのまるで雨が続く午後に囁くような、そんな枯れかけたヴォーカルがもう私の心をグイグイッと掴みました。フォーク畑であるのだろうけれどもそこだけに納めてしまうのはとんでもなく勿体無い声の持ち主だと思います。

事前の情報はKate St.John様以外の情報は無いまま購入したので分からなかったのですが、どうもカヴァー・アルバムらしくそこかしこで見知った曲がチラホラと。特にM-4Leonard Cohen「Hallelujah」は原曲を上回るカヴァーは無いって言い切れるほど確固たる思いを持っている私でもちょっと素敵な出来だと思えるほどの佳曲。もちろん原曲以上とは言わないけれどもね(笑)。

他にもVelvet Underground「Candy Says」やJackson Brown「These days」等も納められています。これらも普通にイイ曲に仕上がっています。

人に奨め回るほどではないけれども時たま聞き返したくなる、そんなアルバムかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。