スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Adrian Belew / Side Three

Side_Three.jpg


「Side One」「Side Two」と続いてきたこのシリーズも3(Three)となりました。Amazonにてようやく購入。

これまでの3作の中でも一番「A.Belewのごった煮」度が強く、良くも悪くも作った曲をアルバムに詰め込んでみました!って感じが強いアルバムと感じました。それが悪い方向に働かずに、3作の中で一番A.Belewらしさが表れているアルバムじゃないかなぁ??

「Side One」に参加していたPrimusのベーシストLes claypoolとToolのドラマーDanny careyが今回は再びM-7とM-8の2曲に参加しているようです。またSideThreeになってようやくR.Fripp御大やMel ColinsといったKing Crimson繋がりのゲストも参加との事。また当時David Bowieのツアー・ギタリストをサポートした縁あってのゲスト参加だったのか、D.Bowieがヴォーカル参加した事でも(極く一部で)評判になったアルバム「Young Lions」に収録されていた「Men In Helicopters」がセルフ・カヴァーといいましょうか、進化系という事なのか「? V4.0」として納められています。

R.Fripp御大の楽器の表記は「Flute Guitar」との事、この人の表記は「Snakeskin Guitar、Somnambulant Guitar(Grid「Evolver」より)」「Pin-Trumpet Guitar、Early 50's Club Guitar(Brian Eno「Nerve Net」より)」とかいっつもこんなんばっかりだな(笑)。

またSide Oneに収録されていた「Beat Box Guitar」や「Ampersand」の別バージョンといえる曲も収録されており、シリーズのトータル感を示そうとしたのかな?

最近はステレオのタイマーで朝の目覚まし代わりにこのアルバムの音で目覚めるのですが、どうもA.Belewのギターで目覚めるのは精神衛生上良くない気がしてならない今日この頃、とても好きなんだけど朝の目覚めの良さとはまた別の話っぽい(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。