スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Paul Simon / Surprise

Surprise.jpg


もちろんBrian Enoが全面参加と云う話を聞いたが為に買ってみました。

ホントに申し訳ない話なんですが、P.Simonさんに関してはSimon & Garfunkelの「The Sound Of Silence」しか知らないと云う、まるで門外漢な私であります。で、一聴した所、「いや、普通に良いじゃない?!」と声に出しちゃいました。何故今まで聴いてこなかったのだろう、俺は?

もちろんこれまでのP.Simonのアルバムを一枚たりとも聴いた事の無い私ですから、今までのアルバムとの比較なんて1ミリだって出来ないのですが、民族音楽や様々なルーツ・ミュージックを辿って一周したアメリカの音楽だなと云うのが感想です。紛れもないアメリカンな音であり曲だと思います。何故こうにもイギリス出身のミュージシャンの音楽との境が出来るんだろう、国民性の違いが如実に出るのかなぁ?

ちなみにB.Eno教授、当初はP.Simonとアルバムを共同プロデュース、なんて噂もあったようですが、このアルバムでは「Sonic Landscape」という役割となっています。前へ前へと出しゃばるタイプのプロデューサーやゲストは大勢いますが、このアルバムでのB.Enoの決して出しゃばる事は無く、しかしアルバムの色合いや雰囲気を変えてしまうその立ち居振る舞いを見るにつけ、この人は空間造りの人なんだなと改めて実感。

お気に入りはM-8「Another Galaxy」、ギターの音色が素敵です。アニメ映画「The Wild Thornberrys Movie」の主題歌でもあるM-11「Father and Daughter」で聴く事の出来るP.Simonの息子Adrian Simonのアディショナル・ヴォーカルがキュート。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。