スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

World Drummers Ensemble / A Coat Of Many Colors

A_Cort_Of_Many_Colors.jpg


もう随分前に買ってあったのですが、今までCDの山の中に埋もれていた為、今日が初視聴。

元King Crimson?現EarthworksのBill Bruford、元Zappaバンド、今はAllan Holdworthバンドの一員として活躍しているChad Wackerman、キューバン・パーカッションの名手(との事らしいです)Luis Conte、そしてセネガルのパーッカショニストDoudou N'Diaye Roseの4人の共演アルバム。収録されている曲たちが演奏されたのには1996年から2005年と10年近い年月の開きがあったりします。

4人ともがドラマー/パーカッショニストという事もあり、収録されている曲全てが太鼓のみで形作られた楽曲になっております。アルバム・タイトル「A Coat Of Many Colors」からも感じられるような、パーカッションだけにも関わらず様々な鮮やかな色で織りなすタペストリーのようにカラフルな楽曲達に仕上がっている1枚。

でも、ホント太鼓音しか無いので民族音楽とかが好きになれる人とかじゃないとキツイかもね(笑)。

なお、CDは今流行りのDual Disc仕様で表がCD面、裏がDVD面となっており、DVD面の方には4人の紹介も兼ねた15分程度のライブ映像のダイジェストが収められております。映像で見るとセネガルのDoudou N'Diaye Roseの太鼓捌きは凄い事になってます。ちょっと必見かも。

DVD面を見た感想としては、このアルバム、っつーか演奏はCDで聴くだけではなく実際にライブもしくはDVDなどでライブ映像を見る方が断然面白そうですね。演奏者それぞれの打撃の間やお互いの掛け合い、呼吸のつかみ合いなどが感じ取れる映像があった方がより楽しめると思います。なのでDual Disc仕様にしたのは大正解、でも映像の収録時間がちょっと少な過ぎかな。

いつも思うのですが、Dual Discって分厚いよなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

tag : Crimson

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。