スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Laura Michelle Kelly / There Was A Time

There_Was_A_Time.jpg


Laura Michelle Kellyのアルバム「The Storm Inside」からのシングル・カット第二弾、らしいシングル・アルバム。

以前のエントリーでは「大絶賛はしないけれども地味に素敵です。」なんて事を書いておりましたが、聴いているうちにジワジワと良くなってきまして今ではウチのiTunesのトップリストに載る位に日々聴いていたりしてます。なんでだろ、正直歌が激ウマ!って訳では決して無いんですがね、う??ん、相性が良いのかなぁ?

そんなこんなで毎日のように聴いていますと、「The Storm Inside」がLaura Michelle Kellyのデビュー・アルバムとは知りつつも他の音源が聴いてみたくなったりするのが人情ってもんです。なのでAmazonで検索を掛けてみますと

Communication [Single] [Maxi] 在庫切れ

となっていたのでもう1枚の方のこのアルバムを購入してみました。iTunes StoreにもあったのですがCDシングルには2曲入っている所がiTSですと表題曲しか入っていなかったのでそちらは見送り。

シングル・アルバムですので入っている曲は2曲、アルバムからのシングル・カットである表題曲「There Was A Time」と、これまたアルバムにも収められている「Numb」のアコースティック・バージョン。

「There Was A Time」はアルバムに収められているバージョンとは違い随分短くカットされており、4分30秒の曲が3分49秒と随分大胆にカットされております。ラジオ・エディットといった所なのかな?曲もバックのアレンジもアルバム・バージョンとは変えられております。

「Numb (Acosthic Version)」はオリジナルよりもゆったりめな曲調で、バックは当然ピアノやアコースティック・ギター、パーカッションなどのアコースティックな楽器達によって支えられています。アコースティック・バージョンということで余計なものが削ぎ落とされて、よりヴォーカリストの声の本質に迫るという楽曲になってしまうのですが、ここでも私はこの人の歌は絶賛するほど上手いとは感じなかったのが正直な所です。でも、前述したように相性なのかなぁ、この人の声の入った楽曲は好きなんですよね、人には説明し難い(苦笑)。

しかし、Amazon経由とはいえアメリカからシングルを1枚だけ買う事になるとは以前では考えられなかったですよ(笑)。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。