スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Faye Wong / 將愛(Cheung Oi)

Cheung_Oi.jpg


フェーイ・ウォーン!!

とりあえず叫んでスッキリした所で。
約二年ぶりとなるfaye Wongの最新オリジナル・アルバム。最近はレーベル移籍の関係かベスト盤を乱発していたようで、オリジナル・アルバムが出て一安心。

...って日本で聴こうとしたら一安心では無いんだけれども。

まず、Faye Wongの現在のレーベルはソニーミュージックのはずなのですが、日本国内盤の発売は今を持っても未定。どういう事?そこで困った時のAmazonなんですが、なぜかAmazonには在庫がなかった為、HMVのネット通販にて購入。しかも台湾盤。意味が分からん。まぁ聴けるから良しとしましょう。

Faye Wongの魅力は何と言ってもその歌声の美しさなんですが、今回のアルバムを一聴して感じた事は、良い意味で(悪い意味も少し含めて)枯れてきたのかな?って事。枯れてきたっていう表現はしっくりこないな、円熟とは違う落ち着きが出てきたというか何というか。

しかしその綺麗な歌声とそれを生かしたヴォーカル&ハーモニーの良さはこのアルバムでも変わりません。

アルバム出だしのM-1ではパワー・ポップかと思うかのようなリズム隊とFaye Wongの強い歌声。ちょっと浮いてるか?

M-2では一転してピアノをバックに耳元で囁くかのような歌声を聞かせ、そこにストリングスが絡んでくるといった、シンプルな構成だからこそ歌声が際立つ一曲。M-3やM-7もfaye Wongの歌声を楽しめる逸品。

また打ち込み系を多用したM-9やラテン・ミュージックの要素を取り入れたM-10など興味深い曲もあります。これもまたイイ。

前作のロック然とした手触り感が今作では後退して、全体的にしっとりしたムードが漂っています。ただひたすらにFaye Wongの紡ぎ出す世界に浸る事が出来ます。こんな良いアルバムの国内盤を出さないソニーミュージックは厳罰に処したい気分です、プンスカ。

と、ニコニコしながらこのアルバムを聴きつつ、ネット・サーフィン(←この言葉って今でも使うのか?)していると、5月10日にはHMVで『將愛』のアルバム+MTVやTVが収められたDVDのスペシャル・パッケージが出るらしいとの情報を見つけました。なら最初からそっちを選べるように通常版とスペシャル盤を同時に出せよ?!!バカ?!!

まぁイイや、また買おう。
スポンサーサイト

テーマ : アジアン・ポップス - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。