スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

King Crimson / Lizard

Lizard
Lizard
posted with amazlet at 08.12.02
King Crimson
WHD (2005-09-27)
売り上げランキング: 96139

より「Fripp,Sinfield & The Guest」的色合いを強め、多数のゲスト参加によって成り立つアルバム。K.Tippettらジャジー組が幅を利かせ、楽曲にも大きく貢献している。

King Crimson Line-up 2
第2期クリムゾン

Lizard : リザード
3rd album : 1970

Side A
1 : Cirkus : サーカス
Including Entry Of The Chameleons : カメレオンの参上
2 : Indoor Games : インドア・ゲームズ
3 : Happy Family : ハッピー・ファミリー
4 : Lady Of The Dancing Water : レディ・オブ・ザ・ダンシング・ウォーター

Side B
1 : Lizard : リザード
(a)Prince Rupert Awakes :  (a)ルーパート王子のめざめ
(b)Bolero-The peacock`s Tales : (b)ピーコック物語のボレロ
(c)The Battle Of Glass Tears : (c)戦場のガラスの涙
Including
(I)Dawn Song : (I)夜明けの歌
(II)Last Skirmish : (II)最後の戦い
(III)Prince Rupert`s Lament : (III)ルーパート王子の嘆き
(d)Big top : (d)ビッグ・トップ

Personal :
Robert Fripp : G,Mellotron
Mel Collins : Flute,Sax
Gordon Haskell : Vo
Andrew McCulloch : Ds
Pete Sinfield : Words
Robin Miller : oboe
Mark Charig : Comet
Nick Evans : Tb
Keith Tippett : Kd
Jon Anderson : Vo

 ...と、色々書かなきゃイカンとは思うのですが、いかんせん、このアルバムに関しては私自身10回以上聴いたんですが、全く、ホントにこれッぽっちも興味が持てませんでした。よく、「このアルバムがいちばん好き」っていう評を見かけるんですが、私にとってはクリムゾンとしての価値を見出せないアルバム。よって、これ以上の紹介はなし。

 R.Frippによるライナーでは「?何度も聞き続ければ、24回目には打ちのめされる」ように作ってあるとのことなんですが、ゴメンナサイ、お腹いっぱいです(苦笑)。



2006/12/15 追記
改めてこのアルバムを聴いてはみたのですが、やっぱり肌に合わないです、誠にスマン。

しっかし、Jon Andersonという人はYesのどんなアルバムでも自分のソロ・アルバムでもゲスト参加したアルバムでも見事に自分色に染め上げてしまいますな。この人のハイ・トーン・ヴォイスを一瞬でも聴いちゃうと、「...フゥ、辺りはもうすっかり秋、ではなくてYES色ね」みたいな感じで、そういう意味では濃ゆ?い個性を持っている特異なヴォーカリストでしょう。使い方要注意、ではなく使うと間違いなくYES色もしくはJ.Anderson色に染め上げられてしまう気がします。

何でR.FrippはJ.Andersonをゲストに呼ぼうと思ったんだろう?そんなにG.Haskellのヴォーカルが気にくわなかったのか?なら最初から呼ばなきゃ(以下略)

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。