スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Brian Eno / Another Green World

アナザー・グリーン・ワールド
ブライアン・イーノ
EMIミュージック・ジャパン (1996-07-24)
売り上げランキング: 39459

ヒリヒリと神経を逆撫でされるような、よじれたポップさが全開だった前作『Taking Tiger Mountain (By Strategy)』から一転、ポップ的語彙から一歩引き下がり、後のアンビエント・ミュージックへの移行を予期させる、深い霧の中のような音空間が繰り広げらる珠玉の一枚。

Another Green World (1975)

1 : Sky Saw
2 : Over Fire Island
3 : St.Elmo's Fire
4 : In Dark Trees
5 : The Big Ship
6 : I'll Come Running
7 : Another green World
8 : Sombre Reptiles
9 : Little Fishes
10 : Golden Hours
11 : Becalmed
12 : Zawinul/Lava
13 : Everything Merges With The Night
14 : Spirits Drifting

P.Jonesの蛇がのたくり回るようなベースとEnoが鋸のようなギターに導かれて始まる“Sky Saw”から始まり、不安を際限なくかき立てられるような、まさに後に発表される「Music For Films」に入っていてもおかしくないような映画音楽的な“Over Fire Island”、“In Dark Trees”、“Another Green World”等のインストゥルメンタル曲達、ポップでいながらも全く浮つく素振りも見せず飄々と、そして時折鋭角なサウンドが奏でられる“I'll come Running”や“Golden Hours”等のヴォーカル曲。

 半分以上がインストゥルメンタルの曲で占められていますが、それらの合間合間にフト顔を覗かせる艶のあるEnoのヴォーカルとのバランスが非常に優れていて、Enoが後に傾倒していく事となる『アンビエント・ミュージック ?環境音楽? 』の世界観をロックやポップなどのボキャブラリーをもってして作り上げしまったこのアルバム、まさに名作だと思います。

 このアルバムは何といっても、M-3「ST. Elmo's Fire」にトドメをさすのでしょう。艶やかで丸みを帯びたEnoのヴォーカルに、まるでこのギター・ソロを使いたいがためにこの曲が作られたとしか思えないRobert Frippのギターが絡みつき、螺旋状に上り詰めていく様は、もう美しいとしか言いようが無いです。

 この曲の後半はほぼR.Frippのギター・ソロに焦点が当てられ、って言うかもうそれのみ。またこれがR.Frippが自分のパーマネント・バンドであるKing crimsonでは抑え気味なギターをそれこそ惜しげも無く弾きまくる様には、ファンならずともイキまくる事請け合い。

 この曲を聴くためにこの一枚を買っても、惜しくない...はず。



2006/12/28 追記

以前書いたエントリーでは「惜しくない...はず。」なんて書きましたが、惜しい筈ありません、むしろマスト・バイなアルバムです。今の時代に聞いても全く古びていない...なんてよく聞く言葉ですが(笑)、まさにその通りで当時においても現代においてもこのアルバムで示される実験的且つ普遍的なポップ/ロック・ミュージックへのアプローチは今でも色褪せていないと断言します。

音響系やテクノ/アンビエント好きはもちろんの事、ロックやポップ好きな人にも是非聞いてもらいたい1枚であります。

Brian Enoの事ならばココといつも参考にさせてもらっている「ENO:ENO」さんの掲示板の過去ログを色々遡って読んでいたところ、Brian Enoの希代の傑作「Another Green World」のジャケ絵のオリジナルのアドレスが貼り付けてあるのを発見いたしました。

それがココ。

Tom Phillips: Paintings & Drawings: The Golden Section (After Raphael, etc.)

グハ??、スゲェ!!

あの絵をこのアルバムのジャケット(↑上のジャケ参照)のようにトリミングしていたとはちょっと驚きました。

他にも興味深い作品が多いので、興味があれば是非行ってみるヨロシ。

関連URL:The Tom Phillips Web Site

犬壱さんのサイト ENO:ENO

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。