スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Roger Eno / The Flatlands

The_Flatlands.jpg


いっつもいっつも「あのBrian Enoの弟」というマクラで紹介されてしまう、でもレーベルも一緒だった事もあるし本人的にはどうなんだろ?的な疑問も湧きつつあるRoger Enoの98年に発表されたアルバム。

音楽大学でクラシックを勉強したという、正式には音楽を学ばなかった「耳で楽器を弾く(By Robert Fripp)」お兄さんとは真逆な道を歩むR.Eno。インタビューなどを読んでも、お兄さんとは違い人の良さを感じさせるR.Eno。こんな所でもお兄さんと比較されてしまうR.Eno。ごめん。

正直、B.Eno繋がりでコラヴォレーション・アルバムRoger Eno With Kate st John名義「The Familiar」にて我が天使Kate st Johnを知った為、Eno兄弟には感謝感謝なのですが、じゃぁR.Eno単独名義のアルバムはどうなの?って事でこのアルバムを買ってみました。

まぁ、ゲストでKate st johnが参加してるって理由の方が強かったんですが。

前述した「The Familiar」の手触りに非常に近い、室内音楽的な音の響き。現代の語彙をもって作られたクラシック音楽といえばいいのかな?流麗で川の流れのような音楽は心を落ち着けるのにもってこいです。

なかなかの好印象アルバム。しかし期待していたKate st Johnのヴォーカルは、全編インストゥルメンタル作品の為聴く事は出来ず。残念。でも上でこんだけ褒めておきながらも、前もってKate st Johnが楽器のみの参加と知っていたら買わなかったかも(←オイ)。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。