スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Charlie Hunter / Songs From The Analog Playground

Songs from the Analog Playground
Charlie Hunter Quartet
EMI (2001-09-05)
売り上げランキング: 212936

Amazonの解説によれば「ジャム・バンド・シーンの重要人物である8弦ギター奏者」との事なアメリカ・ジャズ・シーンで活躍しているらしいギタリストのソロ・アルバム。

...なんだか、「との事」とか「らしい」とか随分あやふやな物言いで始まっちゃった今回のエントリーなんですが、まぁ、ぶっちゃけこのアルバムを手に取っている私でさえ「誰、君?」状態でありますから致し方あるまい(←えばっちゃダメ)。

では、何故このアルバムを購入したかといいますと、我が敬愛しますスモーキ・カントリーな若き歌姫Norah jonesがゲスト・ヴォーカルで参加している為です、しかも2曲、ナイス!

Nick Drake作のM-13「Day Is Done」は原曲を知らない為それとの比較は出来ないのですが、アルバム全体を通して感じられるC.Hunterのラウンジ・ジャズ系統のアレンジとN.jonesの抑え気味なヴォーカルがなかなかマッチした一曲。逆に抑え気味過ぎてちょっとN.Jonesの持ち味が生かされていないかも?なんて思っちゃったり。

で、N.Jonesゲスト作での(私的)目玉といえばM-5「More than This」!、Roxy Music!!、なんで今更ながらに、しかもN.jonesのヴォーカルでカヴァー??ヤバい、ステキ過ぎる(笑)。

限局と比べて随分スロウ&ヴォッサなアレンジが原曲とはまた一風変わった浮遊感を生み出し、N.Jonesの掠れたような囁くようなヴォーカルと相まって面白いカヴァー曲になっていると思います。個人的にはこの一曲の為に買って正解。

アルバム全体としてはインスト3分の1、ヴォーカル曲3分の2という作りで肩ひじの張らないラウンジ系の軽めなジャズ風味なアルバムで聴き易いのでは無いかと思います。ただゲスト・ヴォーカルにN.Jonesを持ってきてしまったせいで私にとってはN.Jonesのキャラばかりが立ってしまった様な気がしています。それだけN.Jonesのヴォーカルの存在感があるのでしょうが、ちょっと勿体無いかなとも思ったり。

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。