スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Phil Manzanera / 6pm

6pm.jpg


元Roxy Music(と言わなきゃいけないんだろうな、今でも)のギタリスト、Phil Manzaneraの通算6枚目となるソロ作。P.Manzaneraの6thアルバムだから「6pm」、なかなかアルバム・タイトルのつけ方は好き。
Amazonをウロウロしていたところ、つい発見してしまい、しかもそれが発売日前。謳い文句が「B.Eno・R.Wyatt・A.Mackayが参加!」となってりゃそりゃ勢い勇んで予約するでしょ。

そんな勢いがあった為か、発売日の翌日には私の手に届きました、予約した甲斐があったよ。で、聴いてみたのですが、どうにもこうにも引っ掛からないんですよね、私の耳には。

正直、p.Manzaneraに対してはギタリストとしては魅かれるところは多々あるのですが、ヴォーカリストとしては魅かれるところは余りありません。前作「Vozero」でRoxy Music以降のソロで初めて自らとったヴォーカル作が目立ったのですが、それは数品だったから愛嬌として見られた訳で(他ではR.Wyattの名ヴォーカルが冴え渡る曲もあったし)、ヴォーカリストとしての魅力は余り無いと思います、この人。

歌が上手いかっていうと正直も糞も上手いとは口が曲がっても言えないし。このアルバムを勢い勇んで予約したのも、当然B.EnoやR.Wyattがヴォーカルをとっているものだろうと思い予約したのだし。

上にも記した通り、R.Wyatt、B.Eno、そしてChrissie Hynde(Backing Vo.)やDavid Gilmour(G)が参加している豪華な造りとなっているこのアルバムですが、あんまり面白くはないわな。

ま、それはともかくとして、B.Enoの役割(D.Gilmourならギタリスト、R.WyattならDrum、とかね)が「Brian Eno : Enotonic」となっていたところにはニヤニヤしてました。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

マンザネラでググってて

発見しました。はじめまして。ご存知かもですが、こんなのが↓
http://expressionrecords.com/shop/index.php?maincat_id=21
オフィシャルサイトからリンクされていたのですが。
近作セッションの未発表トラックでしょうか。では♪

>>通りすがりさん

こちらこそ、始めましてです。
おぉ、情報サンクスであります!これは知りませんでした。
2006年10月のセッションという事ですので、2005年に発表された
アルバム『50 minuites Later』以降の未発表セッションらしいですね。
いや、こういう情報を貰えるとブログやってて良かったなぁと思えます。
有り難うございました!
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。