スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Kinks / Schoolboys In Disgrace

不良少年のメロディ~愛の鞭への傾向と対策(K2HD/紙ジャケット仕様)
ザ・キンクス
ビクターエンタテインメント (2007-07-25)
売り上げランキング: 186593

Kinksのアルバムの中で言えば、取り立てて「名盤!」って推せる程でも無いんですが、なぜか昔から偏愛気味に聴きまくっている一枚。

このアルバム、RCAレコードに在籍していた当時、R.Daviesが何かに取り憑かれたようにハマッていたコンセプト・アルバム形式のラストの作品です。まぁ、「THE VILLAGE GREEN ?」からから始まったこの形式、徐々にアルバムの一表現としてのコンセプト・アルバムから、コンセプトのためのアルバム・曲という比重が強くなり、バンド・メンバーもホーン・セクションは何人もいるわ、女性コーラス隊もわんさかいるわと肥大の一途をたどり、ついに『Preservathion Act 1?2』でその内容やバンド編成も良くも悪くも頂点に達していました。

で、RCA時代のラストを飾るこのアルバムでは、バンドメンバーもDavies兄弟を含め5人に戻り、アルバムはコンセプト・アルバムの形態もとりつつも、曲はキチンとしたイカしたロック・ナンバーに仕上がっている所など、非常にバランスがとれた仕上がりになっていると思います。

このアルバムに収録されている曲自体はみんな小粒な作りなんですが、もちろんメロディは好いし、学生時代を取り扱ったコンセプト・アルバム形式もいい方向にハマッていると思います。

"Schooldays"で誰もが経験し、戻る事の無い学生時代のほろ苦い郷愁に誘われて、"Jack The Idiot Dance"でお馬鹿なロックンロールにはまって、"I'm in Disgrace"、"The Hard Way"でKinks流のロック。で、ラス2の"No More Looking Back"で『(過去の事なんて)振り返ったりはしないのだ!』と締めると。完璧でしょう、もう。

そうそう、このアルバム、タイトルの邦題も「思い出のスクールデイズ」や「愚かなジャック」、「不良の烙印」「振り返ったりはしないのだ」などなど イイ味のものばかりです。

そんな感じで、「このアルバムはもっと評価されて然るべき」なんて大層な事は言いませんが、それでも私の中ではかなり大事なアルバムの一枚です。「なんか良いアルバム無いかなぁ?」なんて思った時にこのアルバムの事が頭の片隅にでもよぎってもらえれば、これ幸いです。



2007/08/21追記

先日何かの雑誌中のKinks特集を読んでいたら、このアルバムで中心的な役割を果たす少年、実は成長してアルバム『Preservathion Act 1?2』中のかのMr.Flashとなる少年なのでした、ってな事が書かれており、びっくりしました。このアルバムを買ったのはもう15年以上前(←わはは、歳取る訳だ)の事でして当然日本盤などは無かったので輸入盤、加えて歌詞カードなどはほとんど読まない私ですので、そんな落ちがあるとは今の今まで気付きもしませんでした。

かくて『Preservathion Act 1』から『? Act 2』にまでかけて広げられた大舞台はこの『Schoolboys in Disgrace』をもってその円環を閉じたのでした、っていえば格好良いかもしれませんが、実のところはコンセプト・アルバムを偏執的・偏愛的に作り続けるRay Daviesにたいして弟Dave Daviesが「もういい加減にしてくれっ!」とブチ切れた(←これも上記雑誌中の記事からの記憶に基づく意訳ね)為にコンセプト・アルバム作りはこのアルバムで終了を向かえ、心機一転レーベルをアリスタに移しストレートなロック路線へと遷移していったらしいですね。そんな最後のコンセプト・アルバムで最後っ屁のようにそれまでの帳尻を合わせるなんざ、イカすぞ、R.Davies。

ほんとコンセプト・アルバム、というか劇中劇ならぬレコード中劇(?)に取り憑かれていたんだろうなぁ、この頃のR.Davies。でもそんなRCAレーベル時代のキンクスをこよなく愛しますけどね。

そうそう、邦題と言えばこのアルバムの邦題は「不良少年のメロディ ?愛の鞭への傾向と対策」というんですが、イヤ良い邦題ですよこれは。上でも書きましたが、私にとっては未だに愛聴し続ける大事なアルバム、ま、Kinksの主要アルバムを何枚か揃えた後でよろしいので、「次、何買おうかな??」となった時にはこのジャケットを思い浮かべてもらえるとこれ幸いであります。

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

お邪魔します

拙ブログへのコメント&TBありがとうございました。

「もうコンセプト作はやらない。」と言っておきながら、
『Return To Waterloo』をキンクスでやろうとしたレイ。
参加を拒否したデイヴ。
結局レイのソロ名義での発表に。

懲りないレイ...。

こちらからもTBさせていただきます。

>>Yamaさん

トラバ&書き込みありがとうございます。
そうなんですよね、あのソロ。当初はKinks名義のはずが...。
懲りないといおうか、もしやほとぼりが覚めたからなんてことを
考えていたのかも(笑)。
なんだかんだ言いつつもこれからも追い続けていくアーティスト&バンドだと思っています。
今後ともよろしくお願いします。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。