スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bj?rk / medulla

Medulla.jpg


前作から3年ぶりと、ソロとしては第5作目となるBjorkのニュー・アルバム。一部の音を除いて、そのほとんどを人の声で作り上げたヴォーカル・アルバムでもあります。
Bj?rkに関しては映画“Dancer InThe Dark”のサウンド・トラック「SelmaSongs」しか持っておらず、それすらもアルバム自体の出来は良かったのですが、あまりの映画のクソっぷりを思い出させるものとして聴く気にはなれずに今日に至っております。つまりは私としてはBj?rkというヴォーカリストの作品はほとんど聴いてないって話なんですが。

そんな私ですが、何故かこのアルバムは買わなくちゃいけないという使命感にも似たモノを持ってしまい、それに強力に背中を押され購入してみました。何で「買わなくちゃいけないアルバム」としてこのアルバムを認識したのか、私自身そのきっかけが今でも良く判りません。

正直に言ってBj?rkというアーティストの声は好きではないですし、歌も上手いとは決して思いません。むしろ下手なんじゃない?ぐらいの勢い。でも、このアルバムは傑作だと思います。好きでも無いアーティストの作品を傑作と言い切るのは何か変な感じがしますが、そうとしか言えない力を持ったアルバムだと思います。

ほとんどの音を人の声で構築しているこのアルバムは、賛美歌であり呪術、祝詞、木霊であり、経文であリ、セックスの喘ぎ声であり聖歌でもあり、その全てに内包されている力が込められているかのようです。気持ち悪くもあり、決してガラスや宝石のような美しさは無いのですが、訳の分からない暗く熱い衝動がうごめくこのアルバム、好むと好まざると関わらず目線を合わせずには、耳を傾けずにはいられないオーラが感じられます。

このアルバム、Bjorkの新作をいう事で巷では売れているらしいですが、こんなアバンギャルドなアルバムが売れているという事自体信じられない思いがあったりもします。しかしこのアルバムに比べたら、今現在プログレと評されるジャンルの音楽は決してプログレッシブでは無いよなぁと改めて思います。

しつこいようですが、好きではないんですが大絶賛せざるを得ないアルバム、そんな感じ。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。