スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーモンマリネを作るの巻。

salmon_05.jpg

たけだみりこ著『クッキングカンタンタン』という本に載っていたサーモンマリネ“クラーブラックス”を作ってみました。

たけだみりこの本と言いますと学生の頃に読んでいた『セイシュンの食卓』が有名(アニメにもなっていたんですね)かと思うのですが、この『クッキングカンタンタン』も書店で久々に見付けた時にその画風やら料理紹介の強引さ等々、懐かしさのあまり即効買ったものでした。
salmon_01.jpg


その中に載っていた北欧風サーモンのハーブ押し漬け“クラーブラックス”が食べてみたくて、本棚からこの本を引っ張り出して作ってみました。
salmon_02.jpg


刺し身用サーモン:一柵
塩・砂糖:小さじ一杯ずつ
あらびき胡椒:好きなだけ
あればハーブ(本作中ではディルもしくはパセリとなってました)
細かい分量や作り方は書籍を読んで下さい。

これだけ。

塩と砂糖、胡椒は事前に良く掻き混ぜておいて、水気を拭き取った刺身用サーモンになぶり付ける。それにハーブと共にラップでよく包みます。ディルやパセリは手元に無かったため今回はベランダに育っちゃっているローズマリーをハサミでチョキチョキ切って使ってみました。
salmon_03.jpg


あればポリ袋にさらに入れ込んで、“バット(トレー)+サーモン+バット(トレー)+重石”のように重石をして冷蔵庫の中で一晩。今回は二晩寝かせてみました。重石が缶ビールでは無く発泡酒ってトコロがなんともはや(笑)
salmon_04.jpg


一晩以上置いたものを冷蔵庫から取り出し、ラップから外します。結構な水っけが出るのであまり冷蔵庫の中で放置しておくと逆に腐っちゃうかも。ハーブを取り除きながら水気も良く拭き取っておきます。包丁で薄くそぎ切りにすれば出来上がり。

出来上がったものを食べてみたのですが、サーモンのサクがちょっと小振りだったせいか、塩っけがちょい強め。砂糖も擦り込んだ為、変な甘味が出ちゃうかと思ったのですが、そんな事は無くトロリとした舌触りが何だかちょっと高級感を漂わせていたり。ちょっとしょっぱめですが、ただのサーモンの刺身とはずいぶん違った、ビールやらアルコール類のおつまみに素敵なオツマミへと変わっておりました。

今度作る時は塩・砂糖はもう少し控えめで行こうとは思うのですが、脱水や腐敗防止の意味もあるんでしょうからあまり少なくても駄目かも。脱水だけだったら脱水シート『ピチット』を使えば良いのかもしれませんが、あれ高いんだよなぁ。

美味しかった&簡単ですので勢いがあれば是非。

関連URL:
たけだみりこのオフィシャル・サイト TwisterSpace
食品用脱水シートピチットのサイト ピチット®ネットショップ/解凍・冷凍・下ごしらえに!食品用脱水シート

スポンサーサイト

テーマ : レシピ大集合! - ジャンル : グルメ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。