スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Travis & Fripp / Thread

Thread
Thread
posted with amazlet at 08.11.29
Theo Travis Robert Fripp
Panegyric (2008-09-23)
売り上げランキング: 79409

Porcupine TreeやDavid Sylvianらのアルバムにも参加をしている管楽器奏者Theo TravisとKing CrimsonのギタリストRobert FrippのユニットTravis & Frippの1stアルバム。

2007年1月ごろのR.Frippの主催するサイトDGM Live!でこの二人でアルバムの作品造りをしているというニュースが流れ(Theo And Robert Salisbury, Wilts, UK Jan. 05, 2007(←ブログ内リンク))、無料ダウンロードとして「Theo And Robert Salisbury, Wilts, UK Jan. 05, 2007」がアップロードされていました。

以前のT.TavisのHPでは2007年後半にはCDで聴けるでしょうといった事も書かれていたのですが、2008年も折り返しのこの時期に来てようやくCDを手に取る事が出来ました。

R.Frippはギター、T.Travisはアルト・フルートとソプラノ・サックスをそれぞれ担当し、作曲やアレンジなどはユニット名義にて担当。またアディショナル・アルト・フルートとしてLeigh DarlowがM-3、7,8にて客演しているようです。編集やトリートメント、ミックスそしてマスター作業などはPorcupine Treeの中心人物Steven Wilsonが担当しております。

以前DGM Live!の無料ダウンロード・コーナーHot Tickleで聴く事の出来た「Theo And Robert Improv」(←現在はburning shed内のTheo Travisのページから無料ダウンロードが可能です。※要・登録!)のように、音背景としてR.FrippのギターとSoundscapesが響き渡る中にT.TravisのAlto Flute / Soprano Saxがインプロヴィゼイション的な音にて色彩を加える、もしくはT.Travisのジャズ・サイドからアンビエント・ミュージックへのアプローチかのようなフルート/サックスの音色に先導されるかのように次第にR.Frippのギターの波が満ちてくるといった、まさしくアンビエントなアルバムとなっています。

どれもが同じようなアプローチで構成されている為、聴いていても次第にどれがどの曲か渾然一体となり判読が難しくなる、というよりは眠くなると云ったところなのですが、M-3「As Snow Falls」やラストのM-9「Pastorale」はそんな中でも私の耳を引きつけた佳曲。多層に重なる管楽器の音色とSoundscapesの響きが美しい楽曲と思います。


私が購入したのはAmazon JapanからでUKからのインポートものだったのですが、日本盤も2008年8月20日にWHD Entertainmentから出るようですね。

スレッド / トラヴィス&フィリップ 

CDjournalの「ロバート・フリップ×テオ・トラヴィス(ソフト・マシーン・レガシー他)の連名作がリリース」という記事には日本盤の各楽曲に付けられた邦題も載っております。以下転載。

Travis and Fripp『スレッド(Thread)』
01. Land Beyond The Forest(森の向こうの国)
02. The Apparent Chaos Of Blue(青のカオス)
03. As Snow Falls(アズ・スノー・フォールズ)
04. Before Then(ビフォー・ゼン)
05. One Whirl(渦)
06. The Silence Beneath(沈黙)
07. Curious Liquids(不思議の液体)
08. The Unspoken(無言歌)
09. Pastorale(田園曲)


しかしAmazonさん、Robert Frippの日本語表記をフィリップにするのはダメだと思います(笑)。日本盤だからって「トラヴィス&フリップ」で検索したら出てこなかったじゃないか。

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

情報ありがとうございます!

Amazonで時々「Robert Fripp」はチェックしてるのですが
このアルバムはひっかかってこなかったので気付きませんでした(・・;)
国内盤もでるとは・・・どっちがいいんでしょう?
「多層に重なる管楽器の音色」というのがとても気になるし
早く聴いてみたいので高い輸入盤にしちゃおうかな。
Amazonもフィリップとは~、ちょっとひどいですね(^○^)

>>かくさんさん

Amazonさんの検索ももう少し何とかならんかなぁとよく思いますね。
このアルバムもおっしゃる通り「Robert Fripp」では引っ掛かってきませんし、
「Robert Fripp」と「ロバート・フリップ」では検索結果が違ってきますし。
「James」というバンドはJames BluntやJames TaylorやらJBやらまで
引っ掛かってきちゃうし。

このアルバムはいわゆるアンビエントものですので、それほど急がなくても良いかも(笑)
日本盤が2,625、輸入盤が2,817ですので日本盤の方が安いんですね。輸入盤のインナーには基本的な情報しか載っていませんし、ライナーも読めて安い日本盤の方が良いかもしれません。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。