スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Laraaji / Ambient 3 Day of Radiance

Ambient 3: Day of Radiance
Ambient 3: Day of Radiance
posted with amazlet at 08.11.29
Laraaji
EG (1995-04-28)
売り上げランキング: 7516

1980年発表のBrian Enoによる環境音楽シリーズAmbientの第3作となるが、これはツィター(チター)奏者Laraajiのみの名義となるアルバム。B.Enoはプロデュースを担当。

ジャケットは当然知っていましたし、このアルバムの存在も気にはなっていたのですが、AnmbientシリーズでBrian Enoはプロデュースのみという事もあり、購入は後回し後回しになっていたアルバムであります。で、先日後回しにしていたこのアルバムをようやく購入したのですが、イヤ、これは良い!

このアルバムでLaraajiはピアノの先祖とも呼ばれる打弦楽器ハンマーダルシマー(Hammered dulcimer)やツィター(Zither)を演奏し、それをB.Enoが電子処理しているとの事なのですが、それぞれの打弦楽器が響きあう様はバリのガムランの高から中音部のみで構成されたような共鳴が奏でられ、聴くにつれ現世から浮き上がるような陶酔感が得られるかのよう。

レコードの時にはA面がダンスサイドとしてA-1「The Dance #1」?A-3「The Dance #3」、B面がメディテーション・サイドとしてB-1「Meditation #1」?B-2「Meditation #2」が収められていたようです。

M-1「The Dance #1」からM-3「The Dance #3」ではAmbientシリーズでは珍しいスピード感のある音楽になっており、西洋音階を用いているんでしょうけれども上述したようにガムラン音楽にも似た、きらびやかな万華鏡の中に閉じこめられ、その中できらめく光の粒が四方八方で踊りゆく様を体感するような音響世界。

M-4「Meditation #1」から「Meditation #2」ではそれまでの跳ねるような旋律は一息おいてその名の通りのメディテーション音楽のようにたおやかなきらめきを見せる穏やかな楽曲。

今まで買うのを後回しにしていた事をちょっと後悔しちゃったくらい素敵な1枚。環境音楽に関心がある人はもちろんの事、(アンビエント・)テクノ/ハウス関連が好きな方にも原初のテクノととらえる事が出来そうですし、オススメが出来そうな良質のアルバム、今のお気に入りであります。

関連URL:
オフィシャル・サイト(多分) Laraaji Nanananda
Wikipedia ツィター
Wikipedia ダルシマー

(以下ブログ内リンク)
Laraaji,Roger Eno / Islands

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。