スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ProjeKct One / Live At The Jazz Cafe

[ProjeKct_One]Live_at_The_Jazz_cafe
King Crimsonのフラクタル分裂の第二弾、ProjeKct One(以下P1)による1997年12月1?4日のライブを編集したライブ・アルバム。

ProjeKct One : プロジェクト1
Live At The Jazz Cafe : ライブ・アット・ザ・ジャズ・カフェ
1999

1:4i1
2:4ii2
3:1ii2
4:4ii4
5:2ii3
6:3i2
7:3ii2
8:2ii4
9:4i3

Tony Levin:Bass, Stick, Synth
Trey Gunn:Touch Guitar
Bill Bruford:Drums and Percussion
Robert Fripp:Guitar



P1はBill Brufordが唯一参加しているProjeKctであり、かつRobert Frippが次期クリムゾンでの導入を目論んでいたV-ドラムが使われていない唯一のアルバムでもあります。また、曲名が「4i1」や「1ii2」等とおかしな事になっておりますが、これは「何日の何部目の何曲目」という事を表しているらしく、「4i1」ならば「4日目(12月4日)の第1部の1曲目」という事になります。ロンドンのジャズ・カフェで行われた4日間のライブではそれぞれ2部構成、7?9曲程度の演奏をこなしていたそうです。

ProjeKct Two、ProjeKct ThreeやProjeKct Fourはある程度のフォーマット、楽曲や方向性に同じようなものを感じられたのですが、このP1だけはProjeKctシリーズの中でも唯一異質なものに仕上がっていると思います。P1からB.Brufordを抜いてPat Mastelottoを加えただけでP4になるとは思えないのですが、それはV-ドラム採用云々といった事などでは無く、やはりB.BrufordがKing Crimsonに与える影響度が半端なく大きかったという事では無いでしょうか?

全体的に4人によるインプロヴィゼイションによる白熱した演奏が聴けるのですが、他のProjeKctとは違い、B.BrufordとTony Levinによるあくまでもジャズ寄りの硬質なバック部隊に先導されるというよりも引きずられるような形で突き進んでゆきます。そのゾクゾクするような鋭い緊張感を伴った演奏は2000年以降のKing Crimsonにはなかったものであり、そこでもB.Brufordの不在が大きな影響を与えた事が分かります。

殆どの曲でR.Frippのギターに拮抗、もしくはそれ以上の割合でB.Brufordのドラムの格好良さが際立つ場面があり、M-2「4ii2」やM-7「3ii2」などではそれが顕著に現れていると思います。カッチョえぇ!

そんな中、M-5「2ii3」ではR.FrippのギターとT.GunnのTouch Guitarによるソロの2人だけ(たぶん)での楽曲、強くスリリングなアルバムの中での一息的な味わいのある楽曲。

この成果を2000年以降のKing Crimsonに導入出来たらどのようなフォーマットに仕上がったのか、勿体無かったような、イヤあれはあれで私的傑作「The ConstruKction Of Light」を生んだので良かったんじゃなかろうか、などと色々妄想が膨らみます。

関連URL:(以下ブログ内リンク)
ProjeKct One / Jazz Cafe Suite 

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。