スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

King Crimson / Live at Plymouth 1971

[King_Crimson]1971_Live_at_Plymouth
ライナーによれば「アイランズ」のメンバーでの5回目のショウを収めたライブ・アルバムとのこと。

ライブに慣れていないのかB.Burrellのヴォーカル・ラインがヘナヘナと弱々しく聞こえる箇所が目立つような機がします。

 この時期のライン・ナップでのライブはクリムゾンのライブの中でも興味はない方なのですが、強調しておかなきゃイカンのは、やっぱM.Collinsのサックスは素晴らしく格好良いということ。M-2「Picture Of A City」やM-3「Sailor's Tale」で聴くことの出来るサックスやフルートの力強い音色!このライブ、と言うかこの時期のライブはM.Collinsにシビレるのみ。DrのI.Wallaceもイイ感じなドラミングを聞かせてくれているんですが、B.BrufordやP.Mastelottoに比べるとちょっと表現の幅が狭いかな?なんて思っちゃいました。

「Sailor's Tale」の出だしなどのドラムもめっちゃカッコイイ事は間違いないんですがね。

 そうそう、これだけは書いとかなくちゃ。日本独占販売という形式(←まー、公平な目で市場性を考えりゃ、そりゃそーだろうと思うよ(苦笑))をとるこの「The Collectors` King Crimson」シリーズ、たまにカットされている曲があるんだよね。このアルバムで言えば「Mars」がカットされちょります(泣)。「Mars」カットしちゃダメじゃん!!

「全曲聴きたければDGMのコレクターズ会員になりたまえ」っていうR.Fripp御大の御下知なんでしょうが、グ??、ちょっとクヤシイ。そこら辺で差をつけなきゃ会員に申し訳ないんだろうけどもね。



2008/11/06 追記

The 14th Collectors' Club release (January, 2001). King Crimson Live at the Plymouth Guildhall in May 1971.
(DGMのサイトより)

2001年1月に発売されたCLUB14。1971年5月11日、イギリス・プリマス市役所ホールで行われたライブ。

関連URL・同時期のライブ・アルバム:(以下ブログ内リンク)
King Crimson / Earthbound
King Crimson / Live At Jacksonville 1972
King Crimson / Live at Summit Studios 1972

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。