スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trey Gunn / Raw Power

Raw Power: Surfacings, Vol. 1
Raw Power: Surfacings, Vol. 1
posted with amazlet at 08.11.29
Trey Gunn
First World (1999-11-09)
売り上げランキング: 215583

元King CrimsonのWarr Guitar奏者Trey Gunnの未発表曲集、1999年発表。

(以下1999年11月頃のHPより)
『Raw Power』といってもIggy Popの「ロウ・パワー」とは何の関連もありません(「老・パワー」って訳すなよ、EGBRIDGH、確かにあってる気もするけど(笑))。T.Gunn の公式HPでこんなアルバムがあるってことは知っていたんですが、こんなに早く手に入れるとは思っていませんでした。「One thousand years(←実は名盤だと思ってます)」・「The Third star」などのアウトテイク&未発表曲集(だと思う)。いつもながらのFripp仕込みの変拍子+細かい音のモアレ。

ただし、ファーストの「One thousand years」などと比べても、より技巧・ギミックに走っていて、それがためにかえって飛び抜けた曲が無いような気がします。私的には聴きやすく、音数もミッチリ詰まったアルバムだとは思うんですが、なにか核が無く、物足りなさが残る気がします。決して嫌いではなく、好きなアルバムなのだけれどもね。



2008/11/04 追記

1990年頃から1996年頃までの未発表曲や、ソロ・アルバム1st『One Thousand Years』や『The Third Star』などからのアウトレイクを集めたと思われる、First World Musicから発売されたアルバム。“Surfacings”シリーズのNo.1として出されたらしいのですが、その後のNo.2は未だ出されてはいないようです。そのかわりとなるのが2008年に発表された『Music For Pictures』となるのでしょう、きっと。

King Crimson同窓組であるPat Mastelotto(Dr)、Trey Gunn Band等でも共演しているパーカッショニストBob Muller、T.Gunnのソロ2ndアルバム『The Third Star』にもゲスト・ヴォーカルとして参加したSerpentine、トランペット奏者であるDave Douglas等が顔を揃えています。

3人のドラム/パーカッション奏者が演奏していますが、やはりTrey Gunnのソロ・アルバムの音色にはB.Mullerのエキゾチックなパーカッションの響きが良く合うよなぁと思いました。

M-12には1stアルバムにも収録されていた「One Thousand Years」の別バージョン、もしくはヴァージョン・アップ版(?)的な「One Thousand Years: Second Traverse」が収録されています。サウンドスケイプ的な楽曲の為別バージョンと言われてもよく分かりま(以下略)。

amazonやHMV等の国内のネット通販でも気軽に買えそうですし、T.Gunnのソロ作品に興味を持った方は聴いてみるのも面白いかもしれません。

関連URL:
オフィシャル・ページ:Trey Gunn 
レーベル:First World Music:First World

(以下ブログ内リンク)
Trey Gunn / One Thousand Years
Trey Gunn / Music For Pictures


スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。