スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸川純 / Togawa Legend self Select Best & Rare 1979 - 2008

TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST&RARE 1979-2008
戸川純
Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(M) (2008-07-09)
売り上げランキング: 10369

戸川純自身がセレクトしたデビュー当時から現在に至るまでのベスト・アルバム。

以前に出ていたベスト・アルバム『TWIN VERY BEST COLLECTION』の時も書いたのですが、戸川純のソロ・アルバム1st『玉姫様』が今でも欲しくて欲しくて堪らなかったのですが、現在は廃盤?なのかな、Amazonや何かで調べても中古品やマーケットプレイスでの出品しかなくって買えずにいました。

しかしあのAmazonのマーケットプレイスの値段決めってどうなってるんでしょう?新品が3,000円から7,980円だったりコレクター商品(中古って事なのかな?)が4,000円から20,000円(!)だったり、その値決めの意味が解らん。何で新品で値段が変わるんだよ。

閑話休題。

と、そんな事を思っていましたら、知り合いが『玉姫様』のCDを持っているという事で即効で借りて聴きまくっていたところ、やっぱり自分自身でも欲しくなってしまった為、オリジナル・アルバムは諦めてこのベストを買ってみました。

これまで発売されていたベスト・アルバムは戸川純の意向を無視してレーベル側だけの意向によって発売されていた、本人にとっては不満の残るものだったらしく、今回のこのベストは戸川純本人のセレクトによる、ソロだけでなく、ヤプーズやゲルニカ、戸川純ユニットやら他のミュージシャンの楽曲に参加したものやら何やら盛りだくさん&ボリュームタップリな3枚組+本人の手によるライナー&一部の楽曲紹介などライナーも激充実、本人視点からのこれまでの戸川純の歴史も振り返る事の出来る、まさに充実のベスト・アルバム。

CDを掛けてみれば、ぐはー、懐かしい!と言っても『玉姫様』収録曲から「レーダーマン」、「好き好き大好き」等ら辺までしかリアルタイムでは聴いていなかったんですが。『TWIN VERY BEST COLLECTION』の時には「パンク蛹化の女」のしか収録されていなかった「蛹化の女」ですが、今回のベストではキチンとオリジナルであるDisc-1 M-5「蛹化の女」(戸川純)とM-21「パンク蛹化の女」(戸川純とヤプーズ)両ヴァージョンが収められています。ナイス。

中には「NHKみんなのうた」でつかわれたDisc 3 M-10「ラジャ・マハラジャー」、ビートたけし初主演だったテレビドラマ「刑事ヨロシク」での劇中歌M-11「蘇州夜曲」、映画「釣りバカ日誌」での劇中歌M-18「鈴木建設社歌」など、戸川純ワールドに馴染の薄い人にも微妙にアピール出来る楽曲なども収録しております。わはは、こんな事もやっていたのね。

とは言いつつも、3枚組のアルバムのほとんどはグッチョリと言いましょうか、ドロリとした情念が渦巻いてどこまでも落ちていけそうな、そしてその状態で一周廻って躁状態になれそうな、そんなちょっと手ごわい世界。人には勧められないけれどもこれからも聴き続けるであろうベスト・アルバム。ステキ過ぎます。

関連URL:(以下ブログ内リンク)
戸川純 / TWIN VERY BEST COLLECTION

スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。