スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロジックボード交換後のTimemachineへの接続@MBPの巻。

MBP_mini.jpg
あんまり覚えておきたくも無い事柄ではありますが、MacBook Proを修理に出しロジックボード交換をした後のTime machineへの接続についての覚書としてここに書いておきます。

ウチのMacBook Pro 17inch、去年の暮れっからスリープから起こそうとしても全くウンともスンとも起きずに無理やり再起動するしかなくなってしまったりという事が頻繁に続くようになり、そのうちに起動してもCPU、ハードディスクは立ち上がっているようなんですが、画面が真っ暗で何も映らずに手の出しようが無いという事が続いておりました。

こりゃもうダメだとなり、中身は生きていたので他のマックにバックアップを取ってこれを買ったソフマップに修理に出しました。ワランティに加入していたので修理代は無し、良か良か。

で、2週間程度で宅配便で戻ってきたは良いのですが、早速Time Machine(OSX Leopardからのバックアップ機能)に繋げてみたところ、「バックアップボリュームが見つかりません」みたいな事が言われてしまい、バックアップが出来ない事態に。

ちょっと焦りましたが、一呼吸を置いて、こんな時に頼りになるのが某巨大掲示板。(プログレ板とかラーメン板などを一通り見た後に)マック板のタイムマシンのスレで検索してみたところ、そのまんまの現象があったのでそのレスからMac OS X Hintsなるサイトへと飛んでみました。

Mac OS X Hints
10.5: Repair Time Machine after logic board changes

「10.5: ロジックボードが変化した後に修理Time Machine」ってな事でそのまんまなヒントが掲載されております。英語でつらつら書かれておりますが、要はTime MachineはAというマックとBというマックの区別はMACアドレスによって見分けている為、ロジックボードを交換したマックは別のマックと認識されてしまうらしいです。なので古いまんまのMACアドレスを新しいロジックボードのMACアドレスに書き換えちゃえば、再び過去から溜め込んだTime machineへと再びアクセス出来るようになるとの事。

上記のサイトを見ながら自分でやった時もUNIXやらターミナルに不慣れな私としては非常に面倒臭かった為、ここに詳細は書きませんが、とにかく上のページの通り(&力技で人力リネームやら何やらゴニョゴニョして)やったら見事にTime Machineに繋がるようになりました。...うん、きっと出来たはず、過去のデータにもアクセス出来たし。よくよく上記のサイトを見てみますと、下の方にこれは良くないだの逆に知っておけば良かっただの真逆な意見が一杯な喧々諤々とした場になっておりました。大丈夫なんだろうな、俺?(笑)。

$ sudoやらfsaclctl -pやらmvやら出てきて初めはびびりましたが結果オーライなので良か良か。ただ、ターミナルを使ってTime machineのファイルをいじってしまうので、壊れても&出来なくても泣かない自己責任でやりましょう。大丈夫、私にも出来たのできっと他の人にも出来るはずです。

大丈夫とか言いながら、「fsaclctl -pって何?」とか聞かないでね、Googleで調べればきっと出てくるはずなので、そういう難しい事はGoogle先生に聞いてね、イヤ、マジで。

関連URL:
10.5: Repair Time Machine after logic board changes

スポンサーサイト

テーマ : Mac - ジャンル : コンピュータ

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。