スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

King Crimson / In The Court Of Crimson King - Original Master Edition

in_The_Court_Of_Crimson_Kin.jpg


King Crimsonの不朽の名作(個人的にはまた意見は違うんですが)と言われる「In The Court Of Crimson King」のオリジナル・マスター・エディション盤。

このアルバムはクリムゾン・ヲタたる私は、当然の如く発売されてすぐに購入するにはしていたのですが、何故か後生大事にビニールの封も開けずにCDラックに飾っておきました。

今迄の「In The Court Of Crimson King」のCDは発表当時のオリジナル・マスターが紛失してしまい、オリジナルの”子”からの盤起こしだったそうなんですが、ここに来て何故か「オリジナル・マスターが見つかりました、隊長!!」と云う事で、今回のオリジナル・マスター・エディション盤の発売に至ったそうです。

しかしながら、今迄のR.Fripp御大のクリムゾン・ヲタに対する商売上手さ加減を見ていると、今回のオリジナル・マスター騒動もやらせなんじゃねぇの?なんて斜に構えちゃう私はもう純粋じゃないのかしら、どうなのかしら。

ま、「オリジナル・マスター云々なんて言ってもそんな音が劇的に変わる訳も無いだろうし...」と思い、正直聴くのを後回しにしていたのですが、Tak's ウエブログさんエントリーに触発されて重い腰を上げて(そんな大層な事でも無いけれども)CDのターン・テーブルに乗せてみました。

一聴して「...アレ、もしかして音がクリア?」。急いでベスト盤「Frame By Frame 1969 - 1971」と聴き比べてみた(以前買ったオリジナルは友人に貸して以来返ってこず。もう10年になるか(遠い目))のですが、やっぱり音像が以前のバージョンよりもはっきりとしていると思います。

taknomさんも「音の前にあったスクリーンを一枚取り除いた感じです。」とおっしゃっていますが、まさにそんな感じです。私の言葉で言えば、

「Photoshopで間違って”ぼかし(強)”フィルターをかけちゃった画像をアンドゥーした」

感じ。これじゃ分かりにくいか(笑)。

これからKing Crimsonのアルバムを買おうとする人には是非このオリジナル・マスター・エディションをお勧めしたいです。

ちなみにアルバムの中身についてはココ(サイト内リンク(2006/12/08注:後日アップ予定))。しかし、このブログのKing Crimsonのエントリーにほとんどエントリーが入っていないってのが情けないので、King Crimsonのページだけでも近々ブログの方へ引っ越そうと思います。

関連URL:King Crimson / In the Court of the Crimson King リマスター版
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

tag : Crimson Fripp

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。