スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

King Crimson The Elements tour 2015 12/10に行ってきましたの巻。

151210_The _Elements_of_King_Crimson_Tour_in_JAPAN_2015_チケット

そんな訳で今度は10日のライブへに行ってまいりました。初日では久々の来日公演+M.Collinsの参加でリブートされた過去曲満載なライブ+それに加えてトリプル・ドラム?!なんていう、情報量がオーバーロードし過ぎる中での観覧だった為、興奮し過ぎてまさに「何が何やら??、でも良かったーー!!」ってな感じでしたが、中二日空けた10日のライブは割とじっくり観る事が出来ました。…、いや、やっぱり興奮してたな(笑)

渋谷オーチャ−ドホール1階席の13列目右ブロックだったのですが、Fripp御大仰るところのフロントラインたるトリプル・ドラム、向かって右側のG.Harrisonも左側に位置するP. Mastelottoも見たいし、当然中央のB. Rieflinもだし、バックラインの4人も見たいしだった為、首を振る振る、落ち着かない事この上なし。実は最前列だったり一桁列目などよりも、1階席でも後ろ側のブロックや2階席の方が俯瞰的に見る事が出来て良席だったのでは?なんて思いました。贅沢な話ではありますが。

Jakkoの独唱+ギターが爪弾かれるPeaceから始まり、いきなりの新曲3連発Radical〜からMeltdown、世界初お披露目なRadical 〜IIへの流れ、ここでもうね、痺れますた。会場には聞こえないうちから小刻みに奏でられるR.Frippのギターリフから始まりトリプル・ドラムやM.Collinsらが絡みあうRadical〜はヌーヴォー・メタル6期からの進歩系でしょうし、良メロなMeltdownもしかり、『The Power to Believe 』の「Fact of Life」が現行フォーマットでいったんバラされて展開されたようなRadical IIなど、A.Belewが在籍していた6期からの地続きな部分も多々ありながらもさらにその先へ進もうとしている意欲作なのではないでしょうか。当初このラインナップではライブのみを行いアルバムは作らないなんて話もありましたが、これだけの強者のメンバーが揃い意欲もあり新曲もありなところで、ニュー・アルバムを作らないなんて、ホントダメです、お願いします。

来日前後でDGMからは日本初お披露目の曲があるよなんてニュースも流れましたし、もっと新曲が披露されるのでは?って期待もしていたので、新曲が4曲+ドラム・トリオな楽曲だけだったのはホンの少しだけガッカリしたところでした。でも新曲が増えれば往年の名曲たちがライブのセットリストから削られていく訳でそこら辺は痛し痒しなところでもありました。

R.FrippやT.Levinらは明らかに初日よりも調子が良さそうで、手数も多く弾きまくってましたし、トリプル・ドラム隊の勢いも相変わらずスゲェ。演奏はもちろんの事なんですが、それよりも初日も四日目もアンコール終了時に客席にサックスを投げ入れる真似をするM.Collinsのお茶目さんなトコとかね、良い良い。自分のパートが無い時はただのおじいちゃんが佇んでいるように見えるのに、演奏が始まるとアルト・サックスやバリトン・サックス、フルートなどを取っ替え引っ替えバリバリブリブリ演奏しちゃうっていうまさに現役な一線級ってのもスゴい。久々の来日公演だった初日と慣れた頃の四日目を観られて興味深い事しきりでした。

初日では聴けなかったSailor’s Taleが来た時にはテンション上がりまくりましたし、M.Collinsの君が代には嬉しくなりました。初日には聞けなかった新曲Suitable Grounds For The Blues、One More Red NightmareやVrooomなどを演奏されたのにはかなりグッと来ましたが、公演の度にセットリストを変えファン・マニア達が何度も通う、通いたくなるようになっていたところには、あぁ、ちくしょう手のひらで踊らされてる気がする!!、って感想です(笑)。実際に初日では「〜〜ベースのトニーレビンがカメラを構えたら写真撮影オッケー」なあくまでもT.Levinの為に設けられたかのような謎ルール全開なアナウンスが流れた際は会場からはドドッと笑い+歓声が上がったのですが、10日にはかなり少なかった気がしました。ネット情報も当然合ったのでしょうが、リピート客もかなり多かったのでは?

151227_151210_KC_Pict.jpg


そうそう、アンコールからのLarks’ Tongues In Aspic Part 1のM.Collinsのソロ・パートでは君が代を差し込んでいましたね、気づいた時には盛大にニヤけちゃいました。Setlisr.fmなどで見ますと他の国の公演時にもその国の国歌、フランスでは"La Marseillaise"でしたり、をソロ・パートに入れているようです。こういう地元に対するファン・サービスって嬉しくなっちゃいますね。

細かい事を言い始めたら山ほどありますが、そんなことはすっ飛ばしてもう本当に見る事が出来て良かった、感謝しかありません。この編成、特にトリプル・ドラムはライブ・アルバム「Live at the Orpheum」ではその意義は伝えきれておらず、ライブでようやくその片鱗に触れる事が出来たと感じました。

その後の東京の追加公演16・17日はあいにく異国の地に行かなければいけない事が決定済みだった為、泣く泣く断念。もし仕事がなければどちらか一日、いや連チャンでも行きたくなる内容でしたね。

今回のワールド・ツアー、ライブ・アルバムもしくはDGMからのダウンロード販売は必ずあるでしょうけれども、願わくば来日全10公演ボックスセットとか、もしくは世界ツアー全xx公演ボックスセットとかを出来れば映像付きで早く出して欲しいです、ここまで来たら最後までお付き合いいたしますので(笑)。

スポンサーサイト

テーマ : LIVE、イベント - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。