スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

King Crimson / The Elements Tour Box 2015

The Elements Tour Box 2015
The Elements Tour Box 2015
posted with amazlet at 16.01.11
King Crimson
PANEGYRIC (2015-11-06)
売り上げランキング: 2,992


2015年後半のツアーに向けて製作されたレア音源集、2014年の『The Elements Tour Box 2014』に続く第2段。

1 : Wind extract
  from In The Court Of The Crimson King 40th Anniversary CD/DVD-A
2 : Epitaph (2015 instrumental)
  previously unreleased
3 : Catfood
  previously unreleased on disc
4 : Bolero(1989 Tony Levin bass overdub)
  From Frame by Frame boxed set & 40th anniversary CD/DVD-A Lizard
5 : Islands (extract with oboe)
  From 40th anniversary CD/DVD-A Islands
6 : A Peacemaking Stint Unrolls
  From 40th anniversary CD/DVD-A Islands
7 : Larks' Tongues In Aspic Part II (extract - 2014 Band rehearsals)
  previously unreleased
8 : Larks' Tongues In Aspic Part II (1974 Asbury Park)
  From 40th anniversary CD/DVD-A USA & Road to Red boxed set
9 : Fracture (1974 Gottingen)
  From Starless boxed set
10 : One More Red Nightmare (guitars extract)
  previously unreleased on disc
11 : One More Red Nightmare (2014 Los Angeles)
  From CD/DVD-A Live at The Orpheum
12 : Elephant Talk (12" mix)
  dubbed from vinyl.From 40th Anniversary CD/DVD-A Discipline, previously unreleased on CD
13 : Absent Lovers (Beat studio session)
  From forthcoming release, Beat 40th anniversary CD/DVD-A
14 : S.F. soundcheck (extract - 2014 San Francisco)
  Previously unreleased
15 : Larks' Tongues In Aspic Part: III into Sleepless
  From forthcoming release, Three Of A Perfect Pair 40th anniversary CD/DVD-A

CD 2:
1 : JurassiKc THRAK (edit)
  From forthcoming release, THRAK boxed set
2 : The Hell Hounds of Krim
  From 2015 12” Picture Disc.Previously unreleased on CD.
3 : VROOOM (Live in London 1995)
  From forthcoming release, THRAK boxed set
4 : Coda Marine 475 (Live in London 1995)
  From forthcoming release, THRAK boxed set
5 : ProjeKction (ProjeKct Four)
  Previously available only via mail order CD The Roar of P4
6 : Larks' Tongues In Aspic Part: IV / The ConstruKction Of Light
  Previously unreleased on CD
7 : Sus-Tayn-Z (ProjeKct Three)
  Previously unreleased on CD
8 : The Power To Believe II (demo)
  Previously unreleased on CD
9 : The Power To Believe II
  From Live in Milan CD
10 : Ex Uno Patres (Fripp, Belew, Levin, Mastelotto)
  Previously unreleased on CD
11 : The Light of Day (Jakszyk, Fripp, Collins)
  Alternate take, A Scarcity Of Miracles CD/DVD-A, Previously unreleased on CD
12 : Ba Ba Boom Boom (Harrison, Mastelotto)
  Previously unreleased on CD
13 : ATTAKcATHRAK (end edit)
  From forthcoming release, THRAK boxed set
14 : 21st Century Schizoid Man - 2014 San Francisco:
  From 2015 12” Picture Disc. Previously unreleased on CD.

『The Elements Tour Box 2014(以下”〜2014”』)もそうでしたが、こちらもやはり未発表曲てんこ盛りなファン・オタの皆様には嬉しい限りの音源集となっております。『〜2014』と同様にDisc-1と2で収録されている楽曲は大まかに前期(1st〜Sleepless)・後期(THRAK〜現在)とにまとめられた形となっています。

ただしDisc-1 M-1を聴くと、ミックスはほとんど同じ(?)と思われる「Wind (extract)」から始まる為、「ゲ、ダブりが届いちゃったか!?」となりかねない作り。それよりも先にジャケ自体も誤認しかねない程まんまと言っちゃえば、まんまですし。前作を踏襲する統一感を持たせた作りって取るのか、そこはかとない意地の悪さを感じ取るのかは、おのおのの鏡と思って良いと思います、私はまず始めに後者だと感じました(笑)。

Disc-1 M-6「A Peacemaking Stint Unrolls」は『Islands』のセッション時にすでに「Larks' Tongues In Aspic Part I(以下「LTIA 〜」)」のギターが奏でられていた事を示す貴重な音源ですし、続くM-7はLTIA Part IIを2014年のメンバー(Jakko、と思う)に演奏を指導するR.Frippの声が聞こえ、そしてM-7は時代がさかのぼって1974年のアズベリー・パークにおけるLTIA IIへ。音楽がビルドアップされていく様を過去と現在を行きつ戻りつしながら隙間から覗いているような、マニア心をくすぐる流れとなっております。

M-15「LTIA Part: III into Sleepless」やDisc-2 M-6「LTIA Part: IV / The ConstruKction Of Light」、そしてM-8〜9への流れなどetc.,etc.も楽曲達が形作られ、分解されリビルドされ…、そしてまた形作られる過程をかいま見るようで興味深い楽曲達。

Disk-2 M-10「Ex Uno Patres」はTrey Gunnが脱退しT.Levinが復帰した頃の未発表曲。ヌーヴォー・メタルの印象は全くなく、スタジオ・セッションを切り取ったかのような楽曲。魅力的では無いのですが、この時すでにヌーヴォー・メタルの次を模索していた事を伺わせる音となっております。ダブル・トリオLine-up 5や、特にヌーヴォー・メタルなLine-up 6の要はやはりT.Gunnだったんだろうなとあらためて感じました。

そういえば公式なLine-up 7はこのメンバーにGavin Harrisonが加わったものとなる為、この時期はいわゆる”Transitional 7”となるのかしら、どうなのかしら。

Disc-2 M-14「21st Century Schizoid Man」は2014年サンフランシスコでのライブが収められたもの、『〜2014』のブックレットでPeter Shinfieldの歌詞だけが記載されていましたが、ここでやっと曲を聴く事が出来た、それだけでもうグッと来ます。Jakkoのヴォーカル、M.Collinsのサックス、トリプル・ドラムという「同じではあるけれども、変化し続ける」King Crimsonによる2014年版の「21st Century Schizoid Man」を聴く事が出来ます。この曲が最後に持ってこられているせいで、2015年12月に行われる来日公演への期待は否が応にも盛り上がってましたっけ。

この曲は未発表曲ではあるけれども、そのすぐ後ぐらいに発表された『Live EP 2014 (vinyl picture disc)』と今後発表される予定のライブ・アルバム『USA II』に収められるものとの事。レコード・プレーヤーは持っていない為、『Live EP 2014 (vinyl picture disc)』の購入は見送りましたが、この手のレコードだけの発売ってのは止めて、CDでも出してくれてたらなぁ、といつも思ってしまいます。

まぁ、何はともあれ個人的には来日公演の露払いとしてこれでもかと期待を盛り上げてくれたレア音源集でしたが、あの弩級の来日公演が終わってからもKing Crimsonの過去とこれからの絡まりまくった繋がりを解きほぐせるのでは無いかとニヤニヤしながら聴く事が出来る二枚組。…いや、解きほぐせる訳は無いのですが、そんな妄想にふけるに最適なアルバム。『〜2014』と共に愛聴盤であります。



関連URL:
Shop DGM Live
 King Crimson - Live EP 2014 (vinyl picture disc)

ブログ内リンク
 King Crimson / The Elements Tour Box 2014
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。