スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

King Crimson / Prix D'Ami Buenos Aires, Argentina September 29, 1994

Prix_DAmi_Buenos_Aires_Sep.jpg


Discipline Global Mobile(DGM)が始めたダウンロード販売「DGM Live!」で初めてダウンロードしたアルバムがコレ「Prix D'Ami Buenos Aires, Argentina September 29, 1994」。

他にも色々と面白そうなアルバムがありアレもコレもと触手が伸びかけたのですが、記念すべきダウンロード1発目はこのアルバムにしました。1994年に再結成(再々々...結成?)したKing Crimsonは以前のDiscipline Crimson期のメンバーにTrey Gun、元Mr.MisterのドラマーPat Mastelottoを加えたバンド、ダブル・トリオで始動をしました。

そのメンツで行われた初のライブの二日目がこのアルバムに収められております。そして、それだけだったら、ま、普通のダブル・トリオのライブなのですが、Discipline Crimson期の大傑作曲「Discipline」が収められているのが私の心を素晴らしくゲットしたのでした。

この時期の公式ライブ盤には「B'Boom」や「VROOOM VROOOM」などもありましたが、何故か「Discipline」だけは収録されておらず、私自身もこの曲がこの時期に演奏されていた事は知りませんでした。ブートレグ盤を聴いていた人は知っていたのかな?

これが演奏されていたのを知らなかったという事もあり、この演目を見た時はもう興奮して一気にこのアルバムを初ゲット物に決めたのでありました。

さっそくダウンロードし、iTuneに収め聴き入ってみました。再結成後の初ライブ二日目と云う事で、正直さすがにこなれていない点やけつまづく所など多々あります。決めの出だしがヨレッていたり「ズ・ズンダカ」とタイミングがズレていたり。

しかし、だがしかしKing Crimson Collectors' Club(以下「KCCC」)のアルバムや一連の掘り出し物のKing Crimsonのライブ・アルバム盤の事を書く時にいつも言う事なんですが、そんな細かい事はどうでも良いんですよ、マジで。そんな細かい事はクソ食らえですよ、お上品に言うのなら「うんこ召し上がれ(by 中島らも『永遠も半ばを過ぎて』」って事なんですよ。

普通ならリアルタイムでライブを体験する以外に出来る筈も無い音楽体験を、偏執的に毎回毎回のライブを録音し続けてきたR.Fripp御大のおかげで聴く事が出来る、それだけでもう感謝、創業大感謝祭な訳です。

で、お目当ての「Discipline」を聴いてみるとこれがまた、Discipline Crimson期の4人編成で演奏されていたものに比べて、音が厚い!分厚くなったと言っても良いくらいの音圧で迫ってきます。キラキラと軽快にスパイラルを描くように上昇していくような様を見せていたDiscipline Crimson期のものと比べると、図体が大きくなり手数も増えたけれども小回りが利かなくなった鳥って感じかな。ダチョウと比べてまだ飛べるのは良い点だ(←?)。

これまた意図しないズレや引っかかり、ズッコケは確かにありますが、そんな事は小さな事に思えるくらいこの音源を引っ張り出してくれた事にDGMに大感謝!!6人でこの曲を合わせるのは難しかったのか、日本公演などでは既にセットリストから外されていたようですね。

後の既出のライブ盤などで固まっていた「Red」のアレンジも微妙に後のものとは違いますし、このアルバムを聴く度に異なる点が全編に渡り発見出来るようで楽しい限りです。

も一つの目玉はオリジナル・アルバムには納められていない曲であるDisk-1 M-13「Funky Jam」でしょう。私もてっきりKCCC「The VROOOM Sessions 1994」に収められていた「Funky Jam」がライブでやっていたなんて!!と興奮気味で聴いてみた所、たしかに「The VROOOM Sessions 1994」に収められている曲ではあるのですが微妙な違和感を感じた為、iTunesで聴き比べてみた所、今回のライブで演奏されている曲、表記は「Funky Jam」となってますが実際には「Fashionable」ではないかという疑惑。書いている方も説明するのがややこしくって面倒なのですが、読んでいる方も訳分からんかもね(苦笑)。

この曲、どちらかといえば後にコンパクトな4人編成となるダブル・デュオ期の音に近いものがあり、この時期に演奏するにはちょっと場違いだったかも?なんて云う思いも。

いや、これを記念の第一発目のダウンロードしたのはホントに正解でした。始動したての、カッチリと固まる前のまだ熟成前のKing Crimsonの姿を垣間見れるなんて、生きてて良かったですよ、ホントに。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

tag : Crimson Fripp

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。