スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Robert Wyatt & Friends / Theatre Royal Drury Lane 8th September 1974

R_Wyatt_and_Friends.jpg


不慮の事故でライブ活動から遠のいていたRobert Wyattが久々にメインを務める復活コンサートともいえる模様を収録したライブ・アルバム。

Soft Machine脱退後結成されたMatching Moleのセカンドアルバムを発表した後に友人宅のパーティーで酔って4階から転落、下半身不随となってしまったR.Wyattが久々にコンサートを執り行うというので集まったメンツがこれまた凄い。

Dave Stewart(ex.Hatfiled and The North)、Hugh Hopper(ex.Soft Machine)、Fred Frith(ex.Henry Cow)、Julie Tippets(元Julie Doriscol、Keith tippetの奥さん)にNick Mason(ex.Pink Floyd)、それでもって当時新進気鋭だったMike Oldfieldら、もう錚々たる面々がバックを固めております。

今から考えるとそーとーに凄いメンツ。これだけのメンツが集まってくれるって事からもR.Wyattの音楽に魅せられた人がミュージシャンに如何に多かったか、それ以上にR.Wyattの人望が厚かったかが分かるようです。

演奏されるのは当時発売したてだった「Rock Bottom」からの曲やHatfiled and The Northの「Calyx」、Monkeesからのカヴァー曲「I'm A Believer」などが収録されていますが、どの曲もこのメンツならば当然というくらいに格好の良い演奏であり、そしてとうのR.Wyattの声も今ほどの唄う仙人のような境地に至ってはおらず、それが若々しさを醸し出していて逆にアグレッシブさが前面に出て素敵なヴォーカルになっています。

そういや、私の中ではR.Wyattってばずっと昔っから老成した孤高の人ってイメージがあったのですがこのアルバムを聴くと「あっ、若い頃もあったんだよな」なんて当然の事を思っちゃったり。

Soft Machineからの脱退、Matching Mole結成から不慮の事故による怪我、そして復活した後の唯一無二のシンガーソングライターの道を歩む様など、このアルバムは聴けば聴くほどにグッとキます。

オタの人は当然既に愛聴しているでしょうが、2?3枚は聴いたよっていう人でもこのアルバムは聴くほどにそのR.Wyattの持つ歌の力をビンビン感じ取れる事請け合いでしょう。ファンならばマスト・バイ。こんな歴史的ライブをCDで出してくれたビデオアーツ・ミュージック(株)にも大感謝。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。