スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eno / Cale _ Wrong Way Up(再発盤)

Wrong_Way_Up.jpg


1990年に発売されたBrian EnoとJohn Caleによるコラボレーション・アルバムの再発盤、ボーナス・トラック2曲入り。

ってか、このアルバムが出てからもう16年(!!)も立つんだ!!このアルバムの情報が雑誌などで出回った時には、そりゃもう興奮しちゃって鼻血どころの騒ぎじゃなく日々ゾワゾワしていたもんです。

だってB.Eno教授が過去のロック作品4部作の事は忘れたかのようにアンビエントに突っ走っちゃって彼岸の彼方に行っちゃっているところに、ex.Velvet undergroundなJ.Caleと一緒に組んで、しかも「Before And After Science」以来13年ぶり(!!)のヴォーカル・アルバムだなんて聞いた日にゃ、そりゃ小躍りの一つもしたくなるってもんでしょう!

だって「悪魔の申し子たち(June 1st 1974)」だよ、あのKevin Ayers・Nico・B.Eno・J.Caleが中心となって開かれた伝説のライブの2人だよ、興奮するなっていう方が間違ってるよ、えぇ間違ってますとも、断言するよ、私は。

このアルバムは発売前日、つまり週刊ジャンプを土曜や日曜に買うが如く前日買いをしてワホワホ良いながら家のCDターン・テーブルに乗せました。そこから聴こえてきたのは興奮し過ぎている私をしなやかに躱すかのような、たおやかで暖かい布に包まれたような極上のポップ・ソングでした。

後のインタビューなどで聞かれるような、B.EnoとJ.Caleの確執を窺わせるような殺伐とした所は一切無く、B.Enoはその艶やかでぬめりのある光沢のあるヴォーカルを存分に聴かせ、J.Caleはヴィオラを高らかに鳴らせ、低音の響きあるヴォーカルでリスナーを魅了させます。

実際の所、J.Caleの完璧主義過ぎる所がB.Eno教授との確執の元になったらしく、後のインタビューでは「もう彼とは二度と一緒に仕事はしない(うろ覚え)」なんていってましたっけ。

しかし、そこまでお互いが角を突き合わせて作り上げたアルバムは、それらに反して暖かいビロードのような美しさに包まれた極上の一枚と化しています。発売されて16年か、未だにこのアルバムは私の大のお気に入りのアルバムとして聞き続けている一枚です。

お気に入りはシングル・カットしてもなんら不思議の無いほどに極上のポップさ加減とJ.Caleのヴィオラの音色が美し過ぎるM-4「Spining Away」、この曲にはとても思いでがあるなぁ、部屋にいようが車で運転していようが、曲中のヴィオラが聴こえてくると今流行りのエア・ギターならぬエア・ヴィオラをして悦に入っていたっけ、あぁ(とんでもなく遠い目)。

で、そんな思い出のつまったこのアルバムがボーナス・トラック入りで再発されたとあっちゃ、買わない訳に行きません。ボーナス・トラックは2曲、M-11「You Don't Miss Your Water」M-12「Palanquin」です。

M-11「You Don't Miss Your Water」はDaniel Lanoisをバックに迎えたアメリカ南部のブルーズを思わせるようなミドル・テンポのヴォーカル・ソングです。この人の声はやっぱ良いよなぁ。

M-12「Palanquin」はEno / Caleによるインストゥルメンタル。ピアノとインストゥルメンツを用いた染み入るような小作です。アルバムに入れるにはちょっと浮いちゃうかもしれないけれども、これはこれで何気に良い作品、ボーナス・トラックで正解ですね。

ボーナス・トラックがあろうと無かろうと、こんなに素晴らしい作品があまり聴かれていそうにないのがもう勿体無さ過ぎます。一聴すればそのポップさとロックな味わい、そしてクラシカルな響き、それらが何のてらいも無く混じり合っている様がもうとんでもなく素敵過ぎるこのアルバム、是非聴いて欲しい一枚です。
スポンサーサイト

テーマ : 洋楽CDレビュー - ジャンル : 音楽

comment

管理者にだけメッセージを送る

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
LastFM-Quilt

LastFM

カテゴリ
ブログ内検索
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
クリックするとドロップダウンします。

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Blog Pet

プロフィール

kazz12000

Author:kazz12000
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。